スタッフブログ

今この瞬間のご報告

2012.10.30. / Posted by staff

10月30日(火) ただいまの時刻は21:45

 

 

準備室にはこれだけのメンバーが残り

 

 

 

 

 

 

 

明日の準備をしたり

 

今日行った訪問調査の話をしたり

 

一人無言でパソコンと向き合っていたり

 

ミカンを食べていたり…

 

 

 

 

 

 

 

これくらいの時間は

 

正直まだ「早いくらい」で

 

いつもはもっと遅くまで

 

それぞれの仕事を終わらせるために

 

セカセカと働いてます

 

 

 

 

 

 

 

正直に言うと

 

時間を費やせば

(要するに遅くまで残っていれば)

 

 

必ずしも仕事がチャカチャカと片付いていくという訳でもなく

(もちろんチャカチャカ片付いていく物もありますよ)

 

 

 

 

 

けれども

 

同じ時間を同じ部屋で過ごす事により

 

深まっていく絆

 

なんてものもある訳で

 

 

 

 

 

 

それを目的として

 

この部屋にいる訳ではないのですが

 

たった2カ月ではあるけれども

 

そんな時間を共にしてきたからこそ

 

自然と共通の話題も増え

 

自然と笑顔も増えてきています

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ10月も終わりに近づき

 

11月は多忙…いえ

 

極忙になってくるわけですが

 

 

 

 

 

この同じ時間を共に過ごしたという事実が

 

明日も頑張ろうという気持ちを

 

抱かせてくれると信じています

 

 

 

 

 

さて

 

もうひと踏ん張り

 

 

 

 

毛呂 征也

おたけの郷 第1号!!

2012.10.29. / Posted by staff

さて、何の第1号かと

 

 

結果からいいますと…

 

 

 

 

やっとこさ産まれました

 

 

 

 

 

笹木の第1子でございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23日の深夜3時半に奥さんから電話があり

 

 

 

すぐに長野に向かい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれたのは24日の2時半ジャスト!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つくづく男の無力さを痛感しましたよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男に出来ることといえば…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しむ奥さんの背中をさすること…

 

 

 

 

あとは

 

 

 

 

赤ちゃんが産まれやすいように一緒に付き添って歩くこと…

 

 

 

 

 

奥さんの好きそうな飲み物を買いに行く程度…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張っている人を前に

 

 

 

 

 

 

「頑張れ」とは言えないですよね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助産師さんは

 

 

 

 

 

バイタルを測りに来るほか

 

 

 

 

 

ナースコールを呼びもしないのに

 

 

 

 

 

 

こまめに足を運んでくださり

 

 

 

 

 

 

必ず一言二言の的確な助言と励ましをくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

困っている私や

 

 

 

 

 

 

奥さんの不安や辛さを

 

 

 

 

 

 

専門職だからこそわかり

 

 

 

 

 

支えてくださっていたんだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助産師さんの

 

 

 

姿…

 

 

 

 

表情…

 

 

 

 

 

言葉…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一つひとつに

 

 

 

 

私たちはどれほど支えられたことか…

 

 

 

 

どれほどの安心が得られたことか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前ですけど…

 

 

 

赤ちゃんは話しません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんの精一杯のコミュニケーションは泣くこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その泣くタイミング…

 

 

 

 

泣く前後の状況…

 

 

 

 

泣き方…

 

 

 

 

等々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議なことに

 

 

 

 

親はなぜ泣くのかがわかるようになってくるんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ親は子どものことを

 

 

 

 

 

見守っているのでしょうね…

 

 

 

 

 

なんで泣くのだろうと考えているのでしょうね…

 

 

 

 

 

 

一所懸命感じようと努めているのでしょうね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけの努力を継続して行うからこそ

 

 

 

 

 

親には子どもを育てる責任感が

 

 

 

 

 

 

自然と身につくのだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥さんや私の両親のように…

 

 

 

 

今回出会った助産師さんのように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が安心して頼れる人に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もなりたいと思います!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日しか経ってないけど…

 

 

 

 

 

もう会いたいよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隆太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが…

 

この度

忙しい最中にも関わらず

温かいお心遣いをしてくださった職場の皆様

 

 

面会に来てくれた仲間たち

 

 

家族に心から感謝しています

 

 

必ずこの恩はお返しします!

