スタッフブログ

当事者意識

2021.01.14. / Posted by otake

ここ最近、職員達にこんな質問を投げかけていっている

 

 

 

・あなたがコロナウイルスに感染した場合、あなたの衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

・あなたがコロナウイルスに感染した場合、あなたと同居している人の衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

・あなたが濃厚接触者となった場合、あなたの衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

・あなたが濃厚接触者となった場合、あなたと同居している人の衣食住はどうなりますか?

   食   住

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕であればどうなるのだろうか…軽症で済むならば、よく軽症者用のホテル滞在と言うが、そこに滞在する事になるんだろうか。本当にそこに入る事ができるのだろうか。そもそもそのホテルは自宅の近くなのだろうか。指定されたホテルまでどうやって行くんだろうか(公共の交通機関は使えないし)

その期間の衣類は誰が洗濯するのか。足りない物があった時にどうするのか。

その期間の食事はどうなるのか。ホテルが用意した物を食べるのか。そうなるとどれくらいの食費がかかって、どんな形で支払うのか。

もし重症化したら、スムーズに医療機関に繋げてもらう事ができるのだろうか…

 

 

 

職場はどうなるだろうか。入居者の方々が濃厚接触者となってしまった場合、入居者の方やご家族にどれだけの不安や負担を与えてしまうだろうか。

 

 

 

当然、勤務を抜ける形とはなるが、多くの職員(同僚)が濃厚接触者と特定されてしまうと、特定された職員達も勤務を抜ける形となるため、その勤務を埋める職員の負担はどれくらいになってしまうのだろうか。

 

 

 

実際は保健所の指示に従う形となるため、現時点ではわからない事の方が正直多い。それでも「もし自分が」と考える事により当事者意識が高まり、「今までとは同じ日常を送る事ができない」という事に改めて気づかされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重傷者や死者の数も増えてきている。

 

 

 

確かにコロナは怖い。

 

 

 

ただ、このおたけの郷はもちろん、僕のプライベートにおいても周囲でコロナウイルスに感染した人がいない事から、どうしても感染予防への意識が薄れてしまう時が事実ある。

無意識に吊革に掴まりそうになったり、マスクを外す時に外側に触れてしまいそうになったり、寒いからという理由で換気を怠ってしまったり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【北風と太陽】の北風のように「1日の感染者数」や「医療体制の逼迫」など、メディアから得る情報といった外からの強風だけではなく、太陽のように内側からジワジワと照らす。つまり、自分が感染したらどうなるか、という意識を持つ、イメージを抱く事により、必然的に感染予防への意識は高まっていくのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当事者意識を持ちながら、感染予防により一層力を入れ、まずは自分が感染しない!

そして、施設内においてもコロナウイルスを発生させない!という事に、これからも力を注いでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

絵馬に願いを

2021.01.08. / Posted by otake

今年は初詣にも行けず…

 

 

 

そんな中、職員さんの案で「手作りの絵馬」を作成し、入居者の皆さんに願いを書いていただく事となりました。

 

 

 

 

 

 

素敵でしょ?(笑)

 

 

 

コロナ禍だからこそ生まれた案。

 

 

 

今後は手作りでおみくじを作り一喜一憂。プロジェクターで神社を映写し初詣をやろうかなと。




少しでも新年の雰囲気を皆さんに味わっていただこうと思います。

 

 

 

今年1年、皆さんはどんな願いをされるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

ついに2度目の緊急事態宣言が発令されました。

 

おたけの郷ではまだコロナは発生していません。

 

今後も職員の感染予防への意識を高めながら、皆さんに安全に生活していただけるよう努めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

回顧 ~ 4階 ~

2020.12.29. / Posted by otake

とあるCMより。父と娘(ゆきちゃん 5歳くらい)が手をつなぎ街中を歩いている際の会話。

 

父 「今年は何もできなかったな~」  

娘 「絵本いっぱい読んだじゃない!」

父 (何かに気づいたような顔をして)「そうだな~」

娘 「ママとも、いっっっぱいおしゃべりできたし!」  

父 「だな!」

娘 (父の目の前に立ち、真っすぐに父の目を見て)「ゆきは楽しかったよ!」

父 「パパも楽しかったです!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2020年は、何と表現したら良いのか…たくさんの制限を受けてきた、これまでに経験のしたことのない1年だった。これは僕だけに限らず、全ての人に共通する事。

ただし、たくさんの制限を受けたからこそ、今までにない考えが生まれた・再認識できた1年でもあった。

 



