スタッフブログ

16 July 2012 一覧

チーム作り

2012.07.16. / Posted by otake

6月から、毎月第1週の火曜日に、おたけの郷の開設メンバーによる 『定期打ち合わせ』 を開催しています。

 

 

参加メンバーは、

 

越谷なごみの郷の酒井施設長

 

僕(梅本)

 

管理責任者(フロアの責任者)

 

生活相談員

 

ユニットリーダー

 

管理責任者のみんなと生活相談員として働いてくれる仲間は、開設準備室がフルオープンする9月から勤務し、開設前の半年間(開設は2013年3月予定)、ガッツリ開設準備に取り組むことになるメンバー。

 

ユニットリーダーのみんなは、開設後、直接的支援のど真ん中で、自らが率いるユニットの介護職員を引っ張っていかなきゃいけない立場。

 

なので、管理責任者・生活相談員・ユニットリーダーのみんなには、今から集まってもらっているってわけです。

 

 

 

これは、2012(平成24)年6月5日に開催された 『第1回目の定期打ち合わせ』 のときの写真。

 

 

初めての顔合わせの場でもあったので、みんな緊張気味・・・・・。

 

なので、表情が硬い・・・・・。

 

場の空気も重い・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの日は、打ち合わせのあとに工事中の建物の中を見学。

 

 

 

 

みんな懸命に設計図面を思い返しながら、「ここは・・・・・共同生活室?だよね」なんて感じで見学してました。

 

 

  

男二人

 

ジッと見つめる ある場所を。

 

       左 毛呂くん   右 近藤くん

  (「求人情報」の職員インタビューに登場しているふたりです)     

 

 


 

 

2回目の定期打ち合わせが開催されたのは、2012(平成24)年7月3日。

 

 

そのときの写真がこれです。

 

 

 

 

この日は、新しいメンバーの内山麻衣さん(ユニットリーダー/左側の右端に座っています)が参加。

前回打ち合わせから1ヵ月が経って、仲間が1人増えました。

 

 

 

この定期打ち合わせを開催する目的は

 

開設準備や建設の進捗状況を報告したり、

諸々の課題などに関する意見交換や勤務するにあたっての疑問や不明点に関する質疑応答を行うことで、

おたけの郷に集う仲間たちが、

おたけの郷に出勤を開始するまでの不安や疑問などの解消を行うことにあります。

 

 

 

そして、もうひとつの目的 ― 。

 

 

人員配置の考え方や、設計や設備の工夫、購入する(選定した)備品も

運営目標を達成し、運営方針を維持していくためのものです。

 

 

僕たちの仕事はチームで行います。

だから、運営目標と運営方針が仲間の共通項になっていないと、一人ひとりバラバラな実践を行ってしまいます。

 

 

僕たちが日々の実践を考えるときの根底にあるものは、運営目標と運営方針です。

そして僕たちが迷ったり、悩んだりしたとき、立ち戻るべき場所も運営目標と運営方針です。

 

 

だからこそ、基本的な人員配置の考え方や、設計・設備、購入する備品の説明や質疑応答を通じて、

一人ひとりがおたけの郷の運営目標や運営方針を知っていく。

そして、運営目標や運営方針を仲間の共通項にしていく。

 

 

まさに、おたけの郷における「信念」を身につける場であり、チーム作りの第一歩の場。

 

 

それが、この定期打ち合わせの、もうひとつの目的なんです。

 

 

 

ちなみにこれは、第2回目の定期打ち合わせで、

おたけの郷の建物の中に取り付けられる 「ある物」 の試作品を梅本が仲間のみんなに説明しているときの写真。

(「ある物」が何なのかは、いずれ紹介します)

 

 

 

そしてこちらは、おたけの郷で購入することが決定し、基本使用することになっている車イスを試乗したり、

仕様を確認したりしている写真。

 

 

越谷なごみの郷の酒井施設長と僕(梅本)は席を外したので、みんな楽しそうにやってます。

 

 いや楽しそうにやってました。

僕は隣りの部屋にいて、みんなのワイワイガヤガヤ、笑い声ありがよ~く聞こえてきましたから(笑)

 

 

 

 

 

 

途中難いこと書きましたけど、

まぁこんな風なことも取り入れて、信念(運営目標と運営方針)を知り、みんなの共通項にしていっています。

 

 

難すぎちゃあ、飽きるし、疲れるし、それじゃあ理解も深まりませんからね。

 

 

梅本 聡

 

 

 

Category : 開設準備室