 

 

 

 

おたけの郷に福が来ますように!

まねき隆太郎

 

 

 

 

 

そして奥さん

 

ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 


 

 

余談ですが…

 

 

 

私の知り合いには

赤ちゃんだけじゃなく 

金魚と会話ができる人がいたっけ(笑)

 

一所懸命になればなんでもできる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月のある日 その3

2012.10.27. / Posted by staff

10月の第4日曜日は

 

『もめんの日』なんですって

 

愛知県の三河地域が799年(延暦18年)に 日本で初めて 木綿の種をもちこまれた地域なんですって

 

それで三河地方の西尾市にある棉祖神 天竹神社の例祭の日を

 

『もめんの日』の記念日としたんですって

 

 

10月のある日

 

 その日は曇り空で なんとなく憂鬱な朝でした

 

尾竹橋の上から眺める隅田川も なんとなく元気がありません

 

 

 

でも

 

 

毎日 通勤で通る 交番はいつもと変わらず ・・・

 

お巡りさんも頑張っていました

 

この角の道をまっすぐ行くと  わが職場  「おたけの郷」 が待っているのです

 

天気はドンヨリでも  そう思うと 元気がわいてきました・・(*^_^*)

 

 

『おたけの郷」につきました

 

建設のみなさんも  すでに仕事を開始して頑張っています

 

私も頑張らなくては・・

 

 

その日は 訪問調査にいきました

 

途中

 

都電が走っていました

 

荒川区町屋に勤務してもうすぐ 2か月

 

町屋の街を少しずつ感じながら  ・・・・・   今日も頑張ります (^O^)

 

 

 

きちかわ ひでこ

 

 

 

Category : 総合掲示板

5mmへのこだわり

2012.10.26. / Posted by staff

ユニット内の共同生活室は

 

狭いようで広いようで実は狭い

 

 

 

 

この中に冷蔵庫や食器棚などの家具を置かなければいけないのはもちろんだけど

 

入居者(利用者)の方々が利用するテーブルやイスをどのように配置するのか

 

そんなシュミレーションを行いました

 

 

 

 

 

(本日掲載する写真は、全て2012(平成24)年9月27日に撮影されたものです)

 

 

 

 

 

どんな配置にしようか…

 

 

 

 

縦?

 

 

 

それとも横?

 

 

 

 

単に見た目や確保できる広さだけではなく

 

入居者(利用者)の方々がどのように動くのだろうか?

 

というような事を想定した結果

 

結局はこのような配置となりました

 

 

 

 

 

また

 

テーブルと当然セットとなってくるイスに関しても

 

「ちょっと今のままだと座った時に後ろに身体が反ってしまうね」

 

ってことで

 

後ろ側の足をもう1㎝上げてみようか

 

 

 

実際に1㎝の板を後ろ側の足に置いて座ってはみたものの

 

 

 

 

 

ちょっとこれだと前屈みすぎるかも

 

 

 

 

 

ってことで5mmではどうか?

 

 

 

この高さであれば

 

後ろに反ることもなく

 

前屈みになりすぎることもない

 

これでいきましょう!!

 

 

 

 

 

 

たった5mmだけれども

 

この5mmへのこだわりが

 

きっと専門職として必要なことなんだなと

 

改めて感じた1日でした

 

 

 

 

毛呂 征也

 

 

 

荒川区内の事業所廻り

2012.10.24. / Posted by staff

 

今日は、荒川区内(日暮里~荒川付近)の 包括支援センター・居宅支援事業所・介護老人保健施設・病院 

 

 

 

 

 

 

 

ケアマネジャーさんや相談員さんやソーシャルワーカーさんにお会いして来ました。

 

 

 

 

 

 

 

成した『おたけの郷のパンフレット』をお渡しする事と、不明な点があれば、お答えするという事が目的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

それともう一つ  『おたけの郷の入居申し込みは、11月15日までやっています』

 

 

 

 

 