1つは…より強い(広い?)制限のある中で何をしようか、何ができるかを常に考えるようになった事。

僕だけに限らず、現場からもこれだったら出来るんじゃないか?といった今までにない発想がどんどん生まれてきた。これは「0が1になった」と捉える事もできるわけで、ある意味成長なんじゃないかなと年末を迎えた今、思っている。

 



そしてもう1つは、「当たり前の事」の幸せさを噛みしめる(再認識する)事ができ、改めて入居者の方々に対し「当たり前の生活」を提供できるよう努めていかなければと思えたこと。

ゆきちゃんの「絵本をたくさん読めた」というひと言。コロナ禍でなければ普通に通り過ぎてしまったかもしれない出来事だが、コロナ禍だからこそ「当たり前の事が当たり前にできる事の幸せさ」「当たり前のように健康に生きている事の幸せさ」を感じ取る事ができたのだと思う。

 



コロナにより悲しい想いをされた方もたくさんいるであろう中、このようにポジティブに物事を考える事は不謹慎なのかもしれない。ただ、現実を、今を考えた時に、自分自身が悲壮感に漂う事、政府や政策を批判する事がコロナを封じ込めると=で結ばれるとは思わない。

どの瞬間にも自分自身が成長するきっかけはあると思うし、結局は自分自身がやる事(自身の感染予防策の実施や、周囲の人達への感染予防の啓もう等)に大きな変化はないのだ。



 

毎年書く事なのだが、僕は「年」や「年度」の変わり目をきっかけとして目標を立てる事があまり好きではない。変わり目をきっかけとしなくても、明日から、いや今からやればいいじゃん的な事が多いからだ。

明日からも変わらず感染対策への意識を高め、今何ができるのかを模索していこうと思います。そして、当たり前の事の幸せさを噛みしめながら、その当たり前が入居者の皆様に少しでも提供されるよう努めていきたいと思います。

 




終わりに…

 

【入居者の皆様へ】

不安な1年を過ごしていただく形となってしまい申し訳ありません。コロナが落ち着いた暁には、皆さんがしたい事ができるよう、想いが形となるよう精一杯務める(努める)事をお約束します。

 



【ご家族の皆様へ】

こちらも不安な1年となってしまい申し訳ありません。施設内において感染症が発生する事のないよう職員一同努め、入居者の皆様が安全に健康に過ごせるよう、ご家族の皆様に安心していただけるようこれからも意識してまいります。

 



【職員のみんなへ】

よく我慢しました。けれども終わりではありません。ひとり一人の努力が「終わりの始まり」となります。介護職員としてではなく、いち国民として何ができるのかを常に考え、終わりの始まりがきた時にはみんなでパーッと(表現が古いですかね)やりましょう。1年間、本当にありがとう。

 



そして、こんな僕の拙い文章を読んでくれているかわかりませんが

【医療従事者の皆様へ】

最前線で踏ん張ってくださっている皆様がいるからこそ、自分たちの命が、生活が護られていると痛感しております。

大変な中、本当にありがとうございます。感染への不安や、長時間勤務等の疲労と向き合いながら、国民の生命を護る皆様に敬意を表し、深く感謝を申し上げます。

 

 

 

 

 

※あ、CMはマックのCMです。興味のある人はYoutubeで「たいぞう マック」で検索(笑)

 

 

今年1年、本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。


フロア責任者 毛呂征也

強く~ なれる~ 理由を知った~♪

2020.11.13. / Posted by otake

僕を~ 連れて~ 進め~

 

 

 

鬼滅の刃 観ましたか?

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

長く働いていると

 

 

 

入居者の方に勇気をもらう時がある

 

 

 

僕が「自分も頑張ろう!」と思える時は

 

 

 

こんな姿を見た時

 

 

 

 



 


 




まぁ

 

 

 

食器を洗う姿だけではなく

 

 

 

入居者の方が 主体的に 意欲的に 何かに取り組んでいる姿を見ると

 

 

 

心も体も強くなれます

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

長く働いていれば

 

 

 

時々はちょっと長い勤務をしなければいけない事もある

 

 

 

それでも僕が「頑張ろう!」と思える時は

 

 

 

職員のみんなが自分を気遣ってくれる時


※数名の職員が差し入れをくれました



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に優しくされると

 

 

 

心も体も強くなれます

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

強くなれる理由

 

 

 

それはやっぱり

 

 

 

入居者の皆さんと

 

