スタッフブログ

私も母も幸せでした

2019.11.09. / Posted by otake

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

 

                                       - ネイティブアメリカンの教え -

  •  

  •  


  •  

 

 

先日、ある方が看取りでお亡くなりになった。

最期はご家族に看取られ、眠るように天国に旅立っていった。

お亡くなりになったのち、ご家族がこんなことを言ってきた。

「最期はあっという間に訪れました。母が穏やかそうな顔で眠るように旅立った事、本当に幸せだと思っています。きっと母も幸せだったと思います。私も母も幸せでした。ありがとうございました。」

笑顔でこうおっしゃっていた。

 

 

 

 

ネイティブアメリカンの教えとは真逆ではあるが、周りの人が涙を流すことがご本人にとって「幸せな人生だった」と = で結ばれるとは限らない。笑顔で最期を迎えることもありなのだなと。

 

 

 

 

 

ただし、振り返らなければいけないことはたくさんある。

食事の時になかなか口を開けないご本人に対して「食べさせなければいけない」という意識のもと、食事を介助していくことが本当に良かったのか。

栄養を摂り命永らえたその先に、どんな楽しみや幸せを提供できただろうか。

看取りへの判断時期は本当に適切だったのか。

そもそもご本人は、食事を食べること、おたけの郷での生活に対し何を思い感じていたのか。

etc…

 

 

 

 

 

何を思っても答えは出ない。仮に答えが出たとしても、それはあくまで自分の価値観でしかなく、万人に共通する正解ではない(ことがきっと多い)

 

 

 

 

正解がないということは、逆に考えれば、探し続けることが正解なのだと思う。

 

 

 

 

 

ご家族が言った「私も母も幸せでした」 素敵な言葉をいただけたことは、自分たちの自信に繋げて良いこと。

 

けれども、それが正解だったと思わずに正解を探し続けることは惜しまずに行っていかなければと思う。

 

きっとどの仕事もそうなのだろうから。    

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

相談があるんだよ

2019.11.03. / Posted by otake

ある日の朝10

 

 

 

Aさんからナースコールがあったので訪室すると

 

 

 

「毛呂さん。相談があるんだよ」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実はね、この前一緒に写真を撮った人たちとね、お酒を飲みたいんだ。でもね、無理ならいいんだよ。無理行ってみんなを困らせるのは嫌だし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさん。先日お誕生日だったので、その日にいた女性陣と一緒に写真を撮ったんです。

 

 

 

その(とっても素敵な)女性陣と一緒にお酒を飲みたいんだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けれども問題が一つ。

 

 

 

それは「Aさんは胃ろうという状態にある」方ということ。

 

※胃ろうとは…腹壁、胃に直接穴を開け管を通し、その管から栄養剤や水分、薬等を摂取していただく事。口から物を食べられない方や、食べてもむせこみが強く肺炎のリスクが高い方などに用いられることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に言ってしまえば、まず頭に浮かんだのは

 

 

 

胃ろうという状態にあるAさんが果たして「飲み会」を行うことができるのか?

 

 

 

お酒を「飲む」という行為が可能なのか?

 

 

 

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けれども、それは無理だという医学的な根拠を僕には見出すことができません。

 

 

 

だったら「どうすればできるか」という方法を模索し、Aさんが大好きな(女性 笑)職員さん達と楽しい時間を過ごせるようにしてやろうじゃないか!と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさんはご自分が胃ろうという状態にあるということを理解されています。

 

 

 

それでも勇気を出し僕に相談してきてくれたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさんの願いが叶うように広く深く考えるから

 

 

 

もう少しだけ待っててね。

 

 

 

またブログで「素敵な飲み会」のご報告ができるよう頑張ります!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

何の変哲もない

2019.10.25. / Posted by otake

近くの警備員さんと談笑。

 

 

 

何の話をされてるんですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くのスーパーで大量のプリンを購入。

 

 

 

いくら何でも買いすぎでは…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻ってきてチョコモナカジャンボを頬張る。

 

 

 

さらに追加で買ったのか(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の写真です。何の変哲もない。

 

 

 

パソコンに取り込まれた写真を見た時に

 

 

 

あまりにも普通すぎて笑ってしまったので載せました(笑)

 

 

