スタッフブログ

時間泥棒

2021.12.15. / Posted by otake
緊急事態宣言が解除され、もうすぐ3ヶ月が経過しようとしています。
 
 
が、こういった仕事をしていると、なかなか人の多い場所に出かけたり、会食したりといった気持ちにもなれず、まだまだ宣言が継続しているような感じです。
 
それでも色々なところで、規制は緩和されてきており、我が家のこどもたちが通う小学校では、昨年の2月の第1波の頃から中止になっていた公開授業が7月から再開、今月からは人数制限なしで行われるようになりました。
 
 
3年生だった息子が、もう5年生。
よその子の成長は早いとよくいいますが、この1年半見ないうちにクラスの子供たちの成長は目まぐるしく、私よりも大きくなっている子がたくさんいることには驚かされました。
1年半のこの時間って、本当に大きい。
 
先日、こんな記事をみつけました。
認知症の妻を介護している男性からの投稿◆
男性には10歳年上の妻がおり、10年ほど前より妻が認知症になり、在宅での介護を続けてきたそうです。ですが在宅での介護が限界となり、数年前、やむなく妻に介護施設に入所してもらい、入所後は毎日面会に訪れていたとのことでした。
しかし、新型コロナの拡大により昨年の2月より面会ができなくなってしまいました。
その時に言った男性の言葉がとても心に残りました。
「認知症の妻が僕のことをわかる時間は残りわずか。僕たち夫婦にとっては本当に貴重な時間なのに、それがどんどん奪われていく。コロナは『時間泥棒』だと思うんですよ。」
 
子供の成長は目に見えてわかりますが、高齢者の老化ってなかなかわかりづらい。
 
おたけの郷でも、11月から1年10ヶ月ぶりに対面での面会が再開され、毎日予約が入り久々のご家族との再会が行われています。事務所で仕事をしていると色々な声が聞こえてきます。
「元気だった?」「元気でよかったー!」などの嬉しい再会もあれば、
「おかあさーん。〇〇よ。娘よ!」
「忘れちゃったの?」
「起きてー!眠いのー?」
と途中で面会を断念する姿もあり、複雑な気持ちになることが多々あります。
 
オミクロン株が拡大せず、感染終息を祈るばかり。。。
そのためにも、引き続きおたけの郷では職員一同で感染対策に尽力しております!
 
 
 
居宅介護支援事業所  林 稔梨 
Category : 総合掲示板

沢山の「もの」をいただいています。

2021.11.27. / Posted by otake

居宅介護支援事業所の介護支援専門員の田尻です。

 

「ケアマネの仕事って大変じゃない?」と聞かれることがあります。そんなイメージが

あるんですかね?この仕事をはじめてもうすぐ3年目となる、まだまだ未熟な私のお仕事の話をさせていいただこうと思います。

 

毎月1回、ご利用者様宅にモニタリング訪問をさせていただきます。

「毎月、家に人が来るなんて嫌だわ」と正直、思われている方もいらっしゃるかもしれませんがモニタリングは必要な業務の一つなのです。

 

先月、モニタリング訪問した際「睡眠薬を止めたいと思っているんです。人から飲み続けたら良くないと言われたんですけど飲まないと不安なんです・・・」とAさん。

「飲まずに寝れるならその方が良いですね。でも寝れないのは困りますねでは、止めるにはどういしたら良いでしょうね」と私。

A子さんと相談し「毎日、飲まずデイサービスへ行く前の日だけ飲んでデイサービスへ行った日は疲れて眠れるかもしれないので試してみませんか」とご提案をさせていただきました。

 

今月の訪問時、「先月の訪問された日から、睡眠薬を止めれたんです。数日はつらかったけど今は良く眠れています。早くこの話をしたくて来るのをお待ちしていました」と笑顔でお話ししてくださいました。

 

体重が減らなくてね・・と食事ノートをつけ報告してくださる方、血圧ノート・デイサービスの活動報告を見せ「こんな事をしてきましたよ」と報告をしてくださる方、入院先から電話をしてくれて様子をお話ししてくださる方。人生の先輩であるご利用者様から沢山の「もの(学び刺激など)」を頂ける仕事なんだなと実感しています。

 

荒川区ではケアマネジャーが減少しているそうです。私の話しからは、良さややりがいが伝わりづらかったかもしれませんんが、一人でもこの仕事に興味をもっていただけたら幸いです。

Category : 総合掲示板

施設長ブログ 【解禁!】

2021.11.16. / Posted by otake

緊急事態宣言も明け、感染者数も減少傾向にある事から、法人として「近隣への買い物は可!」とのお達しが出たので、早速入居者の方をお連れし近隣のコンビニに行ってきました。(僕ではないですよ。現場の職員さんが、です)

