スタッフブログ

November 2022 一覧

3年ぶりの開催! 尾竹橋町会合同防災訓練

2022.11.23. / Posted by staff

皆さん

こんにちは!

おたけの郷 フロア責任者 兼 防火管理者 近藤です。

 

 

 

 

コロナの影響で尾竹橋町会合同避難訓練がここ2年中止となっておりました。

 

 

 

 

 

この度、3年ぶりに開催致しました!

 

 

 

 

 

ご関係者の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

久しぶりに地域の皆様、尾久消防署の皆様との訓練だった為、

 

 

 

 

 

ちょっと緊張しましたが、事前に尾久消防署の方から

 

 

 

 

 

とにかく「元気に!」との事でしたので、元気に頑張りました!

 

指揮者は毛呂施設長。「火元の確認をせよ!」  「了解」

「通報班は通報せよ!」  「了解」

 

 

 訓練の一番重要とされている事・・・「初期消火」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

消火班に横で避難誘導班が移動中。

 

 

車椅子の坂道移動はゆっくりゆっくり後ろからです。

 

 

初めて車椅子に乗られた方もいました。

 

 

尾竹橋町会の皆様が車椅子体験で避難しています。

 

 

沢山の方が見守って下さいました。

 

 

 

5階で逃げ遅れが1名という訓練。

はしご車体験は斎藤責任者。

 

※実際の火災ではありません。訓練です。

ポンプ車などによる一斉放水!

 

 最後に総評。

 

 

 

地域と防災協定を結んでいる施設はまだまだ少ないとの事。。。

防災協定とは、災害の際に地域で力を合わせて助け合い、

入居者様や地域住民の皆様の命を守る事です。

今回のブログによって少しでも

防災協定とは何か?

高齢者施設における災害時の対応など

興味を持って頂けたら幸いです。

 

 

 

 

 

毛呂施設長

地域住民の皆様への言葉を引用させて頂きます。

 

 

「おたけの郷は160名の入居者が暮らしております。

職員は約110名在籍。シフト制の勤務のため実際に勤務している職員は半数程度、夜間はもっと少ない人数での勤務となります。

災害の際には私達だけではどうする事も出来ません。

本当に地域の皆様のご協力が必要になってきます。

 

今はコロナ禍の為、なかなか入居者様と一緒に地域に出て行く事が

難しい状況ですが、コロナが落ち着いた際には

どんどん地域に出て行き、少しでも地域の皆様に還元出来ればと思います。

 

今後ともおたけの郷の運営にご協力を賜ります様よろしくお願い致します。」

 

 

 

また、町会長様と終わったとお話を致しました。

また、来年やりましょう!

絶対に必要ですね!と。

 

 

 

 

フロア責任者   近藤 直樹

 

 

【施設長ブログ】 ミルクティー

2022.11.22. / Posted by otake

「ピロピロピロ」

 

 

 

僕のPHSが鳴り画面を見ると「101」からの内線。

 

 

 

この番号は理学療法士なので「はいはい」と出ると、電話の向こう側では大きな声で「毛呂さん!」と大きな女性の声。入居者のAさんだ。

 

 

 

「毛呂さん!うまいもの食わせてよ!お腹減って死んじゃうよ!」

 

 

 

どうやら現場にいた理学療法士が自分のPHSをAさんに渡し「毛呂さんに電話しなよ」と言ったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさんは嚥下機能(飲み込みの機能)に問題があるため、いわゆる「常食」を召し上がる事ができず、とても細かく刻んだお食事を召し上がっており、それを日頃からストレスに感じている。

 

 

 

そんな状況を踏まえ、僕がAさんが暮らされているフロアの責任者だった頃は、よくAさんと介護職員さんと一緒にAさんが食べる事ができるようなプリンやゼリーなどを買いに行っていたのだが、その頃の事をまだ覚えており、且つ僕の事を「うまい物を食わせてくれる金持ってる奴」と認識しているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内線をもらった時間帯的にも、これから買い物に行くわけにもいかなかったため、甘い物が好きなAさんのためにミルクティーを購入し持っていったのだが、「なんだこれ。もっと美味い物ないの(笑)」と。

 

 

 

「時間も時間だし、今度また美味しい物買いに行こうね(笑)」に

 

 

 

「仕方ないね(笑)」とAさん(笑)

 

 

(ちょっと顔が隠れてしまっていますが…)

 

 

 

今度時間を見つけて、一緒に美味しい物でも買いに行きましょうね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛呂征也

月夜に提灯

2022.11.18. / Posted by otake

先日の天体ショーはご覧になりましたか?

