スタッフブログ

March 2021 一覧

出会いは奇跡!!(ラスト ブログ)

2021.03.31. / Posted by staff

世界の人口は約70憶人。

今の職場で仲間と出会う確率は?

100人÷7,000,000,000人。

 

この仲間と出会う確率は、奇跡だと思います。

そして、この奇跡的に出会った仲間が本当に最高の職員であった。

 

色々とお伝えしたいことがありますが、

おたけの郷 職員さんみんなに感謝しています。

 

ホンマにありがとうございました。

 

ずっと、おたけの郷 職員のみんなの活躍と健康を祈っています。

 

令和3331

社会福祉法人エンゼル福祉会

おたけの郷

施設長 名原 隆

Category : 総合掲示板

名原施設長 ありがとうございました!

2021.03.31. / Posted by otake

平成25年~ 約7年5カ月

 

 

 

たくさんの笑顔と勇気を与えてくださった名原施設長が

 

 

 

明日から越谷なごみの郷(埼玉県越谷市)へと異動となります。

 

 

 

教えていただいた事をしっかりと胸に留め

 

 

 

今以上に素敵な施設となるよう

 

 

 

職員一同努めてまいります!

 

 

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おたけの郷

Category : 総合掲示板

(20秒で読めます)桜風呂

2021.03.30. / Posted by otake

職員さん達が考案してくれました。

 

 

 

湯舟には桜の入浴剤と、桜の花びらを散りばめ

 

 

 

洗い場にはダイソーで大量購入した桜の造花(笑)

 

 

 









綺麗ですよね。

 

 

 

入居者の方々も喜んでくださっていたようです。

 

 

 

5月はカーネーション風呂ですかね(笑)













フロア責任者 毛呂征也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通じゃない

2021.03.22. / Posted by staff

 

おたけの郷は普通じゃない

 

 

 

「〇〇食べたい」

 

「欲しい物がある」

 

「□□行きたい」

 

 

普段の生活で時間があれば直ぐに行動に起こすのが本来の生活

 

 

介護施設だから色々な縛りが・・・・

 

 

おたけの郷にはそういった概念がない

 

 

入居者・利用者から声が上がった時に

 

「無理」って即答はない

 

 

 

 

「いつにする?」

「他の人は大丈夫?」

 

それをすることを前提に話が進む

 

 

たしかに「今から」という事は本人の体調や

 

緊急時の対応などで段取りは必要だが

 

 

 

声が上がったことに対して

 

「あの話はどうするの?」

 

実現するのが前提であるから話が滞る事に対しては敏感

 

 

 

介護施設だから普通の事が普通にできない

 

 

 

 

そんな概念はぶっ壊さないといけない

 

 

おたけの郷はそんな場所

 

 

 

「活きて、生きる姿」

 

コロナ禍で社会的な制限があるけれども

 

感染対策を徹底してやれることをやる

 

 

おたけの郷の強みを最大限に!!!



フロア責任者  橋本郁弥

ノンアルコール日本酒

2021.03.14. / Posted by otake

(このブログは2分で読めます)

 

 

 

 

 

 

ノンアルコールビール

 

 

 

よく聞く単語です

 

 

 

他にも

 

 

 

ノンアルコール焼酎 ノンアルコール日本酒

 

 

 

なんて物があるの、ご存じでしたか?

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Aさん(男性)

 

 

 

入居前は毎日晩酌をしていたのですが、主治医より「アルコールは厳禁!」と言われてしまい長い期間、お酒は飲んでいなかったとの事。

 

 

 

が、ある日職員から「Aさん、たまには晩酌したいなぁとおっしゃっているんですよね~」と言われたので、探してみました。ノンアルコール日本酒!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目は完璧に日本酒ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その職員さん。Aさんに、冷酒がいいのか、熱燗が良いのか確認したうえでいざ提供。

 

 

 

Aさん。目を丸くしておいしい!と(笑)

 

 

 

コロナ禍でもできる事。きっとたくさんありますよね。

 

 

 

今度は、ノンアルコール焼酎にチャレンジしてみようかな(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

サヨナラは 悲しい言葉じゃない

2021.03.04. / Posted by otake

休みの日の事。

 

 

 

リビングに行くと、小学5年生の娘が1枚のメモを見てうなっている。どうしたのか聞くと、「6年生に送る《良い言葉》をみんなで選んだんだけど、その言葉にはどういう意味が含まれているのか、明日までに考えなければいけない」 らしい。

 

 

 

メモを見てみるとそこには

 

 

 

【サヨナラは 悲しい言葉じゃない】

 

 

 

と書かれていた。う~ん、深い(笑)

 

 

 

娘「何で?サヨナラは悲しい言葉じゃん。こんなのわからないよ」と不満顔。

 

 

 

(僕なりの)答えを教える事は簡単だが、それでは娘の成長にならないので色々と質問を投げかけてみる。

 

 

 

僕「優希(娘)達5年生はさ、寂しいよね。じゃあ6年生はどんな気持ちなんだろう?中学校に行ったらどんな楽しい事がありそう?」

 

 

 

娘「携帯を持てる!」

 

 

 

僕「笑 そうだね。あとは?」

 

 

 

娘「部活ができる。あと、新しい友達もできる」

 

 

 

僕「そうだね。じゃあ、サヨナラしても寂しいだけじゃないね。楽しい事もあるね」

 

 

 

娘「そうだね。じゃあそれを書いて発表するよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事に当てはめて考えてみる。

 

 

 

答えを教える事は大切な事。

 

 

 

けれども答えを教える事は簡単な事でもある。

 

 

 

きっと、自分で考え自分で答えを導き出した方が、より深い学びになるだろうし、導き出した答えから更にオリジナルも生まれてくるのではないだろうか。

 

 

 

人を育むって難しいですね。けれども、難しいからこそ楽しさがあるし、自分の関わりにより成長した姿を見る事ができた時は、凄く嬉しいですよね。

 

 

 

単に動く、ではなく「考える事ができる専門職」を育んでいけるよう、僕自身も成長しないとな、と5年生の娘に教わった気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

 

春ですね。春は出会いと別れの季節。

 

 

 

職員さんに聞いたのですが、サヨナラという言葉はアメリカでは素敵な言葉、と言われているようです。

 

 

 

新たな出会いがあり、新たな「サヨナラ=旅立ち」の季節ですね。

 

 

 

コロナに負けず、コロナを正しく恐れ、春を満喫しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也