スタッフブログ

当事者意識

2021.01.14. / Posted by otake

ここ最近、職員達にこんな質問を投げかけていっている

 

 

 

・あなたがコロナウイルスに感染した場合、あなたの衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

・あなたがコロナウイルスに感染した場合、あなたと同居している人の衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

・あなたが濃厚接触者となった場合、あなたの衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

・あなたが濃厚接触者となった場合、あなたと同居している人の衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕であればどうなるのだろうか…軽症で済むならば、よく軽症者用のホテル滞在と言うが、そこに滞在する事になるんだろうか。本当にそこに入る事ができるのだろうか。そもそもそのホテルは自宅の近くなのだろうか。指定されたホテルまでどうやって行くんだろうか(公共の交通機関は使えないし)

その期間の衣類は誰が洗濯するのか。足りない物があった時にどうするのか。

その期間の食事はどうなるのか。ホテルが用意した物を食べるのか。そうなるとどれくらいの食費がかかって、どんな形で支払うのか。

もし重症化したら、スムーズに医療機関に繋げてもらう事ができるのだろうか…

 

 

 

職場はどうなるだろうか。入居者の方々が濃厚接触者となってしまった場合、入居者の方やご家族にどれだけの不安や負担を与えてしまうだろうか。

 

 

 

当然、勤務を抜ける形とはなるが、多くの職員(同僚)が濃厚接触者と特定されてしまうと、特定された職員達も勤務を抜ける形となるため、その勤務を埋める職員の負担はどれくらいになってしまうのだろうか。

 

 

 

実際は保健所の指示に従う形となるため、現時点ではわからない事の方が正直多い。それでも「もし自分が」と考える事により当事者意識が高まり、「今までとは同じ日常を送る事ができない」という事に改めて気づかされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重傷者や死者の数も増えてきている。

 

 

 

確かにコロナは怖い。

 

 

 

ただ、このおたけの郷はもちろん、僕のプライベートにおいても周囲でコロナウイルスに感染した人がいない事から、どうしても感染予防への意識が薄れてしまう時が事実ある。

無意識に吊革に掴まりそうになったり、マスクを外す時に外側に触れてしまいそうになったり、寒いからという理由で換気を怠ってしまったり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【北風と太陽】の北風のように「1日の感染者数」や「医療体制の逼迫」など、メディアから得る情報といった外からの強風だけではなく、太陽のように内側からジワジワと照らす。つまり、自分が感染したらどうなるか、という意識を持つ、イメージを抱く事により、必然的に感染予防への意識は高まっていくのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当事者意識を持ちながら、感染予防により一層力を入れ、まずは自分が感染しない!

そして、施設内においてもコロナウイルスを発生させない!という事に、これからも力を注いでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

絵馬に願いを

2021.01.08. / Posted by otake

今年は初詣にも行けず…

 

 

 

そんな中、職員さんの案で「手作りの絵馬」を作成し、入居者の皆さんに願いを書いていただく事となりました。

 

 

 

 

 

 

素敵でしょ?(笑)

 

 

 

コロナ禍だからこそ生まれた案。

 

 

 

今後は手作りでおみくじを作り一喜一憂。プロジェクターで神社を映写し初詣をやろうかなと。




少しでも新年の雰囲気を皆さんに味わっていただこうと思います。

 

 

 

今年1年、皆さんはどんな願いをされるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

ついに2度目の緊急事態宣言が発令されました。

 

おたけの郷ではまだコロナは発生していません。

 

今後も職員の感染予防への意識を高めながら、皆さんに安全に生活していただけるよう努めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

新年のご挨拶

2021.01.01. / Posted by staff

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は皆様からの多大なるご支援を頂き、職員一同心より御礼申し上げます。

本年も、ご利用者様へ更なるサービス向上に努めて参る所存でございます。また、昨年より取り組んでおります新型コロナウィルスの感染の予防に努め、皆様の安全面を最優先した施設運営をさせていただきたく存じます。ご家族の皆様におかれましては、引き続きご面会はご遠慮させていただくこととなりますが、ご理解とご協力いただけますようお願い申し上げます。

 