 

 

 

自分で商品を選びカゴへ。自分の財布からお金を出し支払う。

 

 

 

そして持ち帰って食べる(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちにも少しずつ日常が戻ってきました。

 

 

 

入居者の方々にも「日常を取り戻す」ために、しっかりと感染対策を行いながら日々関わっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛呂征也

Category : 総合掲示板

日本人はお風呂が好き

2021.11.02. / Posted by otake

居宅介護支援事業所おたけの郷で介護支援専門員として勤務しております遠藤です。

 

私、以前は訪問入浴介護に従事しておりました。

 

訪問入浴介護は利用するかたの自宅に浴槽を持って訪問し、お湯をためて入浴の介助をおこなうサービスです。

 

利用する皆さん本当に喜んでくださり、とても感謝してもらえるサービスでした。

 

その時よく感じていたことは「日本人は本当にお風呂が好きだな」と言うことです。

 

なかには断固入浴拒否をされるかたもいらっしゃいましたが・・・。

 

私も無類のお風呂好きで年齢を重ねて入浴に介助が必要になってしまっても、毎日お風呂に入りたいのです。

 

自分に介助が必要になる30年40年後には介護ロボットが望みを叶えてくれているかもしれませんが、今はやっぱり人の手が必要です。

 

入浴介助に関わらず介助が必要になってしまったかたへの日常の介助は、きっと感謝をしてもらえていると思います。

 

あまり望みすぎてはいけないと思いますが、介護のお仕事は人に感謝していただける職業だと思い毎日従事しております。

Category : 総合掲示板

【管理栄養士ブログ】 食は「たのしみ」

2021.10.20. / Posted by staff

 

こんちには。おたけの郷 施設管理栄養士の原田です。

 

タイトルの通り、食は「たのしみ」というキーワードについて日々考える事が増えました。

 

コロナ禍になるまでは、当たり前のように実施していた「喫茶おたけ茶屋」や

 

「定期的なユニット単位やフロア単位の食イベント」。

 

現在はコロナ禍で当たり前のようにできていた事ができなくなっています。

 

僕たちもコロナ禍になり、自由に外食に行けなくなっている環境でおたけの郷のような施設に入居した方々と

 

少し似た境遇を体験できているのかなと個人的に感じています。

 

そんな中で、管理栄養士として「食事摂取量の向上」や「体重維持・増加」に着目した取り組みも

 

もちろん大切ですが、「食を楽しんでもらうには何ができるか」をより考えるようになりました。

 

まずは、「日々の献立の中でより楽しんでもらえるような物を提案・実行していく事」や

 

ショートステイでも開始した「週1回の出前の日を特養に入居した方々にも実施できる仕組み作り」に

 

取り組んでいきます。

 

おいしい物を笑顔で食べている様子を写真で納めてご覧頂くだけでも多少ご家族の方も

 

安心してもらえるかなとも思うので、「入居者の方の為でもあり、ご家族の為」にも実行していきます。

 

今後、写真等を楽しみにお待ちください。

Category : 総合掲示板

ヘビだー!!

2021.09.30. / Posted by staff

今日はお休み

 

 

いつもの公園へ

 

 

 

 

自分の庭のように

 

四女がパーっと駆け出しました。

 

 

 

丁度 

 

植木で隠れた部分にサッと入った途端

 

 

 

「うわー!ヘビだー!!」っと

 

どデカい声。

 

 

 

「えっ?ヒモだろー?」

 

 

「ホントだって、早く早く」

 

 

「はいはい、枝かなんかだろー?」

 

 

「違うよホントだよ、早く」

 

 

「ミミズだろー?」

 

 

 

 

「違う違うホントだよ!」

 

 

そんなラリーをし、

 

おおげさだなーっと思いつつ、

 

そんな所も可愛いなっと考えながら

 

駆けつけると

 

 

 

 

 

 

これが本当に蛇。ヘビ。へび。

 

 

「下がれー」

 

「離れろ離れろ」

 

「ヤバいヤバい」

 

「マジじゃん」

 

 

焦る一方 好奇心が芽生え、

 

「下がれー」と子供たちに良いながら

 

 

枝でツンツン

 

あっという間に

 

 

岩の下に

 

 




 

「あー、ビックリしたー」

 

 

 

公園内を見回るスタッフを

 

見つけ、報告。

 

スタッフさんも

 

初めて聞きました、と驚く驚く。

 

 

 

写真を見せて

 

「ホントですね、へびですね」

 

 

私は子供に

 

この世の中に「絶対」はないと

 

考えるんだよ

 

 

っと伝えていますが

 

近所の公園でヘビが出るなんて

 

絶対ないと思っていました 笑

 

 

それにしても、誰もケガしなくて良かったー

 

