スタッフブログ

工事進捗状況 vol.4

2012.10.08. / Posted by otake

外部だけでなく、着々と進行している内装工事。

 

 

と、言うことで、今回の「工事進捗状況」は、現在の内装の様子として、

 

 

入居者(利用者)の方たちの住まいであり、スタッフが一番活躍する場である

 

 

ユニット内の様子ををお伝えします。

 

 

(今回登場する写真は、すべて2012(平成24)年10月2日に撮影されたものです)

 

 

 

 

 

 

では、ユニットを訪れたということで、玄関からスタート。

 

 

 

 [玄関を入った所から見た様子]

 

 

手前左右に見えるのはベンチですな。

 

 

靴を履き替えるときや、共同スペースから離れて

 

 

一人になりたいとき、一人でたそがれたいときにも有効活用できます。

 

 

ちなみに、玄関の様子はまだまだ変わっていきます。手すりとかの設置がまだ終了していないので。 

 

 

 

 [ユニット内から見た玄関の様子]

 

 

奥の方に見えるのは、下駄箱。

 

 

手前左側にあるのは、ユニット内で好きに使っていいですよ収納スペースと

 

 

その下の空間は、車イスをしまって(いつでも使えるように置いて)おくスペース。

 

 

まぁ、駐輪場ですかね。

 

 

 

 

 

 こちらは、玄関からユニットに入ると登場する洗面・流し台。

 

 

入居者の方やスタッフが、外から帰ってきたときに、手洗い・うがいをする場です。

 

 

時期によっては、来訪者の方もここで手洗い・うがいができるようにってことで、

 

 

玄関から入ってすぐの場所に洗面・流し台があります。こちらもまだまだ工事進行中です。

 

 

(洗面・流し台は、各居室や脱衣場などにも設置されますので。あしからず)

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、ユニット内に入って・・・・・・・・・・

 

 

廊下が登場です。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、廊下の両端にあるコブは何なのか???

 

 

こちらはいずれ、UMEMOTO BLOG でお話しさせていただきます。

 

 

 

 

で、廊下はこうやって造られていますよってことで、こちらの写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 廊下の次は、

 

 

共同生活室の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共同生活室は、明るく開かれた空間になるように

 

 

バルコニーに面した窓はフルオープン対応になっています。

 

 

こんな感じで。って言っても、この写真はフルオープン状態になっていませんが(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

今回は様子を知るってことで、いずれフルオープン状態の写真をアップします。 

 

 

 

 

さぁ、さぁ、まだ続きますよ。共同生活室の様子。

 

 

こちらの写真は、共同生活室内にあるキッチン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家事などにも入居者の方々が有する能力を発揮できるように、広めの住宅用キッチンを設置しました。

 

 

どんな仕様なのかは、いずれ紹介します(いずればっかりでスイマセン)。

 

 

 

 

 

この写真は、共同生活室の天井を写したものです。

 

 

 

 

 

 

 

天井に見えるレールは、リーラーコンセント(天井から電源がとれるコンセント)の移動を可能にするためのもの。

 

 

そもそもリーラーコンセントを設置したのは、

 

 

入居者の方たちが、調理中にコードに足を引っ掛けたり、

 

 

コンセント位置によってホットプレートなどの使用場所に限りが出たりすることがないようにするためなんです。

 

 

 

 

 

 

 

この写真は、共同生活室内にあるカウンターの写真。

 

 

壁面にはコンセントが設置され、炊飯ジャーやポット、コーヒーメーカーなんかが置けるようになっています。

 

 

カウンター下の空間は、ダクトボックスなんかを収納しておこうかと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

共同生活室の様子はこのへんで終了して、その他の空間の様子を。

 

 

先ずは、入居者の方たちに存分に使っていただく居室。

 

 

 

 廊下側から見た写真。

 

 

 

 居室の中から。

 

 

 

 同じく居室の中から。角度をちょこっと変えて。

 

 

 

工事材料なんかが置いてあるので、わかりにくいかもしれませんが、現時点の居室の様子はこんな感じです。

 

 

 

他には、個浴の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

手前が脱衣場で、奥が浴室なんですが、工事はこれからって感じです。

 

 

 

 

 

 

こちらの写真は、入居者の方たちに使っていただくトイレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ工事中です。

 