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

令和三年元旦

社会福祉法人エンゼル福祉会

おたけの郷

                           施設長 名原 隆

Category : 総合掲示板

回顧 ~おたけの郷より御礼申し上げます~

2020.12.31. / Posted by staff

今年1年間は、新型コロナウイルス感染の話題に始まり、この話題で終わりを迎える年となりました。ダイヤモンド・プリンセス号の感染事例から本格的に動向が注目され、緊急事態宣言の発令では、様々な面で規制が強いられた状況でありました。夏場には一旦収束を期待しましたが、今現在週間の感染者数・曜日毎の感染者数の最多更新に関する報道に危機感が増すばかりの生活になってきております。

本当に今年1年は過去に経験したことがない事態が起きており、365日24時間、気が抜けない時間を過ごしたと犇々と感じております。その分、皆様への感謝の気持ちもこれ以上のないものになっているのも事実でございます。

 

職員のみなさんに対しては、施設内の感染対策もとよりプライベートでの行動自粛の協力もさせていただきました。

 

ご家族の皆様へは、イベントの中止や早い段階から面会規制のご協力を頂いております。差し入れ等でお見えになった時には、毎回励ましのお言葉を頂き、励みになっております。

 

厨房業者やお取引をさせていただいております委託業者の皆様へは、必要最低限の作業にしていただいております。

 

地元保育園の父兄様からは、励ましの絵をいただきました。施設内の各階に掲示しております。

 

地元ボランティアの皆様からは、手作りの防護服を沢山いただきました。

 

地元企業より、マスクや消毒液を沢山寄付していただきました。

 

職員のご家族や友人の方よりもマスクを寄付していただいております。

 

荒川区・東京都からも感染対策用品の支給もたくさんありました。

 

引き続き感染対策に努め、安心して暮らせる施設運営を目指してまいります。

来年も変わらぬご指導ご鞭撻の程、お願い申し上げますとともに、皆様が和やかな新年を迎えられますようお祈り申し上げます。

2020年12月31日

                   社会福祉法人エンゼル福祉会

           おたけの郷

              施設長 名原 隆

Category : 総合掲示板

回顧 ~ 5階 ~

2020.12.30. / Posted by otake

 

もーういくつ寝るとーお正月―

来年は「今日は何人?」と確認する日々が一刻も早く終わることを願っています!

どうも、齋藤です。

 

 

~回顧~

今年は新卒者4名がおたけの郷に入職し、みんな元気に働いています。僕が新卒として就職した時は3.11の東日本大震災があった年でした。その時は1か月入職が遅れただけでしたが、今年の新卒者は本当に大変な1年だったと思います。

学生から社会人という立場に変わり、プライベートでの楽しみは減り、それでも一生懸命仕事を覚えて、日々成長している。これからもみんなの成長を応援していくからね!

 

 5階フロアでは、僕が不在中にも他職種に情報を共有し、コロナ禍でも出来る事を模索しながら、入居者の方の生活を支えてきたと思います。1に感謝、2に感謝、3.4が無くて5に感謝。感謝の思いでいっぱいです。これからも続く日々をより豊かにするために、5階、おたけの郷の風土をより良いものにして、入居者の生活をみんなで支えていきましょう。

 

 最後に、僕個人を振り返ると、例年よりも多くの職員さんと関わることができた1年でした。人生の中で人との出会いは、自分を成長させてくれます。一人ひとりの思いや考えを知ることで、時には反省したり、時にはやる気を頂いたり、凝り固まった頭をほぐしてくれたり。多くの事を学ぶことができました。これからも出会いを大切にしていきます。

 

 

因みに、プライベートで1年を振り返ると、一番うれしかったのはこれです。

約7年ぶりの再会。

 

 

 

 

 

ピンチはチャンス。さぁ、来年はどんな年になるでしょうか。楽しみですね!!

 

 

回顧 ~ 4階 ~

2020.12.29. / Posted by otake

とあるCMより。父と娘(ゆきちゃん 5歳くらい)が手をつなぎ街中を歩いている際の会話。

 

父 「今年は何もできなかったな~」  

娘 「絵本いっぱい読んだじゃない!」

父 (何かに気づいたような顔をして)「そうだな~」

娘 「ママとも、いっっっぱいおしゃべりできたし!」  

父 「だな!」

娘 (父の目の前に立ち、真っすぐに父の目を見て)「ゆきは楽しかったよ!」

父 「パパも楽しかったです!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2020年は、何と表現したら良いのか…たくさんの制限を受けてきた、これまでに経験のしたことのない1年だった。これは僕だけに限らず、全ての人に共通する事。

ただし、たくさんの制限を受けたからこそ、今までにない考えが生まれた・再認識できた1年でもあった。

 