 

あれ以来

 

見かけていません

 

世の中に「絶対」はない、

 

と学び直しました。

 

 

そして、

 

我が子の言葉は信じよう、

 

と誓った休日でした。

 

 

 

自宅に帰り、家族に報告。

 

長女が一言「ブログにあげる気でしょ?」と含み笑い。

 

「わかってんじゃん」と返しました。

 

 

 

公園はいつも緑がきれいです。

 

自然が豊かで、癒しを得ます。

 

早く入居者さんと気軽に散歩に出かけたいと願う今日この頃です。

 

 

5階 フロア責任者

羽深 満

Category : 総合掲示板

トンカツとビール

2021.09.29. / Posted by staff

 

 

 

Aさん 御年97歳

 

お誕生日が近いですね?


何か食べたいもの・飲みたいものはありますか?

 


「トンカツとビールだね」


 

おたけの郷ではいくつかの食事の形態があります。


大きく分けると5つに分けられます。


・ふつう(常食) 


・一口サイズに刻む


・こまかく刻む(ごく刻み)


・プリンや豆腐のような柔らかい素材(ソフト食)


・ドロドロッとした水分に近い状態(ペースト食)


 

Aさんは普段ペースト食を召し上がっています。


ペースト食を召し上がる理由は、


「かたい」との訴えと噛み切れない状態だったためです。


 

ごく刻みはとソフト食は食感を好まれず、


ペースト食に至りました。

 


日常的にもペースト食に稀に混ざっているダマの部分に気付き


プッ、プッと吐き出されるお姿もあります。


 

そして、


トンカツは常食に該当し、基本的には不可能な選択肢とも言えます。


 

施設長、管理栄養士、看護師、食支援委員会で検討し、


食べる(噛んで飲み込む)ことは目的とせず、


ご本人の状態とこれまでの状況を鑑みて味を楽しんでもらう


(噛んで味わい、「かたい」と吐き出されるのでは?ないかという想定で)ことを


目的として提供することをご家族へ提案しました。

 



おたけの郷では「最期まで口から食べる」という目標を掲げた「食べることの支援」に


特化した委員会があります。その委員会のご紹介は後日設けたいと思います。


 

さて、ペースト食の方に常食を提供するとなると…


もちろん、窒息や誤嚥のリスクもあるためご家族へ説明し同意を得ました。


「嬉しいです。素晴らしい提案ありがとうございます。


自宅にいる頃は毎晩 晩酌をして日本酒とセブンイレブンの唐揚げとかを


つまみに買ってきて楽しんでました」とのこぼれエピソードも教えて頂きました。


 

 

ビールはご家族様も交えた協議の結果、


ノンアルコールビールを用意することになりました。


 

 

 

迎えた当日、

「ハッピバースデイトゥーユー」と美声を披露しながら職員の丸山さんが登場。

Aさんの前にとんかつとビールを運びました。



 

 

 

ビールを1口。

 

「つめたい」

 

「にがい」と進まず。

 

 

 

続けてとんかつを見てもらうと、ひとかじり。

 

 

 

 

 

 

 

あれっ、みんなの予想と反して、しっかり噛み始めていらしゃって…

 

あれって、しっかり飲み込めた

 

 

 

おいしいですか?「うん」

 

 

 

ふだん数口で「まずい」「おいしくない」「にがい」と仰ることが多いAさん

 

 

 

肉の部分は堅かったのか吐き出され…

 

「かたい」と笑顔

 

 

 

 

 

 

 

衣だけ食べてみますか?

 

コクンと頷き、2口目。

 

今度はしっかり噛んで、全部飲み込めた

 

 

 

合計6口程度

 

 

 

ビールはお湯で割り5口程度でしたが、

 

「おいしい」と仰っていただけたり、

 

目で嬉しそうな驚かれた表情を見せて頂けました。

 

 

 

召し上がっているお姿を随時 施設のビデオ面会用のiPhoneで撮影し、

 

ご家族にLINEにて動画と写真で報告をさせて頂きました。

 

 

 

次の機会では

 

ノンアルコールの日本酒とから揚げを用意してみよう。

 

ご家族も是非またお願いします、と仰っていただけました。

 

 

 

介護職員の丸山さんの企画により素敵な場面に携わることが出来ました。

 

感謝。

 

 

 

そして、Aさん。

 

なにより97歳おめでとうございます!

 

 




 

Category : 総合掲示板

ソーシャルデイスタンス でも想いは「密」で

2021.09.29. / Posted by staff

 

 

 

先日ブログであげさせて頂いた


職員さんへ出産祝いを


みんなでプレゼントしました!


