スタッフブログ

June 2020 一覧

リトルバード

2020.06.27. / Posted by otake

朝顔を見るたびに、成長のスピードに感心している。今日この頃。

 

 

 

Don’t worry about a thing

Cause every little thing gonna be alright

 

BOB MARLEYThree Little Birdsより

 

大丈夫 心配ないよ

どんな小さなことでも上手くいくから

 

最近は、夏本番も近づいているので、レゲエの神様ボブマーリーの曲をよく聞いています。どうも、齋藤です。

 

 

 

 

~ポジティブなお話~

 

新卒のKくん

 

Kくんは新卒研修から明るく、色んな話を私にしてくれました。

 

ある日、排せつ支援がうまくできないんです。齋藤さん教えて下さい。と元気がない様子。

どんな所ができないかを聞き、後日排せつ支援の様子を見に行くと…。

 

できてるじゃん。

おむつ交換に集中する余り、入居者の方への声掛けが抜けてしまう事があっても、丁寧でしっかりできている。

 

大丈夫。

後は、元気に働くことが大事だよ。K君らしく元気出して^^

そう声を掛けると、笑顔が戻りその後は元気に入居者の方とお話をしていました。

 

 

 

新卒のOさん


何か困っている事はない?と聞くと

移乗支援が難しくて…。とOさん


入職当初、部活でソフトボールをやっていたことから、理論的な指導よりも「スッと、フワッと、クルーっと」みたいな長嶋茂雄式の感覚的な指導が良いと言っていたので、そのようにコツを教えると、すぐに出来るようになる。


細身のため、一人では難しいかな。と思っていた支援もいつの間にか習得している。


本当にすごいよ。

 

 

 


みんなのすくすく成長する姿は見ていておもしろい。

いつの間にか頼もしい職員さんになるんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

これから先不安になる事もあると思う。

 

でも大丈夫。心配ないよ。どんな事でも、上手くいくから。

 

 

 

 

 

伸びしろですね!!! by本田圭佑??

 

 

 

 

 

約束①

2020.06.19. / Posted by otake

【新卒との約束】

 

 

 

今年度から18歳の子が2名、僕のフロアで介護職員として働いている。

 

 

 

高校を卒業したてのキャピキャピ(死語?笑)の18歳だ。

 

 

 

新入職員研修の時、講師としていくつかお話をさせてもらったのだが、その時に贈った言葉の一つ。

 

 

 

「仕事で悩んだ時、仕事が嫌だなと思った時こそ仕事に来よう」

 

 

 

うまくいかない事もたくさんある。そんな時に仕事を休む。そうすれば次に来た時に、うまくいかなかった事がうまくできるようになるか?そんな事はない。

 

 

 

仕事が嫌だなと思った時に休む。いわゆる「ズル休み」ってやつ。これこそ何の意味もなさない。自分にとっても周りにとっても、長期的な視野で見ると何も良い事がない。

 

 

 

社会人としての責任とは仕事をしっかりと行う、ではなく、しっかりと行う事ができるようにまずは与えられた勤務に出勤する事。これが一番の責任であると僕は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、1人の子が「ちょっとプライベートで嫌な事があって行きたくないなと思ったんですけど、来たら来たで仕事も覚えられたし良かったと思いました」なんて事を言ってくれた。

 

 

 

嬉しい言葉だ。講師として資料を作成し、使う言葉を考え発した甲斐があったなと。

 

 

 

2名とも一度も休む事なく、体調管理もしっかりと行いながら、今日も必死に仕事を覚えている。

 

 

 

さぁ、もう少しで3か月が経過。先輩から巣立ち1人での勤務が待っている。大きな不安を感じているようだが、その不安が自信に変わる瞬間でもある。

 

 

 

これからも僕との約束を忘れず、この仕事に就いた頃の気持ちを忘れず頑張っていこうね。

 

 

 

素敵な専門職となれるよう、先輩たちも全力で支える事をお約束します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

関わり方

2020.06.16. / Posted by staff

 

梅雨入りでジメジメする暑さが続いておりますが、

 

ある日の正午

 

Aさん「雨降ってるね」

 

Bさん「良い天気ね」

 

Aさん「雨降ってるって言ってるでしょ!」

 

Bさん「そう、けど良い天気ね」

 

 

Aさんの席は外の景色がしっかり見える

 

Bさんの席は窓から離れているけど、外の光は感じられる

 

たしかにその日、外は雨が降り続いていたけど、

黒い雲ではなく白い雲が多く明るい日

 

少し情報が少なかったんだろう、

目で見える範囲では外は明るかったし

 