1つは…より強い(広い?)制限のある中で何をしようか、何ができるかを常に考えるようになった事。

僕だけに限らず、現場からもこれだったら出来るんじゃないか?といった今までにない発想がどんどん生まれてきた。これは「0が1になった」と捉える事もできるわけで、ある意味成長なんじゃないかなと年末を迎えた今、思っている。

 



そしてもう1つは、「当たり前の事」の幸せさを噛みしめる(再認識する)事ができ、改めて入居者の方々に対し「当たり前の生活」を提供できるよう努めていかなければと思えたこと。

ゆきちゃんの「絵本をたくさん読めた」というひと言。コロナ禍でなければ普通に通り過ぎてしまったかもしれない出来事だが、コロナ禍だからこそ「当たり前の事が当たり前にできる事の幸せさ」「当たり前のように健康に生きている事の幸せさ」を感じ取る事ができたのだと思う。

 



コロナにより悲しい想いをされた方もたくさんいるであろう中、このようにポジティブに物事を考える事は不謹慎なのかもしれない。ただ、現実を、今を考えた時に、自分自身が悲壮感に漂う事、政府や政策を批判する事がコロナを封じ込めると=で結ばれるとは思わない。

どの瞬間にも自分自身が成長するきっかけはあると思うし、結局は自分自身がやる事(自身の感染予防策の実施や、周囲の人達への感染予防の啓もう等)に大きな変化はないのだ。



 

毎年書く事なのだが、僕は「年」や「年度」の変わり目をきっかけとして目標を立てる事があまり好きではない。変わり目をきっかけとしなくても、明日から、いや今からやればいいじゃん的な事が多いからだ。

明日からも変わらず感染対策への意識を高め、今何ができるのかを模索していこうと思います。そして、当たり前の事の幸せさを噛みしめながら、その当たり前が入居者の皆様に少しでも提供されるよう努めていきたいと思います。

 




終わりに…

 

【入居者の皆様へ】

不安な1年を過ごしていただく形となってしまい申し訳ありません。コロナが落ち着いた暁には、皆さんがしたい事ができるよう、想いが形となるよう精一杯務める(努める)事をお約束します。

 



【ご家族の皆様へ】

こちらも不安な1年となってしまい申し訳ありません。施設内において感染症が発生する事のないよう職員一同努め、入居者の皆様が安全に健康に過ごせるよう、ご家族の皆様に安心していただけるようこれからも意識してまいります。

 



【職員のみんなへ】

よく我慢しました。けれども終わりではありません。ひとり一人の努力が「終わりの始まり」となります。介護職員としてではなく、いち国民として何ができるのかを常に考え、終わりの始まりがきた時にはみんなでパーッと(表現が古いですかね)やりましょう。1年間、本当にありがとう。

 



そして、こんな僕の拙い文章を読んでくれているかわかりませんが

【医療従事者の皆様へ】

最前線で踏ん張ってくださっている皆様がいるからこそ、自分たちの命が、生活が護られていると痛感しております。

大変な中、本当にありがとうございます。感染への不安や、長時間勤務等の疲労と向き合いながら、国民の生命を護る皆様に敬意を表し、深く感謝を申し上げます。

 

 

 

 

 

※あ、CMはマックのCMです。興味のある人はYoutubeで「たいぞう マック」で検索(笑)

 

 

今年1年、本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。


フロア責任者 毛呂征也

回顧 ~ 3階 ~

2020.12.28. / Posted by staff

 

 

3階フロア責任者の橋本です。

 

 

今年は月日が経つのがあっというまで、

 


「我慢・我慢・我慢」そんな感じで

 

 


 

生活が一変することになった新型コロナウイルスの流行で

 


人との関わりが最重要である「介護」の職種は医療に次いで

 


感染対策を徹底することが求められていました。

 

 

各地の介護施設でもクラスターが発生したニュースや、クラスターにならずとも

 


数人の感染者が出ていたりと、感染の原因は様々ですが

 


この東京都の日々増える感染者数のニュースを見るたびに、いつ施設内で感染者が

 


出てしまうのか心配される方も沢山いると思います。

 

 

そんな中で、日々感染対策を取りながら入居者の方たちと向き合い本来の生活を

 


取り戻そうと、出来る力を維持できるようにと尽力している職員の皆さんは

 


改めて介護のスペシャリストだと感じました。

 

 