 

それと、ユニット内には4ヵ所、入居者の方たちに使っていただくトイレがあるのですが、

 

 

うち3ヵ所は、これから工事が始まります。

 

 

 

 

 

そして、最後の写真はこちら。

 

 

エレベーターの写真です。

 

 

ユニット内の様子とは関係がないのですが、せっかく撮影したので(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上

 

 

工事進捗状況 vol.4 

 

 

内装工事の様子でした。

 

 

 

 


 

 

 

 

工事完了まで、あと・・・・・・・・・・3ヵ月

 

施設開設まで、あと・・・・・・・・・・5ヵ月(143日)

 

 

 

梅本 聡

 

 

Category : 開設準備室

10月のある日

2012.10.04. / Posted by staff

   

しろいコスモスが 

 

         いとおしく感じて  写してみました。

 

 

 

白と言えば 真っ白なワイシャツ・・・

 

        電車の中でもワイシャツにネクタイをしている人を

 

        見かけることが多くなってきましたね

 

10月の第一日曜日は 「シャツの日」 なんですって・・・

 

1979年に、10月は衣替えの時期でもあるので

 

  冬物のシャツの販売促進を目的に

 

  日本ワイシャツ組合連合会が

 

「シャツの日」を制定されたそうです

 

 

 

 

10月のある日

 

おたけの郷では こんなことがありました

 

 

                       

 

3月に開設する おたけの郷の準備の一つとして

 

入居者の使用するマットレスなどの寝具の打ち合わせをしました

 

  「わたしは こっちの方がいい」

 

  「自分はこっち  ・・・  」 

 

などの感想や意見を言い合って

 

 入居者が一番使いやすく 快適に過ごせるものを選ぶために奮闘しました

 

 

 

遅くなりましたが わたくし

 

フロア責任者の  

 

吉川(きちかわ)ひで子    といいます。

 

 

埼玉県越谷市出身

 

現在は 東京都足立区在住です

 

 

おたけの郷で働くスタッフがわたしの子どもの年代なので

 

「かあちゃん」と呼ばれています

 

 

どうぞよろしくお願いします

 

 

吉川ひで子

 

 

Category : 総合掲示板

はじめまして 近藤です

2012.10.02. / Posted by staff

10月2日(火)くもり

 

 

 

 

はじめまして!フロア責任者をやらせて頂きます「近藤 直樹」です。

 

 

 

 

 

毎日、建設中のおたけの郷の隣にある準備室で、工事の状況を見ながら、開設に向けた仕事をしています。

 

 

 

 

 

さて、10月14日に『おたけの郷入居希望者説明会』が町屋6丁目にある「荒木田ふれあい館」で行われます。

 

 

 

 

*荒木田ふれあい館の情報です ↓

 

http://www.city.arakawa.tokyo.jp/shisetsu/hirobakan/arakidafureai.html

                        

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は、その準備に向け、書類を作成したり、会場を確認したり・・・・しています。

 

 

 

 

 

同じグループの大起エンゼルヘルプの本社(荒川区町屋5丁目)に行ってきました。

 

 

車で移動中。ちなみに7分で到着。

 

 

 

 

 

目的は、営業の竹内さんに会う為です。今年の9月から『おたけの郷の入居希望者説明会』のチラシを

 

 

 

 

 

なんと…わずか2日間で…

 

 

 

 

 

荒川区内にある包括支援センターと居宅支援事業所 計65ヶ所に配って下さいました。

 

 

 

 

「さすが」 ですね!

ちなみに・・・竹内さんの趣味は、マシーントレーニングで鍛える事だそうです。

 

 

 

 

フットワークの軽さにも繋がっているんですね!

 

 

 

 

 

本当に感謝致します。

 

『入居希望者説明会のチラシです』

 

 

 

 

10月14日の『おたけの郷入居希望者説明会』に、たくさんの方に来て頂き、おたけの郷の事をもっと知って 

 

 

 

 

安心して入居して頂けるように、これからも竹内さんと強力タッグを組んで引き続きチラシ配りをして行きますので

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

竹内さんと大起エンゼルヘルプにて

 

 

 

 

                                                        近藤 直樹

 

 

 

初めまして!!

2012.10.01. / Posted by staff

初めまして!

