スタッフブログ

北風と太陽

2021.08.31. / Posted by otake

 

ここ数日は暑い日が続いていましたが、徐々に秋の空になってきました。

23年前までは、夏になると冬が恋しくなり、冬になると夏が恋しくなっていた自分がいましたが、現在は特にイベントごともなく、季節を感じる機会が少なくなっています。

 

入居されている方々は、より季節を感じる場面が少なくなっていると思います。

そんな中、少しでも季節を感じていただけるようにと、かき氷を作ったり、夕方散歩に出掛けたり。

日々職員さんが気づき行動してくれることに感謝しています。

 

 

さて、

北風と太陽というタイトル。一度は耳にしたことがあると思いますが、どんな内容か覚えていますか?

 

私は、内容が思い出せず。

youtube で動画を見るのですが、いい子守唄となってしまい、必ずと言っていいほど終盤部分で寝てしまう。

そんなことが何度か続き、先日ようやく最後まで動画を見ることができました。()

 

 

内容はすごくシンプルで

北風と太陽が旅人の上着をどちらが先に脱がせるかを勝負するお話

 

 

冷たく厳しい態度で接すると人は頑なになるが、温かく優しい気持ちで接すると人は自ら行動してくれる。

また、その時の状況によって対応を変えることの重要性を教えてくれるお話でした。

 

認知症の状態にある方の支援を行う上で、いろんな悩みも出てくる。

北風と太陽のような簡単な話ではないが、人と関わるうえで根本となることを改めて考えさせられた気がします。

 

 

 

 

暑い日が続きますが、頑張っていきましょう!

 

 

それではまた。

 

 

いい時間

2021.08.04. / Posted by otake

突然の雨の後に職員さんが

「虹が見えますよ!」

 

 

みんなで見た虹に少し感動

 

 

 

晴れた日に散歩をしていたら、空を見上げた入居者の方が一言

「綺麗ね~」

 

 

何とも言えない表情で空を見つめている

 

 

だいぶいいこの時間

 

 

職員さんにとっては何気ない日々の関りかもしれないが、それってすごく大切なことだと思う。

職員さんに感謝です。

 

 

 

私の祖母が入居している特別養護老人ホームでビデオ面会

「大きくなったこと~」と変わらない笑顔のおばあちゃん

 

 

久しぶりのいい時間

 

 

おたけの郷でもビデオ面会を行っていますが、顔を見ることで安心につながることを実感。

 

 

 

「多くの人は1年でできる事を過大に見積もる。

なのに、20年、30年でできる事は低く見積もる」

 

誰かが言っていた言葉を見つけて

自分を見つめ直すこの時間は、きっといい時間

 

 

 

日々を振り返ると、「いい時間」ってたくさんあるなぁ~。

 

 

さて、今回は日常を切り取った「いい時間」のお話でした。

 

皆さんは最近「いい時間」ありましたか?

 

 

ではまた

灯りをともそう

2021.06.18. / Posted by otake

あきらめないでどんなときも

君ならできるんだどんなことも

今世界にひとつだけの

強い力をみたよ

 

サンボマスターのボーカル山口さんは、私と同じ福島出身。

 

どうもこんにちは。2階フロアの齋藤です。

 

最近、社会全体でネガティブな話題を目にする機会が増え、心までネガティブにならないように気をつけなきゃと思う今日この頃。まぁネガティブのすべて悪いわけではありませんが、後ろ向きよりもいいですよね。

 

4月に新しい職員さんが2名入り、もう2か月が過ぎようとしています。皆さん前向きで、これから先がとても楽しみ。

日々頑張っている新入職員さんの「できる」が増えていく姿をみると、とてもうれしい気持ちになります。本人の努力はもちろんですが、「できる」を増やすために職員さんたちが一生懸命関わっている姿を見ると、ただただ感謝でございます。

 

 

 

~新入職員さんとの夜勤のお話~

30分ほど時間が必要なAさんの就寝支援を行う前に・・・

 

齋藤「今日はAさんの就寝支援を僕も一緒に付こうか、一人でやってもらおうか悩んでるんです。」

 

職員さん「今日は一人でやってみます。」と即答。

 

いざ、就寝支援の時間になり・・・

Aさん「齋藤さんいないとダメだ。あの人じゃできないよ。」

 

齋藤「もう大丈夫だよ。大丈夫。急な会議が入ったからごめんねっ。」とちょっと強引にその場を離れる。

 

居室の小窓からそーっと覗いて見守っていると

 

「あんたできんの!?できないよ!齋藤さんは?」と何度も職員さんに聞いていたAさんだったが、いざ就寝支援に入るとベテランさんのような動きでAさんも安心しきった様子。

 

 

僕が一緒に付いていたときは、かなり手厳しいお言葉を頂いていたが、

今日は「あんたは優しいから大丈夫。上手だったよ。ありがとー」と優しい表情のAさん

 

 

「できた!!」

 

 

居室から出てきた時の職員さんの清々しい表情。

 

とても素敵でうれしい気持ちになりました。

 

 

 

僕がそばにいることで、職員さんの成長を邪魔しないようにしっかり見極めないといけないな。またひとつ勉強になりました。

 

 

 

できないことがあるのは当たり前

何ができるようになったかを振り返ってみて

 

 

 

何も実らなかったなんて悲しい言葉だよ

心を少しでも不安にさせちゃダメさ

灯りをともそうーーーーー!!