いかに感染を発症させないか、生活に制限がある中でどう笑顔を生もうか

 


先日のクリスマスでも、皆で盛大に楽しみたいけど密集することができないなら

 


リスマスの雰囲気だけでも感じて欲しいと、サンタの仮装をして

 


一人一人のお部屋に行ったりと

 


 

ですが、満足できないですよ

 

 



みんな我慢している

 



 

入居者達だけでなく家族も職員も

 



心から笑いたい

 

 

涙が出るくらい笑いたい

 

 

この先どうなっているか分からないけれども、今年以下にはならないでしょう

 


我慢の分だけ成長して、力は付けている。

 


 

皆さん来年が楽しみですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

私自身今年1年振り返り

 


色々な方々と関わる機会があり、成長もしたし改めて自分自身の

 


見直すべきことが明確になった。

 


だからこそこの仕事は、楽しい・悔しい・頑張ろうと思える。

 


 

「感謝」

 



今年一年私と関わって下さった皆さんに心から

 

「ありがとうございました」

 

そして

 

「来年も宜しくお願い致します。」

 

 


本当に恵まれています。

 

 

 

 

皆さん

 

コロナで大変ですが

 

明るく笑いましょう!!

 

 

回願 ~2階~

2020.12.27. / Posted by staff

早いもので令和2年ももうすぐ新しい年を迎えようとしています。


皆さん体調など変わりなくお過ごしでしょうか。2階フロア責任者の田畑です。

 

今年も一年を振り返る時期になりました。


令和2年になってすぐに、新型コロナウィルスの猛威が全世界に広がり


日本全体も新型コロナの影響でほとんどの皆さんが大変な思いをしながら


今年一年を過ごされていたと思います。

 

おたけの郷は特別養護老人ホームである為


高齢者の方々がたくさんお住まいになっていらっしゃいます。


当然、職員は万が一でもコロナウィルスに罹ってはいけないと


日々の行動もかなり神経を使いながら過ごしていたと思います。


また施設内でのコロナ対策も早くから実践し


普段の何十倍も神経を使いながら入居者支援を行ってきてくれた職員さん達には


ほんとに感謝の言葉しかありません。


今のところは感染者は一人も出ていないのですが


安心できる状況ではない為、来年も施設全体でコロナ対策をしっかり取り組んでいきます。

 

このような状況の為、入居者の皆さんは窮屈な生活を過ごされていたと思います。


ただこんな状況でも、入居者さんの笑顔を見る機会が沢山ありました。


皆さんが集まって出来るイベントは控えましたが


誕生日のお祝いや、職員企画による敬老の日のお祝いを兼ねたお刺身ご膳など


職員さんが知恵を絞ってコロナ禍でも出来ることを考えて取り組んでくれました。


先日も、クリスマス会を行い、2階の入居者さんにケーキを食べて頂いたり


プレゼントを用意してお渡しすることが出来ました。


また大掃除も少しですが入居者さんに手伝ってもらったりと


季節を感じて貰うことが出来たのかなと思っています。


来年ですが、しばらくは現状と変わらぬままコロナ禍の中で、過ごすことになると思います。


その状況の中でも、入居者さんには今年よりも


たくさんの笑顔が増えるようにおたけの郷全体で取り組んで参ります。


ブログを読んで下さっている皆様も


今年より笑顔が増える一年でありますように・・

回顧 ~ 1階 ~

2020.12.26. / Posted by staff

皆様

お久しぶりです。おたけの郷ショートステイの近藤です。

 

 

 

 

今年も残す所あと僅かになってきましたね。

 

 

 

 

今年も様々な方達に支えられながら、

 

 

 

 

こうして久しぶりにブログを書かせて頂いております。

 

 

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

昨日は、自宅で高校生の長男ともうすぐ3歳の次男の前で

 

 

 

サンタクロースをやりました。(無反応でしたが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25日の夜、おたけの郷でクリスマスの飾りつけの後片づけをしながら

 

 

 

 

今年の汚れは今年のうちに・・・ではないですが、

 

 

 

 

今年を振り返ったり、色々と頭の中を整理したりしていました。

 

 

 

 

今年を漢字一文字で表すと私は「騒」という字がすぐに頭に出て来ました。

 

 

 

 

当然、それはコロナウイルスの「騒」です。

 

 

 

 

日々、感染者は増加している状況です。

 

 

 

 

12月25日にニュースでは新たな新型コロナウイルスの異変種が心配されておりました。

 

