スタッフブログ

November 2021 一覧

ドレスコードはヒゲと雪駄?

2021.11.30. / Posted by staff

 




おたけの郷の造りは各ユニットに玄関があり、


玄関から館内に至っては「路地」というコンセプトとなっています。


 

入居者さんは


玄関で靴へ履き替えて館内または外へ「出掛ける」。


また、玄関で室内履きへ替えてユニット内へ「帰宅」。

 


館内にいても履き替える動作、


出掛ける・帰る意識など自然と「動き」を生み出して、


力を取り戻せる造りになっています。

 


さて、


ようやく最近では入職をご希望の方に対して


面接後に施設内の見学が少しずつ出来るようになってきました。


※見学の判断は緊急事態宣言や日本の感染症蔓延状況、


 館内の状況等により中止する事もあります。

 



「ピンポーン」という音と共に、


施設長と見学の方がユニットに入ってきました。

 

 


ユニットには


玄関出入り口にあるセンサーがあり、


ユニット全体にピンポーンという音が響きます。

 



この音は


入居者の方が出掛けたい時に


ユニットから出かけた・ユニットへ帰った事に


職員が気付くための仕組みです。

 



 

 

「はーい」、と返事をして玄関へ。

 

 


「こんにちは」、と見学の方へ挨拶をします。


入居者さんではなかったので踵を返して再びユニットに戻ると…

 


 

 

後ろの方で、

 

 


「下駄?」


 

 

という見学の方の声。

 


 

どうやら私の雪駄が目に留まったようです。


見学の方は雪駄をご存じなかったのか「下駄?」と


思わず声が漏れていましたが…



 

 

私はユニット内では雪駄で支援をしています。


実は滑り止めもしっかりとあり、はだしで履くことが出来て、


いつでも臨機応変に入浴支援にも携われます。

 


入居者さんからは


「粋ねー」


「私も小さい頃は履いたわー」


「雪駄、お父さんが履いてたの大好き」


「かっこいいね」と高評価。

 

 


ご家族からは


「寒くないの?若いわねー」


「久しぶりに見たわ、良いわね」っと声をかけて頂きます。

 


 

しかし、馴染みのない私の子供たちに職場での履物を伝えると


「それで仕事してるの?」と驚きの声。

 


 





記録よりも記憶。


なんて言葉を聞いたことがありますが、

 


金メダルよりファインプレー。




「靴」よりも「雪駄」…




価値観は人それぞれだと思いますが、


私は思い出が蘇ることも1つの支援だと捉えています。




そして、「ひと」に覚えてもらうことも立派な仕事だと考えています。




 

知っている物・見たことのある存在の中で


良かったという印象をもったものは


「思い出」だけでなく「安心」に繋がるとも考えています。

 





現場では、


日々様々な形で「安心」という土台づくりを意識して実践しています。

 










さて、5階には


ヒゲを伸ばして雪駄を履く私の他にも…


スキンヘッドの長身、


ピンク色の髪をなびかせる紙芝居師など、


狙ってもないのに個性豊かなフロアです。


もちろん、ドレスコードはありません(笑)。

 





介護の業界では、色々な接遇があると思いますが…


私はこれからも入居者さんが自然と安心した環境の中で存分に力を発揮でき、


豊かな暮らしを実現できるような「介護サービス」を探求したいと思います。

 




そのためには、


髪を染めたり、坊主頭にしたり、鯉口を着たり、白衣を着たり、太鼓をたたいたり、


餅をついたり、カツラをかぶったりと(髪 関係がなぜか多くなってしまいましたが…)、


チームで考えながら入居者さんの支援に必要であればチャレンジしていきたいです。

 




しばらくは


雪駄すがたを楽しんで頂こうと思います。











 

私が80代になる頃は、


エアマックスやポンプフューリーを


あえて履く介護職員さんもいるかもしれません。

 


そんな未来に期待して。

 



5階 フロア責任者 


羽深 満

人間が想像できることは、人間が必ず実現できる

2021.11.29. / Posted by staff


 

手だけで

ブレーキ・アクセル操作が出来る車

 




 

 



 

足を乗せたまま立っても


転びにくい車椅子


 


 

 

 

背もたれの角度が傾けられる


入浴用の椅子

 

 

 


これなら年を重ねても


ウエイトレスができるかも?



 

 

 

刺激があふれる場所、


国際福祉機器展。

 


新生児から高齢者まで。


いつかの誰かのため。


目の前の方が豊かな人生を送れるように。

 



飛行機で空を飛べるようになった私たちは


かないっこないことなんてないのかもしれません。

 



できっこないなんて考えず、


あったら良いなを想像してみたいと感じました。

 



そしていつか、


刺激を受ける側から提供する側へ。


まずは身近な想いを形に出来るよう精進いたします。


 

5階フロア責任者 羽深満



PS.


タイトルは、ジュール・ヴェルヌさんの名言でした。

いくつになってもハッピーバースデイ!