 

 

という事をお伝えする為です。

 

 

 

 

 

 

 

午前9時15分に「日暮里」で今日、僕と行動を共にして下さる方と待ち合わせです。そのお相手は・・・

 

 

 

 

 

 

そうです!もうお馴染みになりました。

 

 

 

大起エンゼルヘルプの敏腕営業マン『竹内さん』です。

 

 

 

 

 

 

 

今日、一緒に廻らせて頂くのにあたり、僕なりに準備をしました。

 

 

 

 

 

 

 

荒川区の事が、まだまだ分からない為、各事業所を手作りの地図に「印」を付け、ルートを調べました。

 

   地図 その1

 

 

 

 

 

   地図 その2

 

 

 

 

 

 

竹内さんにアドバイスをもらいながら、ルートを修正し、今日は、全部で「18か所」に行くことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

でも、まだ全ての事業所に行ったワケではありません。

 

 

 

 

 

 

 

今日の最後に、大起エンゼルヘルプの敏腕営業マン『竹内さん』に今日は、「どうでしたか?」とお聞きすると、

 

 

 

 

 

 

 

「まあ、よかったんじゃない?」と言って頂けました。

 

 

 

 

 

 

 

「でも、相手に確実に伝えるには、言葉も一つの方法だけど、文章の方が、親切な時もあるからね」と

 

 

 

 

 

 

 

アドバイスして下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

竹内さん!ありがとうございました。また、よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、荒川区内の事業所の皆さま、今週と来週に、おたけの郷のスタッフが、伺いますので、

 

 

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

近藤

 

 

 

 

 

 

訪問調査開始!

2012.10.23. / Posted by staff

10/22 初めての訪問調査です。どきどきしながら、ご自宅へ伺い

 

久しぶりに高齢者の方に会うことができ、笑顔がこぼれてしまいました。(多少、緊張はありましたが・・・・)

 

やっぱり特養のナースが自分には合っているなぁと感じた瞬間でした。

 

しかし、訪問調査に、こぎつけるまでには、開設準備室のみんなで荒川区の地図をひろげ、

 

                                              

 

入居申し込みのみなさまが、どこにいるのか確認したり、

 

ばたばたと準備しながら、

 

なんとか訪問調査開始!となりました。

 

訪問調査日をスケジュール表で調整したり・・・

 

 

 

 

現在も着々と進めています

               

 ので、申込んでいただいたみなさま、待っててくださいね。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院では、治療という場で看護師として、命を助ける一躍を担い、

 

退院していく患者さんの姿に笑顔がこぼれたものですが、

 

特養では、一日でも長く、自分で自分のことができる

 

・自分の思いを伝えることができる、喜びをともに感じていけるよう、

 

看護師として、あたりまえの生活の支えとなっていきます。

 

もっともっと、看護師仲間が増えてくれることを願う大内でした。    

 

     

                                               

                                                                     

                                                

 

 

 

 

        チョコレートを食べてもうひと頑張りしま~す。                      

                                                     大内 理恵

荒川区介護フェア

2012.10.22. / Posted by staff

 

10月19日(金)・20日(土)に開催されました『荒川区介護フェア』におたけの郷から2名が代表して行ってきました。

 

 

 

 

場所は、『アクロス荒川』です。

 

 

 

 

『アクロス荒川』は、区立の障がい者福祉会館で、主に障がいのある方の自主活動の場や交流の場として、

 

 

障がい者に配慮したホールや会議室等の貸出、講座・イベントの開催などを行っている場所です。

 

 

アクロス荒川

 

 

 

 

この『介護フェア』は、1年に1回開催されるという事で、地域の方向けに

地元の、事業者などが協力し合って、「介護体験」や「福祉用具の展示」や「相談」などを行うものでした。

 

 

入り口を入るとカタログのコーナー

おたけの郷フロア責任者の「笹木さん」も興味津々です

 

 

 

 

 

 衣類の展示

 

 

 

箸や食器の展示

 

 

 

歯ブラシや入れ歯を磨く道具の展示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで問題です。この「吸盤の付いたブラシ」は、何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は・・・吸盤を洗面所につけ、片手で入れ歯が洗えるというものです。

