スタッフブログ

研修近況

2013.02.09. / Posted by staff

 

みなさん。おたけの郷では、職員研修の真っ只中です。

 

 

 

 

2月7日・8日と宿泊研修を行いました。

 

 

 

 

配属予定のユニットごとに分かれ、それぞれの研修スケジュールに沿って行いました。

 

 

 

 

内容としては、

 

 

 

 

一日を入居者の側の立場に立って過ごしてみる    とか

 

 

 

 

実際に入浴を体験してみて、気を付けなければいけない事を皆で考えてみる    とか

 

 

 

 

食事を作りながら、部屋に帰りたいという方への支援をしてみる   とか

 

 

 

 

車いすに座り、部屋に移動してみたりしながら、物が邪魔にならないか確認してみる  など

 

 

 

 

実際に少しでも近いイメージを持ちながら・・・という体験型の研修です。

 

 

 

 

今まで多くの研修《座学【講義】》を受けてきて、そのたびにそれぞれが、入居者の「くらし」について

 

 

 

 

 

考えてきたわけです。

 

 

 

 

 

しかし、重要なのは、考えるだけで終わりにせず、「実践にどう結び付けていくのか」なのです。

 

 

 

 

 

 経験者の中でもあまり車いすに乗った経験がない人やトロミを口にした事がない人もいました。

 

 

 

 

 

車いすに乗ったことがないのに、注意点を説明したりするわけです。

 

 

 

 

 

たとえば・・・

 

 

 

車いすを押す時「あまり早く押すと乗っている方は怖いですよね」と一般的には説明すると思いますが、

 

 

 

 

 

 

これが、体験を通じて説明すると・・・

 

 

 

車いすは移動手段です。分りやすく言えば、足の代わりです。入居者は、歩く時どんな速さで歩きますか?

 

 

 

入居者が、歩くイメージの速さで車いすを押すと、どのくらいの速さで押すのが「ふつう」ですか?

 

 

 

やってみて下さい。というと自ずとゆっくりゆっくり押すのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、車いすを押す時の気持ち(意識)として、

 

 

車いすを「運ぶ道具」のように考えて使っている職員なのか

 

 

車いすを押す時に入居者の「足」として考えて使っているか大きく違うのです。

 

 

 

こんな事を一つ一つの当たり前にやっている事に当てはめて実践していける為に

 

 

 

たくさんの時間を使い準備をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの奮闘をまたレポートします。では。

 

 

 

 

 

近藤 直樹

Category : 開設準備室

職員 研修奮闘中!

2013.02.01. / Posted by staff

皆さん

 

 

 

おたけの郷では、現在毎日のように研修を行っています。

 

 

 

 

項目は、「おたけの郷の考え~介護術」まで実に幅広く行っています。

 

 

 

 

今日、職員一人一人に研修も含め、「どうですか?」と聞いてみると、

 

 

 

 

 

「私たちの為に本当に、贅沢でありがたい」

「やればやる程考える事(悩む)が多くなり、最初の自分の甘さを感じています」

「命を預かっているという重みを非常に感じています」

「どんなふうに実践をしていくのかイメージがどんどんついてきました」

「これからどんな事が待っているのか、実際わからないけど、その時にやれる事をやります」

 

 

 

などなど意見が出ました。

 

 

 

 

そして、その後、皆さんから数多く出たのが、

 

 

 

「もっと力をつけて早く一人前になりたい」

「プロと言われるような仕事をしていきたい」

「とにかく、やるぞ!という気持ち」

 

 

 

でした。

 

 

 

皆さんのこれからの実践に期待したいですね。

 

 

 

研修 奮闘中の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

近藤 直樹

Category : 開設準備室

施設が開設するということ

2013.01.31. / Posted by staff

1/30(水)

 

 

ふと時計を見ると

 

 

 

夕方ではありません

 

これは果たして

 

夜というべきか

 

朝というべきか

 

とにかくこの日のこの時間帯に事務所には

 

施設長と副施設長

 

そして僕の姿あり 

 

 

 

この日はたまたま僕がいましたが

 

他のフロア責任者も含め

 

ここ2~3日

 