トイレの目の前で

Aさん「トイレどこ?」

 

Bさん「多分そこかしら」

 

Aさん「あっ、目の前にあったわ(笑)」

 

トイレに行きたい思いが強く、視界に入っているが整理できず


情報がぼやけたのだろう

 

 

「あれ、家の鍵掛けた?」

多分閉まっている事が多いでしょうね

 

生活の一部であるなら自然に体が動いている

 

 

日々の生活で気付く人・気付かない人いるけど

 

どれだけ見ているか、意識しているかなんだろう

 

 

私は見ようとしている段階でまだまだですが、、、

 

 

小さなことに気づくこと、考えることって大切だなって

 

 

 

この話に出てきた2人は、日によって分かっていたり分からなかったり

 

「雨だよ」って関わるのか

 

「こっからだと晴れて見えた」って関わるのか

 

「洗濯物干したままだよー」って関わるのか

 

その反応だったり、その先を考えた関わりができれば二人とも


最後は笑うんだろうな

 

 

たまに感情をむき出したり、感動したり、悲しんだりする姿もあるけど、

 

生きている中で色々な感情があっていい

 

 

やっぱり笑っていたいし

 

何を目的に関わるのかって大切だな

 

 

 

関わる人の気持ちの余裕を作る事も大切で

 

 

急いでいる人に親切すぎると「おせっかい」になる事も

 

難しいからこそ人との関わりは楽しいんだろう

 

 

 

「介護」

 

色々な人がいて、色々な関わり方

だから難しくて発見があって感情が生まれて

やりがいがある仕事なんだろう

 

人と人との関わり

大変だけど、やっぱり面白い

 

気付いたら自分も笑っている事も多い

 

 

世界各地が感染症対策などで大変な時期だけど、

おたけの郷に関わる方々が

笑えるよう励みたいですね

 

 

 

PS

恥ずかしくも最近の笑った話

釣銭切れで両替が必要だったので

私「500円玉を100円玉に両替お願いします」

店員「はい、かしこまりました」

トレーに500円玉を出し、カバンを背負っていると

店員「お客さん、これ以上両替できません」

私「なんでです・・」と言いかけたのですが、1円玉を間違えて出していました。

店員さんも「これ以上両替できない」と

恥ずかしいけどその場は和んだ粋な店員の関わり方でした(笑)

 

 

あー恥ずかしい(笑)

ステイホーム

2020.06.03. / Posted by otake

昨日東京アラートが発動されましたね。みなさん緊急事態宣言解除後、どのようにお過ごしですか。


2階フロア責任者の田畑です。


緊急事態宣言が解除になり、気持ち的に安心した方も多いのではないでしょうか。


自分も安心した一人なんですが、昨日東京アラートが発動されて


まだ安心している場合じゃない、より感染しない為に意識を持って行動しないと・・・


と改めて思いました。まだまだステイホームを意識して過ごさないと。

 

話は変わりますが、現在おたけの郷でもなるべく密を作らないように


入居者の皆さんには出来る限り居室で過ごして頂くようにお願いしています。


外出もレクレーション的な活動も今は控えていますし


食事もお体の状態等にもよりますが、出来る限り居室で召し上がって頂くようにしています。


そんな中、食事介助中の入居者Iさんとの何気ない会話だったのですが、


田畑   Iさんご飯ですよ

Iさん 「どこか行きたいね~」

田畑   めずらしいですね、どこに行きたいですか?

Iさん 「・・・」

田畑   今一番行きたいところは?

Iさん 「あんたんち」

田畑   僕んちは無理ですよ。他に行きたいところは?

Iさん 「あんたんち」

田畑   いやいや、僕んちは無理ですって、他に行きたいところは?

Iさん 「ここが良い」

田畑   僕の家以外なら自分の部屋が一番良いんですか?

Iさん 「うん」とうなずかれる


普段は「どこか行きたいね」と仰ったりしない方だったので


ほとんど居室で過ごしていることが何かしらのストレスになって会話に出ているのかな・・と感じました。


それにしても今一番行きたいところが僕の家だとは・・


無理って言わないで「良いですよ」って言えば良かったと後から反省・・


居室で出来る限り過ごしてもらうことが


万が一のことを考えたときに一番安全なんだとは思いますが


入居者さんも居室=ステイホームは私たちと同じで、ストレスを感じているのでしょうね。


ストレスが溜まらないように居室で過ごしてもらう工夫も


僕らがしっかり考えていかないとと感じました。


外出が出来るようになったら、もう一度どこに行きたいか伺いますね。


本当に僕んちに行きたいなら外出解除お祝いにお連れするのも考えますから。