スタッフブログ

03 June 2021 一覧

「 その名は笹巻。。。 端午の節句2 」

2021.06.03. / Posted by staff

5階の職員さん…

 

 




北は山形県、南は長崎県。


 

日本の各地から巡り巡って、



今は荒川の町屋で一緒に仕事をしています。

 





一期一会ですね。

 



 

さて、


みなさんは「笹巻」をご存じですか?

 


 



山形県は、


端午の節句のお祝いで「笹巻」を召し上がるようです。

 



 

5階に行くと、



「食べます?」と山形出身の職員Aさん。











 

笹を開けると、黄金色のお米が出てきました。

 

 

 

 



 

「どうやって食べるんですか?」と聞くと、

 



「黒蜜 とか きなこ と和えて食べるんですよー」と

 



教えてくれました。

 

 





 

私が「へぇー」と驚いて説明を聞いている間に、

 



職員Bさん。

 

 





 

手際よく「黒蜜」と「きなこ」をラップで分けて包んで、

 



1セットにしてくれました。

 

 




 

 

 

みんな優しいなぁ。

 

 












 

昼休み…



 

まずは黒蜜から。

 

 




 

もちっとした食感で歯ごたえがあり、

 



黒蜜の甘さがとても合います。

 

 



 

「おいしい、ありがとう」と職員Aさんにお礼を伝えました。

 

 



 

きなこも一緒に和えて食べました。

 



これまたおいしい。

 

 

 

 



 

人との出会いで日本の季節や地域の文化を味わえたひと時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

おたけの郷では四季に合わせて「○○御膳」という献立があります。

 

 



 

ご当地の献立がお重に入って登場します。

 

 



 

いつもとても豪華でおいしそうです。

 

 

 

 



 

また、「食にまつわる委員会」という委託業者との会議も毎月あります。

 

 



 

職員だけでなく、もちろん入居者さんも出身地は様々。

 

 



 

「食事」を通じて懐かしい思い出や知らなかった日本の文化を

 

 



 

味わい楽しんでいただけるように、

 

 



 

会議で張り切って有意義な意見交換と実践を進めていきたいと思います。

 

 








 

以上。


 

端午の節句にまつわる2つ目のエピソードでした。

 

 



 

「笹巻」だけでも覚えて頂ければ幸いです。

 

 



 

それではまた。

 

 



 

 

 

5階フロア責任者


 

羽深 満


Category : 総合掲示板