 

オチも何もなくてすみません。

 

 

 

強いて言うなら

 

 

 

より多くの人が共感する普通って素敵ですよね、って事です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

葛西臨海水族園へ

2019.10.06. / Posted by otake

本当は夏の間に行きたかったのですがなかなか予定が立てられず…

 

 

 

ようやく葛西臨海水族館に行ってきました

 

 

 

 

 

 

 

入居者の方々(計3名お連れしたのですが) 行く前は

 

 

 

「行ってみたいけど水族館でしょ~」なんておっしゃっていましたが

 

 

 

着けば興味津々

 

 

 

ペンギン マグロ 珍しい魚たちを眺め

 

 

 

とても楽しそうにされていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りの車中

 

 

 

「毛呂ちゃん(って呼ばれてます)次は美味しい中華料理が食べたいな。中華街連れてって!」と(笑)

 

 

 

行きたいの欲 希望 望み

 

 

 

大切にしたいので行ってきます

 

 

 

いつになるかはわかりませんが

 

 

 

行ったらまたブログでご報告させていただきますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

チャンピオン来たる!

2019.10.04. / Posted by otake

僕のフロアには元プロボクサーの方がいるのですが

 

 

 

そのお知り合い(後輩)の現役チャンピオンが

 

 

 

本物のベルトを持っておたけの郷にきてくださいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勅使河原(てしがわら)弘晶さん

 

WBOアジアパシフィックバンダム級王者。

44OPBF東洋太平洋スーパーバンダム級王者

 

 

 

とても気さくで

 

 

 

とても礼儀正しく

 

 

 

とても強く優しいチャンピオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入居者の方々にも丁寧に目線を合わせ

 

 

 

一人ひとりに声をかけてくださっていました

 

 

 

 


 



 

 

 

 

 

 

 

僕のような雇われ人とは違い

 

 

 

自分が少しでも努力を怠れば食べれなくなる(生活できなくなる)

 

 

 

そんな厳しい世界でも「自分は世界チャンピオンになるって決めてるから」

 

 

 

と真剣におっしゃる姿を見て

 

 

 

思わず涙が出てきてしまい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は職員と一緒に一枚

 

 

 

 ※真ん中のベルトを持っている人がチャンピオンです

 

 

 






 

次は世界のベルト持って遊びにきてくださいね!

 

 

 

応援しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

言葉

2019.08.19. / Posted by staff

7/9~ 僕のフロアで働いているベトナムから来た技能実習生のD君


 

 

 



1ヶ月が経過し

 

 

 

入居者の方々への食事介助や排せつ介助は上達

 

 

 

日本語も随分と上手になってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

D君もたくさんの事を学んでいる最中だが

 

 

 

受け入れている僕らも実は多くの事を学ばせてもらっている

 

 

 

その中の一つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【言葉ってさ、相手の事を考えて発するものだよね】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ながら僕らが普段話すようなペースで話してもD君にも伝わらない

 

 

 

だから、どうすればD君が理解しやすいかを考え言葉を発する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人対人の基本でもある「相手の事を考える」

 

 

 

職員同士、対入居者の方々、だけではなく

 

 

 

自分の人生においてもとても重要な事

 

 

 

自分が相手の事を思いやるからこそ

 

 

 

相手も自分の事を思いやってくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字でのコミュニケーションが主流になっている今だからこそ

 

 

 

相手の事を考え言葉を発する

 

 

 

大切にしていきたいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

 

ちょっと天気が悪かったのですが

 

 

 

浅草寺までお参りに行ってきました


 

 

 





外国の方がとても多くビックリしました

 

 

 

様々な国の方と接する事により

 

 

 

自分の価値観が広がり

 

 

 

自分の心も広がっていく

 

 

 

そして

 

 

 

そんな成長した人が広がっていく日本となっていくと良いですね

 

 

 

僕も広く大きな人間になれるよう頑張ります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

2つ おめでたい事

2019.07.29. / Posted by otake

①中村理学療法士の実践が、おはよう21 9月号に紹介されました。

 

 

 

『あなたの介護が状態を悪化させる!? 知らないと危険な誤用・過用症候群』

 

ぜひご覧ください!

 

 

 

 

 

 

②斎藤責任者の結婚式に参加してきました!