こんな日が続いていました

 

 

 

 

それもそのはず

 

明日(正確には今日)1/31は

 

指定申請の締切日

 

なのです

 

 

 

 

今は

 

当たり前のように建物が建ち

 

当たり前のように椅子に座り

 

当たり前のようにスクリーンを眺め

 

当たり前のように

 

80名近い職員のみんなと開設前の研修を行っています

 

 

 

 

けれども

 

箱があり人がいるだけで

 

施設が開設する訳ではありません

 

 

 

 

僕たちが本来行うべき支援にたどり着くまでに

 

要するに3/1を無事に迎えるためには

 

この指定申請は避けて通る事のできない道なのです

 

 

 

 

 

そして・・・

 

本日を以って

 

一つの大きな節目でもある指定申請はひと段落となりました

 

 

 

 

 

 

 

特に僕の上司である

 

施設長と副施設長はバテバテなんだろうなと思い

 

チラチラと二人の様子を横目で見ていたのですが

 

 

 

 

施設長

 

 

え~・・・

 

何事もなかったように

 

いつものようにパソコンとにらめっこ

 

 

 

 

副施設長

 

 

え~・・・

 

何事もなかったように

 

厨房委託業者との打ち合わせに参加

 

おまけに

 

「毛呂君。俺、ちゃんと打ち合わせに参加してるっていうのがわかる風景撮ってよ」

 

なんて言うシマツ 

 

 

 

 

夜中まで毎日作業をしているからといって

 

決して昼間がおろそかになる事なく・・・

 

 

 

 

僕も見習わなければ・・・

 

 

 

 

 

 

施設が開設するという事は

 

今までに誰かが何かを積み重ねてきてくれたからであり

 

今誰かが何かに対して動いてくれているからであり

 

今研修を受けているみんながいてくれるからであり

 

そして何より

 

今おたけの郷への入居を心待ちにしてくださっている

 

入居者・ご家族の皆様がいてくださってこそ

 

 

 

そんな事を考えていたら

 

嬉しくなると同時に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠くなってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

明日からは2月

 

体調を崩しやすい時期となりますので

 

風邪など引かぬよう十分注意し

 

開設までの1カ月が

 

今までで1番楽しかったと言える1カ月になるよう

 

頑張っていこうと思います

 

 

 

毛呂 征也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : 開設準備室

当日…、そして未来へ…

2013.01.19. / Posted by staff

 

先日は東京でも大雪となり

まだまだ寒い日が続きますがそんな雪化粧されたおたけの郷に一足早い春がきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!

おたけの郷の入社式です!

 

 

 

 

 

 

準備室メンバーであった生活相談員や管理栄養士 

 

8日に勤務開始となったユニットリーダー

 

本日から入職する一般職員や事務職員の皆さんは

 

気持ちも心機一転、顔も引き締まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会福祉法人エンゼル福祉会理事長の挨拶では

 

「ルールを守った上で、わからないことは聞き、自分の仕事ができるように…」

「人に社会に自分自身に誇れるように…」 とのお話をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法人グループの株式会社大起エンゼルヘルプ社長の挨拶では

 

「専門職として、専門性を発揮した仕事を…」 とのお話をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、それぞれの職種ごとに入職者の名前が呼ばれ、

 

職種の代表者が理事長より辞令の交付を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

午後からは開設前研修のオリエンテーション後

早速研修スタート!

 

酒井施設長より

『社会人基礎姿勢学』 や 『法令順守』 について講義がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修2日目も酒井施設長講義があり、

 

その後は、5分間使い切りの自己紹介を入職者全員に行っていただきました。

 

 

パワーポイントを使ったり、画用紙を使い、工夫された発表をした人もいれば…

 

面白おかしく自己紹介をする人もいたり…

 

それぞれが一生懸命になり自分の紹介をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修3日目にも、酒井施設長の講義があり、

 

その後、フロア責任者の近藤さんから 『介護報酬を理解する』 という講義があり、

 

さらに梅本副施設長やフロア責任者の毛呂さんによる、『仲間作り演習』 という単元でゲームを用いて行い、

 