 

 

 

9月1日より、おたけの郷のフロア責任者としてお世話になっています『笹木』と申します!!

 

今後は開設準備室の新しいメンバーも続々とブログを更新していきますので、よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は昨日行われました同法人の『越谷なごみの郷』の和太鼓祭をご紹介します!

(越谷なごみの郷のホームページはこちら  →  http://www.k-nagomi.or.jp/

 

 

私もなごみの郷にお邪魔するのは今回が初めてでしたが、

職員の皆さんも、グループ法人の皆さんも、ボランティアの皆さんも、

ものすごいパワフルで、活気が満ち溢れていました!

 

 

 

 

 

 

次々にステージで繰り広げられる出し物!

 

フラダンスに盆踊り、子どもたちの踊りなど…

地域の皆さんとの深い繋がりを感じました!

 

 

 

 

 

 

 

 

見てください、子どもたちのいきいきとしたこの笑顔!!

 

 

 

 

今回のお祭りのテーマも『笑顔』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主催する施設側も

 

 

参加する入居者も

 

 

一緒にお祭りを楽しむご家族も

 

 

地域の皆さんも

 

 

参加する全ての人から溢れる

 

 

 

 

笑顔、笑顔…!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちおたけの郷のメンバーも

その一役を担えればと

 

ジュースを売ったり…

 

 

 

 

 

わたあめを作ったりしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お祭りの最後には

 

 

 

 

 

 

 

なごみの郷の職員さんによる

和太鼓とソーラン節があり・・・

 

 

 

その姿を見ていて・・・

 

 

 

株式会社大起エンゼルヘルプをはじめ、社会福祉法人エンゼル会・・・

系列グループや関連事業者の皆さん、ボランティアさんが一致団結をして

なごみの郷のお祭りを盛り上げる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に見えぬ熱い思い・・・、そして繋がり・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のお祭りを通して

 

私たちおたけの郷の開設準備室メンバーも

 

そんな皆々様の仲間入りができたのではないかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後もおたけの郷を!

そして、笹木もどうぞよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

工事進捗状況 vol.3

2012.09.30. / Posted by otake

「工事進捗状況」の投稿です。

 

 

前回の「工事進捗状況」の投稿が、2012年7月20日。

(その記事はこちら → http://otakenosato.jp/blog/staff.php?itemid=21

 

 

かなりお久しぶりの投稿になってしまいましたが、この間も着々と工事は進行していました。

 

 

 

 

今日は先ず、こちらの写真から。

 

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

・・・・・・・・・・電柱の写真です。

 

 

 

「はぁ?電柱って・・・・・」なんて思わない、思わない(笑)。

 

この電柱も、進捗状況をお伝えするのに大事なものなんです。

 

何せこの電柱、今までは存在しなかった電柱。

 

おたけの郷が開設するにあたり、新しく設置している電柱なんです。

 

 

 

 

続いての写真はこちら。

 

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

長らく設置されていた「外部足場」が、ついに取り外されています。

 

ということは、いよいよ外壁の様子もわかるようになる・・・・・・・・・・

 

 

 

 

でも、その前に。

 

 

 

 

クレーンで吊るされ、取り外された外部足場は、地上で待つ職人さんたちのもとへ。

 

 

  撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

 

そして、職人さんたちの手によって、外部足場が解体されていきます。

 

 

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

見事な連係プレー&手際の良さ。

 

あっという間に外部足場が取り外され、解体されていきました。

 

 

 

 

そして ― 。

 

ついに、その姿を現しました。

 

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

おたけの郷。

 

 

 

姿がはっきり見え始めたとき

 

「開設が近づいてきてるなぁ」

 

と感じた梅本でした。

 

 

 

 

建物内の工事も着々と進んでいます。

 

その報告は、また後日。

 

 

 


 

 

 

工事完了まで、あと・・・・・・・・・・3ヵ月

施設開設まで、あと・・・・・・・・・・5ヵ月(151日)

 

 

 

 

梅本 聡

 

 


 

 

 

おまけ。

 

初登場。 夜の「おたけの郷」

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

 撮影[2012(平成24)年9月28日]

 

 

 

 

Category : 開設準備室

食品衛生責任者

2012.09.27. / Posted by staff

9月21日(金)

 

フロア責任者4名 と 看護責任者1名 の計5名で

 