 

 

職員のみんなの存在なのでしょう

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

追記

 

 

 

「鬼滅の刃」 凄い人気ですね。漫画も手に入らないようで。ただ、幸いな事に近所の方に借りて読む事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

 

目指せ煉獄さん!(笑)理想の上司らしいですよ。

 

 

 

第三波が怖くてまだ映画は観れていないのですが、いつか観に行きたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

提案

2020.10.28. / Posted by otake

「ハロウィンの飾りをユニットに飾ろうと思うんですけど、どうですかね?ハロウィンは入居者の皆さんにとって、あんまりゆかりがないですかね?」

 

 

 

 

 

「コロナ禍だから、食事とか作れないじゃないですか?せめて、おでん買ってきて皆さんの前で鍋で煮込んで提供するのはどうですかね?」

 

 

 

 

 

「〇〇さん、今度100歳じゃないですか?今までリモート面会した事なかったと思うんですけど、誕生日の当日にご家族にリモート面会の依頼するのはどうですかね?」

 

 

 

 

 

「麺の日は食事が進むんですけど、ご家族に依頼して定期的に生麺でもカップ麺でもお出しするのはどうですかね?」

 

 

 

 

 

「クリスマスツリーなんですけど、サプライズでめちゃくちゃ大きな物を手作りで作ろうと思ってるんです。入居者の方も喜んでくれるかなと思って」

 

 

 

 

 

「〇〇さん。南千住に住んでたんですけど、僕の家の近くなんです。駅の近くにパン屋があって、そこのハムカツサンドがめちゃくちゃ美味しかったって言ってるので、今度買ってきてあげようと思うんです。いいですか?」

 

 

 

 

 

「〇〇さんが退屈でやる事がないって言ってるんです。入居前は新聞を読んでいたらしいんですけど、個人で新聞とってあげれば読まれるんじゃないですかね?」

 

 

 

 

 

「なかなか外出できないので、普段の食事を少し豪華にすることはできないですかね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数週間の間に、職員さんから提案してもらった内容を羅列してみた。

 

 

 

全て覚えている自信がないので、多分もっとあったんじゃないかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入居者の方に喜んでもらいたい。

 

 

 

入居者の方の願いや想いを叶えたい。

 

 

 

その想いや発想があっても、提案をしなければ意味がない。

 

 

 

その想いや発想があっても、それが形にならない風土であれば提案する気にもなれない。

 

 

 

全てが全て形にできるわけではないが、想いや発想を提案してきてくれる人が周りにたくさんいるという事は、とても幸せな事だなあと感じました。

 

 

 

ちなみに来月は、毎月行っている御膳にプラスして、更に豪華な(笑)食事がでる予定です。これももちろん、介護職員さんの提案です。

 

 

 

皆さん、今から楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

リモート面会にて(笑)

2020.10.07. / Posted by otake

コロナ禍により面会制限をさせていただいている事から、おたけの郷でもリモート面会を実施しています。

 

 

 

そんな中でのエピソード…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「画面に映っているご家族を写真だと思い続ける」

 

昭和の時代を思い返してみてください(笑) 相手と直接的にではなく、何かの物体を通して話をする、なんて機会がありましたか??スマホの画面を見て写真だと思い、「これ私の娘よ娘!」と数分間言い続ける。画面に映っている方と会話を開始するまでの最高時間は10分(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スマホの裏をしきりにのぞき込む」

 

どういう仕組みなのか理解できず、しきりにスマホの裏側をのぞき込む(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「画面上端に小さく映っている自分を認識できない」

 

画面上に自分の顔が小さく映り込むかと思うのですが、そこを見て「この人はひどい婆さんだね(笑)」と自分の事を指さし笑う(笑)

あげくの果てには、画面に映っているご家族を指さし

本人「この人もひどい顔だね(笑)」

家族「あんたから生まれた顔だよ!(笑)」

なんて会話が始まる(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和の頃からすれば、テレビ電話なんて想像もできなかった事でしょう。

 

 

 

今や当たり前のLINEやメール。要は「文字での会話」が開始されたのも、今から約1516年前なんですから(当時はポケベルでしたね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな文化に触れるという事は、新たな姿を見る事ができ、時にそれは周囲を和ませてもくれます。

 

 

 

早くコロナが落ち着き、ご本人とご家族が直接会話をされ、声高々に笑いあえる日がくることを切に願って…

 

 

 

そのためにも、いち国民として感染拡大予防に尽力していかなければですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