 

 

 

ポジティブを伝染させよう。それではまた。

回顧 ~ 5階 ~

2020.12.30. / Posted by otake

 

もーういくつ寝るとーお正月―

来年は「今日は何人?」と確認する日々が一刻も早く終わることを願っています!

どうも、齋藤です。

 

 

~回顧~

今年は新卒者4名がおたけの郷に入職し、みんな元気に働いています。僕が新卒として就職した時は3.11の東日本大震災があった年でした。その時は1か月入職が遅れただけでしたが、今年の新卒者は本当に大変な1年だったと思います。

学生から社会人という立場に変わり、プライベートでの楽しみは減り、それでも一生懸命仕事を覚えて、日々成長している。これからもみんなの成長を応援していくからね!

 

 5階フロアでは、僕が不在中にも他職種に情報を共有し、コロナ禍でも出来る事を模索しながら、入居者の方の生活を支えてきたと思います。1に感謝、2に感謝、3.4が無くて5に感謝。感謝の思いでいっぱいです。これからも続く日々をより豊かにするために、5階、おたけの郷の風土をより良いものにして、入居者の生活をみんなで支えていきましょう。

 

 最後に、僕個人を振り返ると、例年よりも多くの職員さんと関わることができた1年でした。人生の中で人との出会いは、自分を成長させてくれます。一人ひとりの思いや考えを知ることで、時には反省したり、時にはやる気を頂いたり、凝り固まった頭をほぐしてくれたり。多くの事を学ぶことができました。これからも出会いを大切にしていきます。

 

 

因みに、プライベートで1年を振り返ると、一番うれしかったのはこれです。

約7年ぶりの再会。

 

 

 

 

 

ピンチはチャンス。さぁ、来年はどんな年になるでしょうか。楽しみですね!!

 

 

リトルバード

2020.06.27. / Posted by otake

朝顔を見るたびに、成長のスピードに感心している。今日この頃。

 

 

 

Don’t worry about a thing

Cause every little thing gonna be alright

 

BOB MARLEYThree Little Birdsより

 

大丈夫 心配ないよ

どんな小さなことでも上手くいくから

 

最近は、夏本番も近づいているので、レゲエの神様ボブマーリーの曲をよく聞いています。どうも、齋藤です。

 

 

 

 

~ポジティブなお話~

 

新卒のKくん

 

Kくんは新卒研修から明るく、色んな話を私にしてくれました。

 

ある日、排せつ支援がうまくできないんです。齋藤さん教えて下さい。と元気がない様子。

どんな所ができないかを聞き、後日排せつ支援の様子を見に行くと…。

 

できてるじゃん。

おむつ交換に集中する余り、入居者の方への声掛けが抜けてしまう事があっても、丁寧でしっかりできている。

 

大丈夫。

後は、元気に働くことが大事だよ。K君らしく元気出して^^

そう声を掛けると、笑顔が戻りその後は元気に入居者の方とお話をしていました。

 

 

 

新卒のOさん


何か困っている事はない?と聞くと

移乗支援が難しくて…。とOさん


入職当初、部活でソフトボールをやっていたことから、理論的な指導よりも「スッと、フワッと、クルーっと」みたいな長嶋茂雄式の感覚的な指導が良いと言っていたので、そのようにコツを教えると、すぐに出来るようになる。


細身のため、一人では難しいかな。と思っていた支援もいつの間にか習得している。


本当にすごいよ。

 

 

 


みんなのすくすく成長する姿は見ていておもしろい。

いつの間にか頼もしい職員さんになるんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

これから先不安になる事もあると思う。

 

でも大丈夫。心配ないよ。どんな事でも、上手くいくから。

 

 

 

 

 

伸びしろですね!!! by本田圭佑??