食品衛生責任者養成講習会に行ってきました。

 

(このブログに登場する写真は、すべて2012(平成24)年9月21日に撮影したものです)

 

 

 

 

特養で一般的に行われている『食事』に対する支援は

 

「決められた時間に決められた物が提供される」

 

 

 

 

けれどもおたけの郷は

 

そんな姿に疑問を抱き

 

新たな取り組みにより新たな風を吹かせていこうと

 

現在システム作りを行っている最中なんですが

 

単にこんな実践をやりたい!というだけではあまりにも無責任なので

 

だったら徹底的に衛生管理を行っていき感染症の予防に努め

 

入居(利用)される方々にはもちろんのこと

 

これからの特養に迷惑をかけないためにも…

 

ということで僕たち5名がこの講習を受けることとなりました。

 

 

 

 

だって新たな取り組みにより食中毒などが起こってしまったとしたら

 

今後この風は吹き続けることなく「凪状態」となってしまいますから…

 

 

 

 

だから受ける僕たちも中途半端な気持ちでこの研修に臨むことは許されません。

 

 


 

 

 

…ということで館内に入っていくと

 

さすがは「食品衛生センター」ということもあり

 

感染症予防や衛生関係の商品がズラリと陳列されています。

 

 

 

 

 

そして講習が行われる部屋にはすでに100名以上の方が…

 

 

 

講習内容は「食中毒の予防」や「衛生に関する法規の説明」など

 

今までであれば「つまらないなぁ」と思うような内容でしたが

 

今回は何が必要でどんなことを学べば良いのか

 

という意識を持って受講することができました。

 

 

 

 

何を学ぶにしても

 

「やりたいこと」や「やるべきこと」が明確になっていると

 

姿勢も変わってきますね。

 

 

 

 

 

 

最後にテストを5問行い何とか無事修了。

 

その証がこれ。

 

 

(少し見にくいですが『食品衛生責任者手帳』です)

 

 


 

 

 

おたけの郷に来て学んだこと

 

それは

 

 

 

「やりたいことをやるためにどうするか?」を考えるということ

 

 

 

…だからこそ

 

この研修を受講して終わりではなく

 

やりたいことをやるために

 

ここでの学びをどう活かすか

 

仲間と一緒に考えていこうと思います。

 

 

 

毛呂 征也

 

 

 

 

 

ミチシルベ

2012.09.18. / Posted by staff

日頃街を歩いてると

 

こんな表示に出会うことがあります。

 

 

 

 

これは駅のロータリー

 

 

 

 

これはショッピングセンターの館内

 

 

 

 

 

これはエレベーター内

 

 

 

 

自分が今どこにいて

 

目指す場所へ行くためにどの道順を辿れば良いのか

 

というミチシルベ

 


 

おたけの郷は

 

160名の入居者(利用者)が暮らす(利用する)場ということもあり

 

5階建ての非常に大きな建物となります。

 

 

 

日頃からそこで働く(であろう)僕たちからすれば

 

どこに何があるかということや

 

今自分がどこにいるのかということは容易にわかりますが

 

初めていらしたご家族や地域の方はもちろん

 

認知症の状態にある方々などのことを踏まえて考えると

 

自分自身が今どこにいるのか

 

目的地がわかりやすいなどといった工夫が求められてくるので

 

この「表示」はとても重要となります。

 

 

 

[撮影 2012(平成24)年9月14日]

 

 

 

 

 

 

 

また館内だけではなく

 

建物の存在を認知していただくための

 

建物入口付近に設置する表示や

 

 

[2012(平成24)年8月30日]

 

 

 

 

 

入居者(利用者)の方々がわかりやすく

 

且つおたけの郷のコンセプトを踏まえたうえでの表札など

 

 

[撮影 2012(平成24)年8月30日]

 

 

 

 

 

 

日頃当たり前のように目にするであろう表示だからこそ

 

文字体や色合い・大きさや設置個所にもこだわって

 

表示の作成に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

それぞれの表示(素案)が完成まではあとわずか…

 

[撮影 2012(平成24)年8月30日]

 

 

 

どんな出来栄えとなるのか

 

今からとても楽しみです。

 

 


 

工事完了まで、あと・・・・・・・・4カ月

施設開設まで、あと・・・・・・・・6カ月(163日)

 

毛呂 征也

 

 

 

 

開設準備室 フルオープン

2012.09.05. / Posted by otake

2012(平成24)年9月1日 ― 。

 

 

おたけの郷開設まで、いよいよ半年。

 

 

 

開設まで出力全開!!