 

二人とも素敵な笑顔で、普段見る事のできない斎藤さんの幸せそうな表情に、責任者一同、感動の嵐でした。

 

幸せパワー 仕事で発揮してもらいましょ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

7/20 足立の花火

2019.07.21. / Posted by otake

天候も心配されましたが

 

 

 

無事開催されました

 

 

 

例年通り 屋上には多くの方々が集まり

 

 

 

 

 

 

各ユニットからもこんな感じで

 

 

 

 

 

 

皆さん 夏の風物詩を楽しまれていました

 

 

 

来年もみんな元気に 一緒に見ようね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

3姉妹と書いてねと言われたので(笑)

 

 

 

 

 

 

職員さんの娘さん2人(18歳 16歳)が僕のフロアで働いています

 

※3名のうちどれかがママです(笑)

 

 

 

歳の差 約70歳~80歳

 

 

 

若いうちから高齢者と関わるという事は

 

 

 

いつか大きな財産になると思います

 

 

 

色々な事を感じ学んでくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

 

 

 

 

 

米を研ぎ 味噌汁を作る

2019.07.17. / Posted by otake

米を研ぎ 味噌汁を作る 

 

 

 

という事を再開した



 

 








 

開設当初は当たり前のように行っていた事

 

 

 

しばらく「お休み」していたが

 

 

 

いくつかのユニットで「再開」している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年をとったら何もしたくない

 

 

 

料理なんて若い頃に散々やってきたんだから

 

 

 

老後はそんな事から解放されノンビリ暮らしたい

 

 

 

という人もいる

 

 

 

ひとつの意見としてはアリだが

 

 

 

その意見が全てではない

 

 

 

その証拠に入居者の皆さんは

 

 

 

それやるぞ!とばかりに

 

 

 

米を研ぎ 味噌汁を作る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米を研ぎ 味噌汁を作るという行為に

 

 

 

「役割」とか「リハビリ」とか「生き甲斐」とか

 

 

 

そんな小難しい言葉を当て嵌める必要はなく

 

 

 

「生きていくうえで当たり前の事」として

 

 

 

米を研ぎ 味噌汁を作っているように見える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ取り戻していきます

 

 

 

開設当初に行っていた事を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるべき事をしっかりやって

 

 

 

やりたい事もどんどん進めて

 

 

 

専門職のプライドにかけて

 

 

 

活きて、生きる姿を取り戻していこうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

 

 

 

 

 

 

 

役割

2019.06.27. / Posted by otake

僕のフロアで働くTさん

 

 

 

担当業務はよく言う「身体介護」等は行わず

 

 

 

僕たちが心地よく働く事ができるよう

 

 

 

日々、環境整備を行ってくれている

 

 

 

Tさんの環境整備は完璧で

 

 

 

Tさんが整えてくれているからこそ

 

 

 

僕たちは気持ちよく働くことができるといっても過言ではない

 

 

 

そんなTさんが僕にある提案をしてくれた

 

 

 

その提案は「主婦ならでは」の視点から生まれた素晴らしいもので

 

 

 

僕なんかが思いつくような事ではなかった

 

 

 

Tさん、ありがとね。俺だったらそんな事絶対に思いつかなかったよ」

 

 

 

Tさんに伝えると

 

 

 

「全然大したことじゃないですよ。毛呂さんは毛呂さんにしかできない事もあるじゃない」

 

 

 

Tさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰にでも得手・不得手はある

 

 

 

それぞれが得意分野を発揮し

 

 

 

それぞれが不得意分野を補いあう思考と行動を持っていれば

 

 

 

それぞれの役割を遂行していけば

 

 

 

きっとチームは機能していくという事を

 

 

 

改めて気づかせてくれたTさん

 

 

 

皆さんの役割はなんですか?

 

 

 

僕は僕の役割をしっかりと遂行していこうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也

 

 

 

 

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 26 | 27 | 28 || Next»
私も母も幸せでした
相談があるんだよ
何の変哲もない
葛西臨海水族園へ
チャンピオン来たる!
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2019年 12月  >
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
2019年12月 [1]
2019年11月 [3]
2019年10月 [4]
2019年09月 [6]
2019年08月 [5]

PAGE TOP