介護という仕事に足を踏みいれる きっかけ

2020.10.01. / Posted by otake

僕は なんでもいい と思っている

 

 

 

面接時や今いる職員さんに「何で介護に?」なんて質問を投げかけてみると

 

「お年寄りが好きだから」

「小さいころ、近所のお爺(婆)ちゃんとよく遊んだから」

「自宅で祖父母と一緒に暮らしているから」

「自宅で祖父母の介護を経験したから」

 

 

 

など、介護に直接的に関係のあるような答えが返ってくる事がある

 

 

 

これはこれで素晴らしい事だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからと言って

 

 

 

「家が近かったから」 とか

「なんとなく興味があったから」 とか

「コロナ禍でも安定して働けるから」 とか

(仕事がなくなる訳ではないですからね。感染のリスクがあるのはどの仕事も同じです)

 

そんな答えが素晴らしくないとは全く思わない

 

 

 

数ある仕事

 

 

 

その中で働く人 全員が全員 「その仕事に直接的に興味を持ち働き始めたか」と考えると

 

 

 

そうでもないって方も結構いるんじゃないかなぁ

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

【週刊 高齢者住宅新聞 2020911日】

 

厚生労働省が所管する公益財団法人介護労働安定センター(東京都荒川区)はこのほど、毎年10月に実施している「介護労働実態調査」の2019年分の結果を公表した。回答した全国9126事業所のうち、介護職員の不足感に関して「大いに不足している」「不足している」と答えた事業所は69.7%にのぼり、同調査では過去最悪の結果となった。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

世の中には

 

 

 

無いと不便だけれども、〈直接的〉に人の命には関わらない仕事

 

 

 

無いと〈直接的〉に人の命に関わる仕事

 

 

 

がきっとあって 介護は間違いなく後者にあたる

 

 

 

人の命に関わるなんていうと

 

 

 

不安の方が強くなるかもしれないが

 

 

 

それ以上に

 

 

 

生ある時間を支え 最期を見届ける事ができる という事は

 

 

 

この仕事の素晴らしさの一つでもある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護に足を踏み入れる きっかけ なんてなんでもいい

 

 

 

足を踏み入れた後に頑張る という事はどの仕事でも同じ

 

 

 

足を踏み入れた後に悩む という事もどの仕事でも同じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍だからこそ

 

 

 

この仕事に興味を持ち

 

 

 

より多くの人が

 

 

 

介護という仕事をする中で

 

 

 

キラキラと輝いていってくれればなぁ

 

 

 

なんて思いながら 

 

 

 

雨風が強まる前に

 

 

 

今日は帰路につくこととします

 

 

 

台風14号 皆さんもお気をつけくださいね

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

 

生姜湯ってご存じですか?

 

 

 

今日、会議を行っていて職員さんが「寒くなってきたし入居者の皆さんも温まると思って」と提案してくれました。早速、皆さんに体の芯から温まっていただこうと思います。

 

 

 

コロナ禍でも出来る事。探せばたくさんありますよね。

 

 

 

引き続き模索していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

 

 

 

環境

2020.07.25. / Posted by otake

開設前から苦労を共にしてきた責任者たちと

 

 

 

久しぶりにゆっくりと話をする機会があった

 

 

 

「あの頃は〇〇だったよね」

 

 

 

思い出を共有している仲間との会話にはたくさんの花が咲く

 

 

 

呼吸困難になるくらいにも笑った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに話をして感じた事

 

 

 

やっぱり思い出を共有している仲間との会話は楽しいな

 

 

 

これが1

 

 

 

もう1つは

 

 

 

学びを与えてくれる仲間との会話は最高だな という事

 

 

 

話をしていると

 

 

 

「へぇ~」 「なるほど」 「そうなのか」

 

 

 

感心する機会が非常に多い

 

 

 

同じ立場として自分には無い考えを持った人達が周りにいるという事は

 

 

 

とても幸せな事だなと改めて感じた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定年まであと20年…(長い)

 

 

 

どうせ働くのであれば

 

 

 

学べる環境

 

 

 

成長できる環境

 

 

 

そして笑える環境

 

 

 

の方が絶対に良いですからね

 

 

 

有意義な時間を過ごさせてもらいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

 

 

コロナで外出ができないので

 

 

 

ケーキとささやかなプレゼントで

 

 

 

誕生日の方のお祝いをしました

 

 

 

4月に入職した新卒の子が一生懸命になり企画を考え

 

 