 

 

 

 

 

流石の桜

2020.04.24. / Posted by otake

何でもないようなことが幸せだったと思う~

今朝職員さんと一緒に歌って、

「確かにそうだよね~。虎舞竜すげーなー。」と大笑い。

 

 

東京の桜はすでに葉桜になりましたが、北海道はそろそろ開花するころです。

 

先月、5階リーダーさんの企画が大好評だったのでご紹介いたします。





 

 

 

 

 

終わった後は、他の階にもお裾分け。皆さん喜ばれたそうです。

 

 

 

通常の食事の場面も、環境が変わるとこんなに豪華に変わる。

 

何を食べるか。誰と食べるか。どこで食べるか。

 

そしてもう一つ、どんな環境で食べるのか。それも大切だと改めて気付かせてくれました。

 

 

大変な時期ではありますが、アイディアひとつで環境は変えることが出来ます。

 




また書きます

桜の季節

2020.03.19. / Posted by otake

しかし先日は、東京でも雪が降りましたね。

皆さんに「雪降ってるよー!」と声をかけると「えっ?!」と驚いた様子で、皆さん窓の外の風景に釘付けになっていました。

私も久しぶりに見た雪にテンションが上がり、一緒にいつまでも眺めていたい気持ちになりました。

 

駐車場にあるおたけの郷のシンボルツリー?もきれいに咲いていますが、

今のところお花見に行くこともできないので、5階ユニットでは昼食時に桜の木や桜模様の装飾を利用して、簡易お花見を行います。

 

いろんなアイディアがある中で、一つでも多く実践しようとする職員さんの姿がとても頼もしくみえます。

 

あれがしたい。これがしたい。という想いを現実にする力。伸びしろですねー。

 

 

それではまた。

回顧 ~ 5階 ~

2019.12.30. / Posted by otake

今年も明日で終わり

 

毎年思うことですが、あっという間に一年が過ぎていきますね。

今年を振り返ると、公私ともにいい一年でした。

 

 

5階フロアでは、米炊きが再開し、少しだけ当たり前の生活を取り戻すことができました。また、職員さんの企画イベントが増えたことにより、去年よりも入居者の方に楽しみの時間を作れたように感じます。

 

個人的には、ベトナムへ行き技能実習生の面接や家庭訪問をしたり、台風で被害に遭った福島のグループホームへお手伝いに行ったりしました。今年も多くの出会いを作って頂きました。ありがとうございます。

また、プライベートでは無事結婚し、新たなスタートを切ることができました。

 

 

 

「竹は人生と一緒で、節目がなければすぐに腐って倒れてしまう。これはお前の新しい節目だ。よかったな。」

これは、家出をした僕に父が言ってくれた言葉です。

 

 

節目を迎える度にこの言葉を思い出します。

 

 

最近は、仕事にも節目が必要だなぁー。と感じることが多くなりました。

来年も、今より進化できるように、停滞しないように、時には無理やりにでも節目を作っていきます。

大きく成長するために、来年も頑張りましょーう!!

 

 

それではみなさん

よいお年をお迎えください。

 

 

続きを読む

金木犀

2019.10.14. / Posted by otake

こんにちは

 

先日、利用者の方と浅草へドライブ&散策に行ってきました。

 

全員が車に乗り込み、「よし、出発しよう!人轢いちゃったらごめんね!」とブラックジョークを言うと、噴き出す利用者の方。

その後も、街並みを見ながら「ここには昔〇〇があったよねぇ。」「ここのウナギ屋さんがおいしいんだよ。」などと会話を楽しみました。

 

浅草に到着後は、仲見世通りで買ったお饅頭をほおばりながら、ゆっくりとした時間を過ごしました。

帰りは、車の中で「東京音頭」を大合唱。繰り返し大合唱、大合唱。

 

 

『花の都の 花の都の真ん中で サテ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ

 

あまり知らない歌でしたが、今ではお気に入りの一曲になっています。

 

 

 

街には金木犀の香りが溢れ、ますます外の空気が冷たくなってきました。

散歩をするには、とても気持ちのいい季節ですが、外出時には温かい格好でお出かけください。

 

それでは。

痛てぇ

2019.08.27. / Posted by otake

 

何でもないような事が幸せだったと思う・・・。

 

 

皆さんこんにちは!

 

 

口の中に火傷?のような傷ができてしまい、まともに食事が取れていない齋藤です。

 

 

空腹を感じていても食事が取れないのってすごく辛いですね。

 

 

傷は口蓋という場所に出来ているのですが、水分や食べ物を飲み込む時にちょうど舌がぶつかる場所です。

痛みを感じるたびに、飲み込む際の口腔内のメカニズムを痛感しています。


 

 



興味がないと思いますが、

口の中が治ったら、食べたいものベスト3を一応発表しておきますね。

 

1位 カレーライス(チーズとチキンカツをトッピング)

2位 グラタン

3位 味噌バターコーンラーメン

 

 

 

『皆さんの食べたいものは何ですか?』

 

 

 

話は変わりますが、

 

昨日5階フロアでパンケーキイベントを行いました。

 

写真を載せておきますね♪








それでは!




«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
北風と太陽
いい時間
灯りをともそう
回顧 ~ 5階 ~
リトルバード
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2021年 09月  >
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
2021年09月 [1]
2021年08月 [8]
2021年07月 [7]
2021年06月 [7]
2021年05月 [3]

PAGE TOP