 

とても見応えがあり、感動しましたね。

 

 

2階の入居者の方も「今日、皆既月食あるんだって。見に行こうよ。」と声をかけてくださり、屋上テラスへ月を行くことに。

 

 

夜になり、自前の望遠鏡を持ち、テラスへ移動。

 

 

綺麗に輝いた月が欠けているのを見て、「すごいな~」とひとこと。

 

 

感動されている様子でした。

 

 

また、他の入居者の方は、「おっ寒いな。」と上着を取りに行き、

 

暖かそうなダウンジャケットを着て戻られたのですが、なんと片手に小豆バー(アイス)を持ってきました。(笑)

 

「寒いなっ。」と言いながらも月を眺めて、楽しまれていた様子でした。

 

確かに寒い日でもアイスを食べたくなる気持ちはわかりますが、この時期に外でアイスはさすがに寒かったようです。

 

 

 

翌日のこと

毎朝、時事ネタを職員さんへ教えてくださるのが日課となっているのですが、その日は「皆既月食すごかったよ。あれ、442年ぶりなんだよな。」と話をしていました。

 

 

次に皆既月食が見られるのは、2025年9月8日だそうです。

 

 

また見に行きましょうね。

 

 

それでは

 

 

コロナが先か、私が先か

2022.11.15. / Posted by otake

居宅のケアマネジャーをはじめ、今年で16年目。

 

たくさんの利用者様やご家族とお会いすることができ、「こんな風に歳を重ねられればいいなぁ。」「素敵な家族に囲まれて幸せだなあ。」など日々勉強させて頂いています。

 

今回のテーマは…。

素敵な利用者様の中の1人、Aさん。

とにかく頑張り屋さんのAさんは…

御歳98歳!

 

おひとりでの在宅での生活を継続中です。

よく働き、長年ご主人の介護をされ過ごされてきました。

よく動かした足は家の中はなんとか歩けるものの、外歩きや長い時間歩くことは大変になってきています。

よく動かした手指は痛みや痺れもあり、テレビのリモコンをつかんだり、包丁を握ることも大変になってきてしまいました。

それでも、できることは工夫しながら自分で行い、なるべく人に頼らないようにと過ごされています。

 

そんなAさんが先日、入院することになってしまいました。

人生で2回目です。

さすがのAさんも今回ばかりは気弱になっていたようでご家族にも「○○にはよくやってもらったから多めに分けてやって。」などと入院中に話されていたようで、年齢を考えても少し厳しくなってきたかなあと考えていたのも束の間、僅か1ヶ月ほどで、以前よりも元気になり自宅に戻ってこられました。

美味しいごはんを食べるため、自分で煮炊きも行い、身の回りのことも大変ではありますが何とかこなされています。

 

 

ここ数日でコロナの陽性者が急激に増え、第8波を迎えようとしています。

高齢者の方々にとってコロナの拡大による外出自粛は体力や筋力低下、意欲の低下に大きく影響します。

また、入院しても家族との面会ができないといった今までにない状況が生じています。

まずは一人ひとりが意識を持ち感染対策を行い拡大を抑えることが重要です。

 

先日退院したAさんの言葉。

「またコロナが流行ってきたみたいね。コロナが先か、わたしが先か。」

 

Aさんの力強い言葉からは、わたしが先とは思えませんけどね。

 

 

 

 

居宅ケアマネジャー 林 稔梨

 

Category : 総合掲示板