 

入居者の方も喜んでくださいました

 

 

 

コロナ禍でもできる事

 

 

 

これからも探していきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

約束①

2020.06.19. / Posted by otake

【新卒との約束】

 

 

 

今年度から18歳の子が2名、僕のフロアで介護職員として働いている。

 

 

 

高校を卒業したてのキャピキャピ(死語?笑)の18歳だ。

 

 

 

新入職員研修の時、講師としていくつかお話をさせてもらったのだが、その時に贈った言葉の一つ。

 

 

 

「仕事で悩んだ時、仕事が嫌だなと思った時こそ仕事に来よう」

 

 

 

うまくいかない事もたくさんある。そんな時に仕事を休む。そうすれば次に来た時に、うまくいかなかった事がうまくできるようになるか?そんな事はない。

 

 

 

仕事が嫌だなと思った時に休む。いわゆる「ズル休み」ってやつ。これこそ何の意味もなさない。自分にとっても周りにとっても、長期的な視野で見ると何も良い事がない。

 

 

 

社会人としての責任とは仕事をしっかりと行う、ではなく、しっかりと行う事ができるようにまずは与えられた勤務に出勤する事。これが一番の責任であると僕は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、1人の子が「ちょっとプライベートで嫌な事があって行きたくないなと思ったんですけど、来たら来たで仕事も覚えられたし良かったと思いました」なんて事を言ってくれた。

 

 

 

嬉しい言葉だ。講師として資料を作成し、使う言葉を考え発した甲斐があったなと。

 

 

 

2名とも一度も休む事なく、体調管理もしっかりと行いながら、今日も必死に仕事を覚えている。

 

 

 

さぁ、もう少しで3か月が経過。先輩から巣立ち1人での勤務が待っている。大きな不安を感じているようだが、その不安が自信に変わる瞬間でもある。

 

 

 

これからも僕との約束を忘れず、この仕事に就いた頃の気持ちを忘れず頑張っていこうね。

 

 

 

素敵な専門職となれるよう、先輩たちも全力で支える事をお約束します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

優しさに触れる

2020.04.27. / Posted by otake

面会禁止という事もあり、ご家族から「お婆(爺)ちゃん、様子どうですか?」とのお電話をいただく事も多い。

 

 

 

日常の様子をお伝えすると、どのご家族からも最後に「毛呂さんはじめ、職員の皆さんも大変でしょうけど無理しないでくださいね」とのお言葉をいただく。

 

 

 

身内に会えない辛さがあるにも関わらず、ご自身も日常生活の中で制限されている事があるにも関わらず、そのような優しいお言葉をいただくと「頑張ろう」と思える。

 

 

 

自分も含め周囲に感染者もいなく、不謹慎とお叱りをうけるかもしれないが、そんな「優しさに触れる機会」をこの期間は与えてくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

マクドナルドのドライブスルーを利用した。本来であればマイク越しに注文の品を伝え、先にある窓口でお金を払い商品を受け取る仕組みなのだが、その日はなぜかはわからないが外に店員さんが出ており、注文をする、お金を支払う、といった仕組みになっていた。

 

 

 

その日はとても暖かい日で、立っている店員さんは常に陽向にいるような状態。コロナ対策なのかな、大変だなと思い「暑い中、大変ですね。無理しないでくださいね」と声をかけると、「ありがとうございます。お客様も感染には十分にお気を付けください」とのお言葉をいただいた。

何だか少し心が温かくなった瞬間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナウィルスが奪っていったものは沢山ある。今後、奪っていくものも沢山あるかもしれない。

けれども、こんな時だからこそ「人同士の関わり」「人が持つ本来の優しさ」を真剣に考えてみるのも良いな、と思う。与えられたもの、気づかされるものもきっと沢山あるはずだ。

 

 

 

優しさを持ち合わせた人たちが協力しあう事により、より早い収束へとつながっていくのだろうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWを「がまん ウィーク」と略すらしい。

我慢の先には明るい未来が待っている事を願い。

 

 

 

 

 

 

 

Stay Home

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで協力し合い、より早い収束に向け頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

 

 

 

 

 

 

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 28 | 29 | 30 || Next»
当事者意識
絵馬に願いを
回顧 ~ 4階 ~
強く~ なれる~ 理由を知った~♪
提案
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2021年 01月  >
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
2021年01月 [3]
2020年12月 [8]
2020年11月 [4]
2020年10月 [4]
2020年09月 [3]

PAGE TOP