 

一気に突っ走る時期に来ました。

 

 

 

 

そして迎えた9月3日月曜日。 

 

今までは、梅本とフロア責任者の毛呂くんしかいなかった開設準備室に、これからの開設準備半年間を一緒に突っ走る

 

仲間が集合。

 

一気に7名の大所帯になりました(9月下旬からもう1名増えます。あと、採用が決定しない生活相談員2名も採用が決

 

まり次第準備室に加わってもらうので、最終的には準備室メンバーは10名になる予定です)。

 

 

 

 

で・・・・・

 

集まったのはいいのですが、とても梅本と毛呂くんの2人だけで前もって10名が仕事できる状態にしておく余裕がなか

 

ったもんで、準備室はこんな状態。

 

(このブログに登場する写真は、すべて2012(平成24)年9月3日に撮影したものです)

 

 

 

 

 

 

まぁそれと

 

自分たちの仕事場/自分たちが使う仕事場ですから、

 

誰かに与えてもらうのではなく、

 

自分たちで仕事ができる状態にする/一緒に仕事をしたことがない者同士だけど、これからは同じ時間を過ごす仲間

 

になるんだから、どんな環境にするのか一緒に考えて、一緒に汗をかいて、協力し合って仕事場(環境)を作ろうじゃな

 

いかという梅本の意図もあったんですけどね。

 

 

 

 掃除中

 

 

 

 もっと掃除中

 

 

 

 配線に悪戦苦闘する男性陣

 

 

 

 テーブルを組み立て中

 

 

 

 

 そうこうしているうちに、あっという間に時間は過ぎていき・・・・・・・・・・

 

 

 

 

16時からは、小林理事長、大起エンゼルヘルプの小林社長、そして酒井施設長がお越し下さり、辞令の交付をしてく

 

ださいました。

 

 

 みんな緊張しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 辞令交付後もみんな緊張気味

 

 

 

 

 

辞令交付後は、小林理事長、小林社長から激励のことばと

 

これまでの特養ではなかった実践を思う存分やって下さい!!

 

ということばをいただきました。

 

 

 

 

 

 

そして最後に・・・・・

 

 

 頑張るぞ!! オー!!

 

 

みんなで、握りこぶしを高く突き上げました。

 

 

 

 

 

 

 

開設準備室

ついに

フルオープンです。

 

 

 

 

 

 

 

工事完了まで、あと・・・・・・・・・・4ヵ月。

施設開設まで、あと・・・・・・・・・・6ヵ月(176日)。

 

 

 

梅本 聡

Category : 開設準備室

コノ人ガ居テコソ vol.3

2012.08.30. / Posted by staff

今回ご紹介させていただくのは、おたけの郷の電気設備(工事)を担当してくださっている

「栗原工業 株式会社」のみなさん。

 

 

[撮影 2012(平成24)年8月28日】

 

 

左から

 

山崎健太さん

 

七條繁樹さん

 

坂本重実さん

 

桑崎文男さん

 


 

 

一概に「電気設備」といっても

そこには多くの物が含まれていて

照明関係はもちろんのこと

それ以外でも例えば

コンセントの配置や

一般電話や壁掛け電話の設置

照明を点けたり消したりするためのスイッチの形状決定や設置

おたけの郷では生命線ともなるPHSシステムの構築

 

などなどを担当してくださっています。

 

 

 

日頃生活している中で当たり前のように電気設備を使用していますが

「電気が点く」までには

工事を担当してくださっている方々の

僕ら素人には足元にも及ばない(当然ではありますが…)

専門的な知識と技術があってこそなんです。

 

 

 

 

まずは「コンクリート内配管」から始まり

 

 

[撮影 2012(平成24)年8月28日】

 

 

 

 

その作業の次は

 

「天井内配線」

 

[撮影 2012(平成24)年8月28日】

 

 

 

 

その作業風景

 

 

ちなみに少しわかりにくいですが

天井の中の様子

 

 

 

 

そしてさらに

居室と居室を仕切る間仕切り内に線を引く作業

 