2021.11.28. / Posted by staff

 

 

 

男性職員2人で


ハッピーバースデイを歌うと


涙がポロリ。

 





 

「ありがとう」とAさん。


 

(ふだんは細かく刻んだおかずを召し上がっていますが)


ご本人の要望と担当職員の熱意により、


この日は万全の体制を整えてチョコレートケーキを提供。


※私も食支援委員として「噛む・飲み込む」機能の確認のため2階へ出張。

 


かたいチョコ部分は取り除きましたが、


ほとんどペロリ。


 

「もうお腹いっぱい。幸せだ」との事で、少し残して終了。

 

 


にぎやかだったのかBさん


「何かあったんですか?」と居室入り口へ

 



Aさんのお誕生日であることをお伝えすると

 


「それはおめでたい。おめでとうございます!」と


大きな声でお祝いの言葉

 


 

Aさんも


「ありがとう」と大きな声で返答

 


 

 






とっても素敵なお誕生日に立ち会えました。

 


担当職員の浅古君、


Aさんのために頑張った甲斐があったね。

 



Aさん


おめでとうございます!また1年間 素敵な年となりますように。

 


Bさん


ありがとうございました!


今度はみんなでBさんのお祝いをしましょうね!

 


 

5階フロア責任者

羽深 満

沢山の「もの」をいただいています。

2021.11.27. / Posted by otake

居宅介護支援事業所の介護支援専門員の田尻です。

 

「ケアマネの仕事って大変じゃない?」と聞かれることがあります。そんなイメージが

あるんですかね?この仕事をはじめてもうすぐ3年目となる、まだまだ未熟な私のお仕事の話をさせていいただこうと思います。

 

毎月1回、ご利用者様宅にモニタリング訪問をさせていただきます。

「毎月、家に人が来るなんて嫌だわ」と正直、思われている方もいらっしゃるかもしれませんがモニタリングは必要な業務の一つなのです。

 

先月、モニタリング訪問した際「睡眠薬を止めたいと思っているんです。人から飲み続けたら良くないと言われたんですけど飲まないと不安なんです・・・」とAさん。

「飲まずに寝れるならその方が良いですね。でも寝れないのは困りますねでは、止めるにはどういしたら良いでしょうね」と私。

A子さんと相談し「毎日、飲まずデイサービスへ行く前の日だけ飲んでデイサービスへ行った日は疲れて眠れるかもしれないので試してみませんか」とご提案をさせていただきました。

 

今月の訪問時、「先月の訪問された日から、睡眠薬を止めれたんです。数日はつらかったけど今は良く眠れています。早くこの話をしたくて来るのをお待ちしていました」と笑顔でお話ししてくださいました。

 

体重が減らなくてね・・と食事ノートをつけ報告してくださる方、血圧ノート・デイサービスの活動報告を見せ「こんな事をしてきましたよ」と報告をしてくださる方、入院先から電話をしてくれて様子をお話ししてくださる方。人生の先輩であるご利用者様から沢山の「もの(学び刺激など)」を頂ける仕事なんだなと実感しています。

 

荒川区ではケアマネジャーが減少しているそうです。私の話しからは、良さややりがいが伝わりづらかったかもしれませんんが、一人でもこの仕事に興味をもっていただけたら幸いです。

Category : 総合掲示板

国際福祉機器展

2021.11.25. / Posted by otake

先日、専門学校在学以来(約10年ぶり)の国際福祉機器展へ行ってきました。

 

 

 

学生時代は、実際に車いすに乗る体験をしても入居者・利用者の方を想像できていませんでしたが、約10年間介護の仕事に携わってきて考えるのは、

「安全で安心して使ってもらえるか、操作性や修繕が必要になりそうな箇所はどうか。金額はどれくらいか。金額に対しての効果はどうか。」でした。

 

次回行くときに、違った視点を持っていけるように日々精進してまいります。

 

 

さて、

2021年の国際福祉機器展ですが、車いすや歩行器、杖などの福祉用具以外にAIを利用したサービスも多く出展されていて、時代の変化を感じることができました。

 

 

 





そんな中でも個人的に気になっていたのが、テーブルと腰痛防止の為のサポート器具。

 

 

 


AIを利用したサービスほどテクノロジーの進化を感じることはありませんでしたが、個々に応じて高さが変えられるテーブルも進化していて、魅力的なものが数多く展開されていました。

また、腰痛予防の為のサポート器具は、中腰姿勢を補助するもので、特に夜勤者の排泄支援時に活用すれば腰の負担軽減に繋がる優れモノでした。

 

 

 

これから先の福祉用具の進化・発展が楽しみです。

 

 

 

 

今回は、国際福祉機器展に行ったことにより自分自身の視点の変化に気づくことができたいい一日でした。

現在おたけの郷で使用している福祉用具も数多くあるので、必要に応じてしっかり活用していきたいと思います。

 

 

有難うございました!!

 

 

 

 

 

若さの秘訣??

2021.11.23. / Posted by staff

皆さんこんにちは。

 

 

4階フロア責任者の近藤です。

 

 

先日、4階でお誕生日会を行いました。

 

 

僕はケーキ担当!