 

 

 

 

「人の手を借りなくても自分で出来る事はやる!」そんな目的で作られた道具です。

 

 

 

 

話を戻しますネ。

 

 

 

この『介護フェア』というのは・・・

 

 

 

「介護の事がまだまだ分からない」「用具もはじめて見た」「実際に体験してみたい」などなど

 

 

 

 

わかりやすく「知る」事が出来るというものでした。

 

大起エンゼルヘルプの敏腕営業マン「竹内さん」から

熱心に説明を受けるおたけの郷フロア責任者の「笹木さん」

 

 

 

 

 

来年の『介護フェア』は、おたけの郷も協力させて頂き、一層地域を盛り上げさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

近藤

Notes On Nursing  

2012.10.19. / Posted by staff

 

10/14(日)の入居希望者説明会も終了し、

 

これからが本番!! 訪問調査も始まります。

 

どんな方々に会えるのか、ワクワクしています☆

 

 

と、同時に看護にかかわるマニュアルや指針などなど

 

大事な書類たちが、待ち構えております・・・・

 

同時進行で進めなくてはなりません   がんばるぞ!

 

 

そこで、色んな参考書を購入したり、本棚から探し出し

 

ぺらぺらと読んでいるところです。

 

 

看護師なら、誰でも習ったであろう 「看護覚え書」

               フローレンス・ナイチンゲール著

 

 

                          ヴァージニア・ヘンダーソン 著

                                  「看護の基本となるもの」

 も、引っぱり出したりして・・・・

 

 

そこに書かれている事が、看護師にとって基本となるものだと

 

改めて実感する大内でした。

 

これから、おたけの郷に入居される方々にとって

             

おたけの郷で取り組もうとしている 「自立型」「自炊型」生活を基本とした日常生活支援

 

が、私たちが生まれてくる前から考えられていたのかと思うと、

 

やっぱり人として 当たり前のことなのだと感じている。

 

 

  『看護とは、新鮮な空気・陽光・暖かさ・清潔さ・静かさを適切に保ち

   食事を適切に選択し管理すること

   こういったことのすべてを 患者の生命力の消耗を最小にするように

   整えることを意味すべきである 』   看護覚え書より

 

 

  『看護婦独自の機能は 病人であれ健康人であれ 各人が健康あるいは

   健康の回復の一助となるような生活行動を行なうのを 援助することである

   その人が必要なだけの体力と意志力と知識とをもっていれば 

   これらの生活行動は他者の援助を得なくても 可能であろう

   この援助はその人ができるだけ早く 自立できるようにしむけるやり方で行なう』

                                 看護の基本となるものより

 

                                      大内 理恵

ひとり 思う

2012.10.18. / Posted by staff

10月18日(木) 20:30

 

 

 

ただいまの時間

 

珍しく準備室には僕ひとり

 

 

 

9月から順次メンバーが増えてきたこともあり

 

準備室にひとりでいることは非常に珍しいことです

 

 

 

 

先日の入居希望者説明会の際に

 

仲間の大切さを再認識することができたからこそか

 

一人静かな部屋でパソコンを打っていると

 

ほんの少しさびしい気持ちになります

 

 

 

 


 

 

話は変わり

 

今たくさんの方の採用面接を行っているのですが

 

多くの方から「不安です」という言葉が聞かれます

 

 

 

 

 

 

 

 

今準備室にいるメンバーの中に

 

不安を全く感じていない人はいません

 

 

 

 

もちろん楽しみな気持ちもありますが

 

フロア責任者や生活相談員は

 

入居者40名 職員30名 ご家族を含めば100名以上の方々と相対することとなる訳ですし

 

そんな中で不安を全く感じない

 

と言えばそれは嘘です

 

 

 

 

 

 

 

これからおたけの郷で働く方々

 

これからおたけの郷で働いてみようと思う方々

 

 

 

 

 

不安な気持ちは誰でも一緒です

 

だからこそ

 

みんなで助け合って支えあって

 

時にはぶつかりながら

 

世の中にない特養を

 