「間仕切り内配管・配線」

 

 

 

 

その作業が済んだうえで

それぞれ壁が取り付けられ

 

コンセントや電気スイッチの位置が

こんな風に

 

[撮影 2012(平成24)年8月28日】

 

 

姿を現します。

 

 

 

 

さらにさらに

おたけの郷は1つのフロアで多くの電気回線を要するため

配電盤はかなり大きく

 

[撮影 2012(平成24)年8月28日】

 

 

 

 

必然的に配電盤に引く配線の量もこれだけの数となります。

 

 

[撮影 2012(平成24)年8月28日]

 

 

 

 

また当然のことながら

感電や火災といったことを防ぐためにも

 

★電気事業法

★電気用品取締法

★電気工事法

★消防法

 

など関連法を踏まえたうえでの作業が行われています。

 

 

 

 

 

電気や電話って

備えてあって当たり前のような時代ですが

そこには設備や工事を行ってくださる方々の技術があってこそ

 

 

 

当たり前に使える環境を作るために

見えない部分(壁や天井の中など)」に

こんなにもこだわってくださる方々がいます。

 

 

 

またおたけの郷では

職員や入居者(利用者)の方々の使い勝手を考え

コンセントやスイッチの位置一つにもこだわりを持っているので

こちらの要望を踏まえたうえでの位置決定をしてくださっているんです。

 

 

 

「もう少し経つともっと多くの作業が求められてくるんですよ」

 

 

 

と笑いながらお話ししてくださっていましたが

 

この猛暑の中こだわりを持ちながら作業を行ってくださっている電気設備(工事)のみなさんに

 

感謝!!

 

 

 

 

 

 

コノ 「使う側への配慮を怠らず、コンセント一つの位置にこだわってくれる電気設備(工事)のみなさん」 ガ居テコソ

 

 

 

の 「おたけの郷」

 

 

毛呂 征也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百日紅

2012.08.20. / Posted by staff

「この花はね、花が咲き始めてから100日は咲き続けるんだよ」

 

 

 

[撮影2012(平成24)年8月20日]

 

 

そうおっしゃりながら

またまた近所の方が持ってきてくださった花

 

 

 

 

花の名前は『サルスベリ』

 

 

 

 

[撮影 2012(平成24)年8月20日]

 

 ・ミツハギ科 中国南部原産

・大きさ 背丈2m~9m前後

・花期 7~9月

 

 

 

花の色は 「白」 「ピンク」 「紅の濃淡」などがあり

 

比較的長い間花が咲いている事から

 

百日紅(ヒャクジツコウ)とも呼ばれているそうで。

 

 

 

 

 

ちなみに

 

8月1日のブログに記載した『野牡丹』も

 

まだまだ元気に花を咲かせています。

 

 

[撮影 2012(平成24)年8月20日]

 

 

(前回のブログはこちら → http://otakenosato.jp/blog/staff.php?itemid=23

 

 

 

 

 

百日も咲き続けるって事は

 

この花が散る頃には

 

もう次の季節になってるんですね

 

なんて会話をしながら

 

警備の方とも記念に1枚

 

 

[撮影 2012(平成24)年8月20日]

 

       (左:室原さん 右:佐藤さん)

 

 

 

色々と差し入れをいただく事があり

 

もちろんそれも嬉しく有り難いんですが

 

何よりもそれ以上に

 

おたけの郷を気にかけてくださっている

 

その気持ちが嬉しいんです。

 

 

 

 

これこそが

 

地域との交流であり

 

人と人との交わりだなって。

 

 

 

 

 

建物完成まであと半年

 

その気持ちに対して

 

しっかりと実践で還していきますね。

 

 

 

毛呂 征也

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : 開設準備室
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 83 | 84 | 85 | 86 || Next»
出張料理 / アイスクリーム
【施設長ブログ】 出張料理 / おやつ
救命救急
声と想い
【施設長ブログ】 夏休みの宿題
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
佐藤  和寿(フロア責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(施設長)
総合掲示板
羽深  満(フロア責任者)
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2022年 09月  >
 
 
 
 
1
2
3
4
5
67
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
2022年09月 [5]
2022年08月 [6]
2022年07月 [3]
2022年06月 [6]
2022年05月 [18]

PAGE TOP