 

江口リーダーのナイスチョイスな


トトロのオムツケーキ



 

職員さんの奥様


 

トトロが実は大好きだったようで


大変喜ばれたようです。


 

コロナ禍でなければ


今日は私の奢りでパーっと


出産祝いで呑みに行こう!


っといきたいところですが、



残念

 



ただ、


コロナ禍でも出来ることはあり、


お祝いしたい気持ちは変わりません。


 

 

ソーシャルディスタンスでしたが


心は密に、お祝い出来ました。


 

健康にすくすく育ちますように。




 

5階フロア責任者 

 

羽深 満


 

 

Category : 総合掲示板

一期一会

2021.09.20. / Posted by otake

 

初めまして こんにちは 理学療法士の正田です。

今年の4月からおたけの郷で機能訓練指導員として務めさせて頂いております。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

初めての投稿になるため、今回は自分がおたけの郷で行なっている試みについて

 

1つお話できればと思います!

 

現在、コロナ渦により入居されている方々の生活は

 

以前と比較してとても制限されていています。

 

そこで少しでも本人の気晴らしや生活の悩みの相談など聞ければと思い

 

屋上にて少人数ですが理学療法士としてリハビリを行っています。

 

一緒に笑ったり、悩みについて一緒に考えたり、一緒に歩いたりなど

 

本人にとっても自分にとってもとても貴重な時間となっています。






 

終わった後には皆さんから口を揃えて

 

 

 

「気持ち良かった! ありがとうございました!」と感謝のお言葉を頂きます。

 

 

 

自分からすると、むしろリハビリを通して勉強させて頂いているのは

 

 

 

自分自身であるため毎回、「こちらこそありがとうございました!」

 

 

 

と笑顔でお礼をしています!

 

 

 

感謝して欲しいから行っているのではなく、自分という人間がこの施設の中で

 

 

 

何ができて、自分にしかできないことは何かと考えたときに

 

 

 

「ん~リハビリか!」ってなりました。(笑)

 

 

 

今までなかった初めての試みなので継続して1人でも多くの入居者の心と身体の支

 

 

 

えになれればと思います。

 

 

 

「縁があって」選んだ仕事、

 

「縁があって」出会ったご利用者、ご家族

 

「縁があって」共に働く仲間

 

 

 

様々な「縁」を長く大切にできるように、

 

理学療法士として皆さんのお役に立てればと思います。

 

 

 

                        理学療法士 正田潤


Category : 総合掲示板

やりがい

2021.09.06. / Posted by staff

皆さんこんにちは。相談員兼施設ケアマネをしています田畑です。


気が付けば夏が終わり、秋の気配が漂うこの頃、皆さんいかがお過ごしですか。


私は今年の4月に異動がありフロア責任者から相談員兼施設ケアマネになって5か月が過ぎました。


ほんとに月日が経つのが早く感じます。まだまだ不慣れな部分もあり


周りに迷惑をかけてしまっていることも多いのですが


少しずつ介護職とは違うやりがいを感じてもいます。


相談員としてのやりがいは、入居者さんのご家族様との会話です。


相談員の仕事は現場の介護職員、看護職員、そしておたけの郷で暮らしている入居者さんのご家族との


橋渡し役と思っています。例えば、看護師さんから「○○さんが微熱があるから受診します」


と言われればご家族へご様子をお伝えしたり「○○さんのご飯にかけるふりかけが無くなりそうです」


と介護職から言われればご家族に連絡し要件をお伝えしふりかけをご用意して頂いたりするのですが


その際にはおたけの郷の窓口であることの自覚を持ってご連絡するようにしています。


ご家族様からは施設で入居者さんがどのように暮らしているか


過ごしているかがコロナ過で面会制限をしている状況でまったくわからない。


ご家族様としては入居者さんが元気なのか、ちゃんとご飯が食べられているか


など心配されていることがたくさんあると思います。


ちょっとしたお願いなどの場合でも出来る限り


入居者さんの様子を少しでも伝えてご家族様に安心して頂く事


それが相談員としてのやりがいと感じています。まだまだうまく伝えきれていないこともありますが


おたけの郷の窓口は相談員なんだと自覚しながら、ご家族様に安心して頂けるような相談員になりたい


と今は思っています。また次回ブログを書くときは施設ケアマネとしてのやりがいを書きますね。



Category : 総合掲示板
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»
時間泥棒
沢山の「もの」をいただいています。
施設長ブログ 【解禁!】
日本人はお風呂が好き
【管理栄養士ブログ】 食は「たのしみ」
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
佐藤  和寿(フロア責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(施設長)
総合掲示板
羽深  満(フロア責任者)
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2022年 01月  >
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
2022年01月 [4]
2021年12月 [8]
2021年11月 [9]
2021年10月 [7]
2021年09月 [7]

PAGE TOP