スタッフブログ

18 October 2020 一覧

介助者自身も体を痛めないために & 雑誌に載りました

2020.10.18. / Posted by staff

 

 

こんにちは、理学療法士の中村です。

今回は、真面目な話と雑誌の紹介、施設での取り組みについて

お話したいと思います。

 



おたけの郷のような特別養護老人ホームに入居するためには

原則として要介護度3以上の認定を受ける必要があります。

 


この要介護の認定を受けているということは

その方が、何らかの疾患・障がいや老化により

介護や支援が必要な状態ということです。

 

 

そして介護度3以上となれば

中等度~重度の介護を必要としています。

 



施設では、基本動作の支援として

寝返り、起き上がり、立ち上がりなど

ご自身で行えないところを介助しています。

 



しかし

ご自身で動けない状態だと

人間の身体は重いため

介助するときに力任せに動かしても上手くいきません。

 



加えて介護を受ける側は

障がいや老化により

いわゆる「健常者」とは身体の状態が違います。


 


無理な介助を続けると

介助者が腰や手首など体を痛めるだけでなく

介助を受ける側も身体を痛めてしまいます。




そうならないように理学療法士として

 介助のコツや疾患の特性を踏まえた支援のポイントを

施設の職員に伝えています。


 

 

そんな私が特集を書かせていただいた

「介護専門職の総合情報誌 おはよう21  11月号』が中央法規出版から発売中‼

https://www.chuohoki.co.jp/


 


特集テーマは、“大柄な利用者” “小柄な利用者”へのムリのない介護技術 


 

体格差がある方への介助では

相手の身体はもちろん

介助自身の身体にも負担がかかりがちです。




それを避けるためには

基本の技術を身につけるとともに

相手の持つ力を見極めながら

相手に合わせて応用していくことが必要です。

 



興味がある方は、手にとっていただけると嬉しいです。

 


 

また、介護技術だけでなく

職員の身体の不調(関節痛や肩こり、腰痛など)に対しても

自分で治せる方法もお伝えしています。




例えば施設長には

膝痛を解消するメニューを作成して

痛みが改善しています。

(施設長は何事も全力で取り組む方なので、効果が出るのも早いですね♪) 




 


最近特に思うことは


『ご利用者に適切な支援を継続していくためには

体を痛めない介助方法と共に

介助者側の体がケガをしにくい状態であることも大切』


ということです。

 




「縁があって」選んだ仕事

「縁があって」出会ったご利用者、ご家族

「縁があって」共に働く仲間

 




様々な「縁」を長く大切にできるように

理学療法士として皆さんのお役に立てればと思います。



 理学療法士 中村 和人

 

 

Category : 総合掲示板