多くの笑顔が見られるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修の4日目終了後には

 

ユニットリーダーたちは来週の単元に向けた企画書作りを必死になってやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15日に入職された一般職の皆さんの緊張も4日目になるとだいぶ和らぎましたし、

 

“自分がやらなくてはならない” という自覚が生まれはじめ、表情が一段と引き締まったように感じます。

 

 

 

また、8日に入職されたユニットリーダーさんたちは、自分たちが引っ張っていかなくてはならないという自覚が生まれ

 

相手に伝えることの難しさ等に悪戦苦闘しながらも、日々頼もしい成長を見せてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

経験のあるなしに関わらず、おたけの郷での新たなスタートは皆一緒です!

 

 

すぐに走り出せる人、助走期間の必要な人…、様々な職員がいると思いますが、研修期間には限りがあります。

 

それぞれが日々の研修をどのように今後の実践に活かしていくのか…

 

何が自分に足りないのかを知り、各々が自分で努力をするしかないと思っています。

 

 

 

おたけの郷の支援を実践していくために…

 

支援への考え方を十分に咀嚼した上で、その実践ができるように研修を進めていきます。

 

 

 

 

 

 

おたけの郷では、日々おたけの郷の目標に向かい

 

共通項を持ったかけがえのない仲間とともに前進を続けていきます!

 

 

 

 

 

 

そして、『世の中の介護を変える』 のです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : 開設準備室

一つの門出… ~ 前夜…

2013.01.18. / Posted by staff

タイムリーな報告ではなく非常に申し訳ないのですが

 

一つの門出を迎えてから前夜までのご報告です

 

 

 

 

「前夜」とは何の前夜かというと

 

【入社式】

 

 

 

 

1/8~はユニットリーダーが勤務を開始しているのですが

 

1/15にはいよいよ採用が決まっている

 

介護・看護・事務職員の方が勤務開始となり

 

入社式が行われたのです

 

 

 

 

 

ちなみに一つの門出を迎えた僕らは

 

いよいよおたけの郷の建物内へと活動場所を移した訳なのですが

 

数日間はこんな感じ

 

 

 

ちなみにここは事務所なんですが

 

引き渡し直後という事もあり

 

本来あるべきカウンターもまだ設置されていなく

 

中が丸見えの状態

 

 

 

 

 

 

カウンター設置後に美しさを増したおたけの郷の姿は

 

後日改めてお伝えする事として…

 

 

 

 


 

 

 

入社式前夜

 

いわゆる1/14は

 

忘れもしない大雪の日

 

 

 

 

 

日が落ちてきても雪は降り止む事なく

 

 

 

さすがにこれでは明日の入社式はもちろん

 

近隣の方々の通行にも支障が出ると感じた我らは

 

 

雪かき開始!!

 

 

 

 

 

いつもはカメラを向けると笑顔を振りまく笹木さんも

 

 

いつになく真剣な表情…

 

 

 

 

 

 

もちろん勤務を開始しているユニットリーダーのみんなも協力してくれ

 

 

翌日には無事に入社式を行う事ができました

 

 

 

 

 

 

今現在

 

多くの仲間が加わったおたけの郷は

 

目指すべき姿に向け

 

皆で共に考え学ぶ

 

開設前研修の真っ最中です

 

 

 

 

 

入社式~のブログは

 

近日中に更新いたしますので

 

そちらの方もこうご期待!

 

 

 

 

 

今後もおたけの郷から

 

眼が離せない事

 

間違いなしです

 

 

 

 

 

毛呂 征也

 

Category : 開設準備室

一つの門出…

2013.01.12. / Posted by staff

 

あけましておめでとうございます!

 

 

 

 

・・・っと挨拶をしていたと思ったら、すでに1月の半ばになっていました。。

 

ご挨拶が遅れて申し訳ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この建物がなんだかわかりますか?

 

 

 

 

 

この建物はおたけの郷のすぐ裏手にある私たちが仕事をしている開設準備室が入っているプレハブです!

 

 

 

 

 

 

 

建物の中を覗いてみると…

 

 

やけに荷物の多い準備室に 

 

いつもの開設準備室メンバーの姿があります!