 

 

町屋駅近くのケーキ屋さんへ出発。

 

 

外は晴天なり。

無事にケーキをゲット!

 

 

 

4階フロアでは着々と準備が進められ、装飾もばっちり。

えっ? 祝101歳

 

 

 

ケーキもデコレーションされ、いい雰囲気です。

 

 

 

 

お誕生日開始。

プレゼントをされ、満面の笑顔!素敵です。

 

 

 

なんとこの日は娘様もお祝いに駆けつけて下さいました。

綺麗なバラの花束と素敵なお洋服のプレゼント♪♪

 

 

 

 

本当にお世辞抜きにして、お若いんです。

 

 

元気に食事され

 

 

元気に歩かれ

 

 

自分をしっかり持っていて・・・頑固(笑)

 

 

頭が上がりません。

 

 

 

 

 

 

 

誕生日会の時にご本人にお話を伺いました。

 

 

私「お誕生日、おめでとうございます!」

 

かねさん「ありがとう。また歳をとっちゃったよ」

 

私「本当にお若いですよね!」

 

かねさん「何を言っているの。どんどん歳をとっちゃって、もうすぐ90歳になっちゃうよ」

 

私「!!!!!」

 

 

 

 

 

かねさんは101歳のお誕生日を迎えましたが、

ご本人は80歳の後半と思っていました。

 

 

 

 

 

そう言えば、昔、スポーツジムのインストラクターさんにも

 

言われた事がありました。

 

老いは自分で決める事。

 

いつまでも元気でいる秘訣は自分は、まだまだと思い続ける事だと。

 

 

 

 

 

尊敬するプロレスラーも言っていました。

 

 

人は歩みを止めた時、そして挑戦を諦めた時に老いてゆくのだと思いますと。

 

 

 

 

 

かねさん

これは若さの秘訣と言ってもいいのではないですか?

だって気持ちは10歳以上若いですよ!

 

 

これからも長生きして下さいね!

施設長ブログ 【解禁!】

2021.11.16. / Posted by otake

緊急事態宣言も明け、感染者数も減少傾向にある事から、法人として「近隣への買い物は可!」とのお達しが出たので、早速入居者の方をお連れし近隣のコンビニに行ってきました。(僕ではないですよ。現場の職員さんが、です)

 

 

 

自分で商品を選びカゴへ。自分の財布からお金を出し支払う。

 

 

 

そして持ち帰って食べる(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちにも少しずつ日常が戻ってきました。

 

 

 

入居者の方々にも「日常を取り戻す」ために、しっかりと感染対策を行いながら日々関わっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛呂征也

Category : 総合掲示板

施設長ブログ 【京子の家】

2021.11.04. / Posted by otake


お昼前、おたけ茶屋に行くとこんな看板が掲げられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルには、ビールやらオードブルやらが並べられド派手なご様子(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急事態宣言も明け、少しずつ入居者の皆さんの生活や職員の動きにも変化が生まれてきています。

 

 

 

宣言中は館内の移動も制限させていただいておりましたが、現在は自由に動けるようになりました。

 

 

 

近隣のみとなってしまいますが、買い物にも行けるようになりました。

 

 

 

入居者の皆さんが少しずつ街を闊歩できるようになってきています。

 

 

 

今回の企画においても、入居者の皆さんは顔を赤らげとても喜んでくださっていました。

 

 

 

今後、感染者数の数などがどうなっていくかはわかりませんが、今だから出来る事、大切にしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【追記】

 

 

 

 

京子さん。ビール持ってます(笑)

 

 

 

こちらは・・・?ノリと勢いでウーロン茶をラッパ飲みしている(フリをしている)職員さん(笑)

 

 

 

他にもこの企画に携わってくれた職員さんがいらっしゃいます。

 

 

 

どの職員さんも「この機会を逃さず動く」

 

 

 

素敵な職員さん達です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛呂征也

日本人はお風呂が好き

2021.11.02. / Posted by otake

居宅介護支援事業所おたけの郷で介護支援専門員として勤務しております遠藤です。

 

私、以前は訪問入浴介護に従事しておりました。

 

訪問入浴介護は利用するかたの自宅に浴槽を持って訪問し、お湯をためて入浴の介助をおこなうサービスです。

 

利用する皆さん本当に喜んでくださり、とても感謝してもらえるサービスでした。

 

その時よく感じていたことは「日本人は本当にお風呂が好きだな」と言うことです。

 

なかには断固入浴拒否をされるかたもいらっしゃいましたが・・・。

 

私も無類のお風呂好きで年齢を重ねて入浴に介助が必要になってしまっても、毎日お風呂に入りたいのです。

 

自分に介助が必要になる30年40年後には介護ロボットが望みを叶えてくれているかもしれませんが、今はやっぱり人の手が必要です。

 

入浴介助に関わらず介助が必要になってしまったかたへの日常の介助は、きっと感謝をしてもらえていると思います。

 

あまり望みすぎてはいけないと思いますが、介護のお仕事は人に感謝していただける職業だと思い毎日従事しております。

Category : 総合掲示板