【一緒に】創りあげていきましょう

 

 

 

 

 

 

今いるメンバーは

 

何か大きな出来事の際には一致団結できる

 

それはこの前の説明会で証明済み

 

 

 

 

 

 

 

みんなで一緒になって悩んで考えて動いていけば

 

大内さんじゃないけど

 

この青空のように晴れ渡る日がもうすぐ町屋にやってくるよ

 

 

なんて

 

 

 

ひとり思うのでした

 

 

毛呂 征也

 

☆ソーラーパネル☆

2012.10.17. / Posted by staff

10月17日(水)

 

 

 

今日は、西池袋に『説明会』に行ってきました。

 

池袋の街並み(ちなみに来たのは学生時代以来です・・・)

 

 

                       街の雰囲気は、町屋とは違い、何だか皆さん忙しそう・・・

 

 

 

 

今日は、何の説明会かといいますと・・・

 

 

 

 

 

「再生可能エネルギー熱導入促進事業」に係る事務連絡というものです。(難しそう)

 

 

 

 

 

 

簡単に言えば、「補助金を受給し、ソーラーパネルを入れる為に、どういう手続きが必要か」という内容です。

 

 

 

 

 

 

説明会会場に到着!

 

 

 

 

説明会の参加者は、25人前後で、法人の方や公共団体の方などでした。

 

 

 

 

 説明会会場 

 

 

 

            配布資料

 

 

 

 

 

説明会スタート、難しい説明を約1時間受けました。

 

 

 

 

資料は付箋、付箋、付箋、付箋だらけ。(結局全部大事という事でした)

 

 

 

 

 

 

「質疑応答がある方はいらっしゃいますか?」

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど質疑する人はおらず。説明会は、終了。

 

 

 

 

 

 

内容としては、ソーラーパネルについての補助金をもらい、会社で導入するには、 

 

 

①工事完了等の内容を含んだ「実績報告書」と提出

②精算払請求書

③利用状況報告(年1回報告)

 

 

 

が必要との事でした。

 

 

 

 

 

その他、ソーラーパネルの現物の全体写真を撮らなければいけない・・などなど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、ソーラーパネルとはどんなメリットがあるのか?

 

 

 

 

 

調べてみました。

代表的なものを紹介しますと・・・・・・

 

 

 

 

 

①環境貢献(地球温暖化対策)

 

太陽光発電はクリーンエネルギー


地球環境の悪化や化石燃料の枯渇問題が叫ばれる中、資源の制約や環境負荷が少ない太陽エネルギーは、

これからの生活に不可欠なエネルギーとなっていくと期待されている。

 

無限でクリーンな太陽のエネルギーは、1時間で世界の年間消費エネルギーの1年分に匹敵する注目の新エネルギー。

 

太陽光発電システムを導入することで、地球環境悪化を抑え、化石燃料に変わる代替エネルギーとなる。

 

 

 

 

②遮熱効果

 

太陽電池を屋根に設置することで、二重屋根となり夏場の屋根の温度上昇を抑えることができる。

 

これにより室内の冷房効果が上がり電気料金が節約できる。


屋根環境により、屋根温度が10℃~30℃ほど下がる。(すごい効果ですね!)

 

その他、CO2削減効果がある。などなど

 

 

 

 

 

 

 

説明会の後、5階の会場から周りを見てみると、ソーラーパネルを設置している建物は確認できませんでした。

 

 

 

 

 

 

価格は、数年前に比べ安くなったとは言っても、実際に設置するには、高価な物ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

もっと、幅広く利用されていく事を願いたいです。

 

 

 

 

 

 

 

おたけの郷は、「地球にもやさしい」という 事を強く感じる事が出来た一日でした。

 

 

 

 

 

 

おたけの郷では、これからも「地球温暖化対策」を応援していきます。

 

 

 

 

 

                          近藤

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 | 68 | 69 || Next»
リトルバード
約束①
関わり方
ステイホーム
ショートステイの今
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2020年 07月  >
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
2020年06月 [4]
2020年05月 [4]
2020年04月 [5]
2020年03月 [5]
2020年02月 [2]

PAGE TOP