 

 

 

幸いにも、おたけの郷では、今の所、感染者は1人も出ておりませんが、

 

 

 

 

陽性者の無症状という非常に分かりづらい症状の脅威を日々感じています。

 

 

 

 

ショートステイの今年を振り返ると、殆どの活動や取り組みが

 

 

 

 

コロナの影響で自粛となった状況です。

 

 

 

 

命には代えられないので、やむを得ない事ですが、本当に寂しい限りです。

 

 

 

 

今私たちが戦っているコロナについて

 

 

 

 

今までは、感染対策を徹底しながら自分自身を守り、家族を守り、利用者さんを守って

 

 

 

 

終息を1日でも早く来る事を願うばかりでしたが、

 

 

 

 

今は、例えて言うなら、先の道がどんどん1つずつ減り、行く道がどんどん

 

 

 

 

閉ざされて行っている様な感覚を感じます。

 

 

 

 

しかし、行く道は少なくなっても少しでも安全な道へ進める様にしています。

 

 

 

マスクを着用して、とにかく3密を避ける事!!やっぱりこれです!

 

 

 

 

 

 

私は、この状況になってから、電車通勤を基本的にしなくなりました。

 

 

 

家では家族と食卓を囲む時も短時間にし、食後は直ぐにマスクを着用したり、

 

 

 

その場から離れる様にもしています。

 

 

 

何としてもおたけの郷には持ち込みたくないと日々考えています。

 

 

 

早く、以前の様に笑いに溢れるショートステイにしたいからです。

 

 

 

 

 

以前の様に毎日、皆さんと一緒に体操をして、「これ昨日もやったけど、またやるの?」

と言われたいです。

 

 

 

以前の様に5階の展望風呂に皆さんと行って温泉気分を味わいたいです。

 

 

 

以前の様に共同生活室で豪華におやつ作りをして、「お昼の後にこれを食べたら太っちゃうよ」と言われたいです。

 

 

 

 

 

 

先が見えづらいという不安を誰しも感じていると思いますが、

 

 

 

1人1人の行動次第で必ず先が見えます!

 

 

 

 

皆で頑張りましょう!

 

 

 

 

来年は少しでもいい年を迎えられますように・・・

 

 

 

 

いや、必ずいい年が迎えられるでしょう。

 

 

 

 

来年の私の目標は、この状況下でも

 

 

 

 

感染対策を守りながら、少しでも楽しく過ごして頂く事です。

 

 

 

 

写真を随時アップして報告させて頂きたいと思います。

 

 

 

ショートステイ おたけの郷  近藤 直樹

今年も残りわずか・・・

2020.12.25. / Posted by staff

こんにちは

総務課の稲津です。

主に、請求業務を担当しております。

受付窓口として、来客対応、入居者様のご家族様のご対応もさせていただいております。

 

早いもので、今年も残りわずかですが・・・

歳のせいなのか、本当に毎日があっという間で、またバタバタの仕事納めになりそうです。

 

今年は、コロナ禍により予防対策のため、ご家族様にはご心配とご不便をお掛けしております。

面会制限の中ご家族様より「職員さんが一番大変なんだから」「おかけで安心していられるのよ」と温かいお言葉をいただいております。

ご理解とご協力をいただき感謝しております。

 

新型コロナウイルスも終息し、普通にいつも通りの年を越す事ができるものだと思っておりました。

今まで普通に出来ていたことを自粛しながらの生活。

私も今年は、新潟への帰省を控え電話で近況報告。孫に会えるのを本当に楽しみにしていたのに残念。当たり前の事が出来ない時期。

直接会って楽しい時間を過ごせる事の大切さを身に染みて感じます。

 

施設内でも消毒タイムを設け、徹底して消毒を行っております。

 

来年は、一日も早い新型コロナウイルス終息を願い、ご家族様にお会い出来る日をお待ちしております。

 

次回は、来年になりますが、総務課の大先輩の矢作さんにバトンタッチ!!お楽しみに!

Category : 総合掲示板
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 70 | 71 | 72 || Next»
当事者意識
絵馬に願いを
新年のご挨拶
回顧 ~おたけの郷より御礼申し上げます~
回顧 ~ 5階 ~
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2021年 01月  >
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
2021年01月 [3]
2020年12月 [8]
2020年11月 [4]
2020年10月 [4]
2020年09月 [3]

PAGE TOP