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この写真を撮影した日…

 

2013(平成25)年1月8日は私たち開設準備室メンバーにとって、一つの新たな門出を迎える日でもありました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

何やら一生懸命に片付けをしていますね!

 

 

 

 

 

 

 

さらに、何やら多くの人が荷物を運んでいるではありませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!

 

2013(平成25)年1月8日は開設準備室の引っ越しの日。

 

 

 

 

つまり… どーん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに、おたけの郷が完成し、建物の引渡が行われたということなのです!

 

 

 

 

 

 

 

慌しい引っ越しの中、最後まで残り、仕事をする梅本副施設長 ↓

 

 

 

 

 

 

 

それにはある理由がありまして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、さらに… どーん!!

 

 

この人たちはどなたでしょう??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです! 2013(平成25)年1月8日は…

 

おたけの郷の採用決定者の『ユニットリーダー』と『事務職員』が初出勤をした記念の日でもあるのです!

 

 

 

 

 

そんなユニットリーダーさんたちに

 

初出勤日から早速引っ越しのお手伝いをしてもらい

 

その後には入職のオリエンテーションや、初日から研修にも参加をしてもらいました。

 

 

 

研修の様子です ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は梅本副施設長より『ことばを紐解く』という単元でみっちりと講義を受けてもらいました!

 

フォローアップに参加していたとはいえ、それぞれが緊張の中ではありますが

 

開設まで残された研修できる日数は限られていますから、新人気分で浮かれている時間的余裕はないのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越し、オリエンテーション、研修、打ち合わせ等々…

 

 

そんな慌しい一日を終え

 

今までお世話になった思い出の多い準備室に戻り、準備室メンバー全員で記念撮影をしました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの準備室メンバーが

 

『世の中にない施設をつくる』 という一つの目標に向かい駆け抜けてくる間

 

ずっと私たちを見守ってくれていた準備室。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと余韻に浸っている暇はありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寂しがっている場合でもありません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは新たな仲間を加え

 

さらに力強く前進していかなくてはならないのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで過ごした時間…

 

ここでの経験…

 

ここでの思い出を胸に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで出会ったかけがえのない仲間とともに

 

いざ、入居者のもとへ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さよなら準備室!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : 開設準備室

謹賀新年

2013.01.04. / Posted by staff

新年明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

僕がおたけの郷の準備室に来てから

 

初めてのお正月を迎えました

 

 

 

 

 

 

 

 

年の始めということで

 

僕だけではなく

 

準備室メンバーそれぞれが

 

願いや希望、目標などを描き

 

このお正月を迎えたことと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

副施設長のブログにもありましたが

 

(副施設長のブログはこちら → http://otakenosato.jp/blog/staff.php?itemid=104

 

本来であれば

 

それらは日々の中で描きながら働くべきものであり

 

何も年越し → 新年に限って描くものではないのですが

 

そこは僕自身が弱いのか・・・

 

年越しとともに初詣へと行き

 

お賽銭の額に見合った願いをかけてきました

 

 

 

 

 

 

いよいよ開設まで残り2カ月をきった今

 

いよいよ建物の引き渡しまで残り4日となった今

 

1年の始めだからこそ気を引き締め

 

 

 

 

開設までも開設後も

 

皆で「描いた姿」が「現実の姿」となるために

 

今何をすべきなのかを

 

考え

 

動く

 

 

 

 

 

 

 

ということを

 

 

 

 

 

新年だからこそではなく

 

日々意識して

 

努めて(務めて)いこうと思いますので

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

 

 

 

 

 

新しい年を迎え

 

おたけの郷のホームページをご覧の皆々様の

 

ご健康とご多幸をお祈りし

 

新年のご挨拶とさせていただきます

 

 

 

 

 

 

毛呂 征也

 

 

 

 

 

 

 

Category : 開設準備室

回顧..... 2012年大晦日にて

2012.12.31. / Posted by otake

2012(平成24)年も、現時点で残すところ8時間あまり。

 

 

 

 

「おたけの郷」は来年3月1日に開設し、その日から歴史(過去)を作っていくわけですが、

 

