スタッフブログ

23 November 2012 一覧

きれいなおたけの郷

2012.11.23. / Posted by staff

 

先日のことですが…

 

準備室に一人でいて

いろいろと振り返ってみると

 

さまざまな思いが

溢れてきたので

ブログに残そうと思います 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在

訪問調査に没頭している準備室ですが

 

私が訪問をしたご家族の方から

こんなお言葉をいただきました

 

 

 

 

「おたけの郷がどんなところか

    この間フェンス越しに見に行ってきたんですけど

                      とてもきれいな施設ですね」

 

 

 

外壁のわかるブログはこちら→(http://otakenosato.jp/blog/staff.php?blogid=3&archive=2012-9-30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーム色の外壁に

よく見ると扇形の模様がついているんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来たて(外壁の話ですが…)ですから

新しくてきれいな施設ですし

外壁にもそうとうこだわって作ったと

聞いていますから

とてもうれしく思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

今日この話を思い出して感じたのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁に負けないほどの

 

“きれいな思いを持った仲間が集まっている準備室だなぁ”

 

ということです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでそんな風に思ったのかというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

『言葉』についての話なんですが

 

 

 

 

 

 

 

準備室メンバーは

 

 

たとえば…

 

おたけの郷に入居される方は

『利用者』ではなく

『入居者』という言葉をつかうよう

統一をしています

(ショートステイは『入居者』ではなく、『利用者』と呼びます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも…

 

介護経験のある人の会話の中で

認知症の人のことを

『認知』と

略してつかう人がいますが

 

『認知』ではなく

『認知症』とつかうよう

統一をしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

準備室メンバーも

最初からできていたわけではありません 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話し合いの中で

そういった誤ったつかい方をしてしまい

 

その日のうちに

真剣な議論があったからなのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ入居者と呼ぶのか…

 

おたけの郷は

ユニット型指定介護老人福祉施設ですから

 

法律にあるように

『入居者』と呼ぶことが

正しいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ認知症と略さないで使うのか…

 

認知?

認知できるってこと?

 

 

 

認知では

曖昧な表現ですし

正しい知識を持つ専門職として

略すべきところではありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこと?

って思われる方もいるかもしれませんが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえそんなことにさえ

 

真剣に議論できる

真剣に怒れる

 

そんな

仲間たちって

素敵だと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒ることって

すごい体力の使うことですし

怒ってる側も

そうとう精神的にダメージが残るものですものね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法律に基づいた言葉がつかえなくて

法律に基づいた支援ができるのでしょうか?

 

 

 

 

そういう当たり前が当たり前にできなくて

当たり前の支援ができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

生活を支援する介護の専門職が

人の生活に切っても切り離せない

言葉(一つの表現方法だと思いますが…)を

適切に使えなくて

介護の専門職って言えるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は

“すごいなぁ~”って

尊敬できる人ほど

基本がしっかりしていると

思うんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じつは…

 

私はね

少し諦めかけていたんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の介護経験の中で

言葉について

真剣に語り合える現場はほとんどなく

 

 

 

少数の同じ思いの仲間うちでしか

伝わらない思い…

 

 

 

実践の中で感じる

違和感…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな苦渋の経験ばかりだったから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おたけの郷が

私から見て

とてもきれいだと思えるのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法令をとことん遵守するからかもしれません…

 

 

 

 

 

当たり前を当たり前にしようとするからかもしれません…

 

 

 

 

 

 

入居者やご家族の立場に立って真剣に怒れるからかもしれません…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほどまでに

当たり前からかけ離れた

現状が多くあるように

私には思えてならないのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ…

 

現状の介護保険のままでは

どうしてもできないこともあると思いますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門職として

決してあきらめたり

眼を背けるのではなく

 

介護の専門職として

自分たちがレベルアップすることで

解決できることも

少なくないのも事実だと

私は考えています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりね

諦めちゃいけないんだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も過去の自分に

反省します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おたけの郷には

一緒に

一所懸命頑張って協力してくれる

仲間がいるんですもの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命になって

怒ってくれる仲間がいるんですもの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思う存分

やらせてもらえる環境は

整えてもらえているんですもの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代は変わっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ…

 

介護の専門職としての形を

一般市民の皆さんに

表現しても良いのではないでしょうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ…

 

安心して年をとれるような社会を

専門職として

提供していかなくてはならないのではないでしょうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誇りを持てる職場で

 

誇りを持てる仲間とともに

 

誇りを持てる仕事をしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年経っても

きれいなおたけの郷であるように

 

 

 

 

人として

正しいと思えることをしていきましょう

 

 

 

 

自分たちを磨き

成長し続けることにより

 

 

 

 

たとえ見た目は汚れて見えても

 

本当の意味で

 

“きれいなおたけの郷”と

 

感じていただける支援を

 

私たちは実践していきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと

 

みんなが同じ思いを共有できれば

 

できるはず!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に頑張ろっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良