 

 

 

ここまでにも歴史(過去)を紡いできています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言うことで、2012年大晦日のこの日

 

 

 

 

写真で紡ぐ「おたけの郷」2012年回顧.....をお届けします(一部2011年時の写真も含んでいます)。

 

 

 

 

尚、掲載している写真は、「おたけの郷」の工事を担ってくださった竹中工務店さんより

 

 

 

 

竹中工務店さんが毎月撮影していた「定点写真」を提供していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2011(平成23)年10月11日

 

 2011(平成23)年10月25日

 

 2011(平成23)年11月18日

 

 2011(平成23)年11月28日

 

 2011(平成23)年12月23日

 

 2012(平成24)年1月6日

 

 2012(平成24)年1月20日

 

 2012(平成24)年2月10日

 

 2012(平成24)年2月22日

 

 2012(平成24)年2月29日

 

 2012(平成24)年3月8日

 

 2012(平成24)年3月14日

 

 2012(平成24)年3月26日

 

 2012(平成24)年4月4日

 

 2012(平成24)年4月9日

 

 2012(平成24)年5月4日

 

 2012(平成24)年5月26日

 

 2012(平成24)年6月11日

 

 2012(平成24)年6月28日

 

 2012(平成24)年7月31日

 

 2012(平成24)年9月28日

 

 2012(平成24)年11月1日

 

 2012(平成24)年12月1日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人の多くは、大晦日のこの日には過去を振り返り、明日の元旦には未来に希望や目標、夢を描きます。

 

 

 

 

たった1日の違いとはいえ・・・・・・・・・・です。

 

 

 

 

1日の違いなのに、奇妙というか、都合がいいというか(笑)

 

 

 

 

でも人間、何かのきっかけがないと、新たな希望や目標、そして夢など描かない

 

 

 

 

常に、日常的に、描きたい、描こうと思っても・・・・・・・・・・です。

 

 

 

 

だから、奇妙であっても、都合がいいなと思ったとしても

 

 

 

 

明日の元旦

 

 

 

 

「おたけの郷」、そして「おたけの郷」に乗船する船員(職員)たちは、

 

 

 

 

ともに、それぞれに、

 

 

 

 

3月の航海開始に向け、希望や目標、夢を描きます。

 

 

 

 

その描きを実現し、実現が歴史(過去)となり、未来に紡いでいくために。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、早く来い !!


 

 

 

2013(平成25)年 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その前に年越しそばだ(笑)

 

 

 

 

 


 

 

 

 

梅本 聡

 

 

 

 

2012(平成24)年のスタッフブログは、本日で終了です。

 

 

 

 

新年からは、一層充実したスタッフブログにしていきますのでご期待下さい。

 

 

 

 

(その前に梅本個人としては、うめもとブログをちゃんと更新しなきゃいけないんですが・・・・・)

 

 

 

 

それでは、また来年。

 

 

 

 

みなさん、よいお年を。

Category : 開設準備室

工事進捗状況 vol.6 (建築主竣工検査)/後編

2012.12.26. / Posted by otake

前回の記事(http://otakenosato.jp/blog/staff.php?itemid=96)の続きを始めましょう。

 

 

(今回使用している写真は、全て2012(平成24)年12月20日に撮影したものです) 

 

 

 

 

本日は、上から行ってみましょうか。

 

 

 

 

と、言うことで、屋上庭園よりさらに上にある「機械室」から。

 

 

 みんなで昇る、昇る

 

 

 さらに進んで・・・・・

 

 

 結構高いです..........

 

 

 でも、お構いなしに機械室内部へ

 

 

 そこには、こんなものや・・・・・

 

 

 こんなもの(ちなみに給湯器)が。

 

 

 

 

こんなものもあります。「非常用発電設備」。

 

 

 

 

こちらは、「おたけの郷」の設計を詳細に煮詰めていた時期に、あの東日本大震災が起きたことが教訓となって、

 

 

停電時の電源供給を行うために設置することになったものです。

 

 

この自家発電装置は、

 

 

防災負荷のスプリンクラー電源として、また一般停電時には保安電源として利用できる容量なんだそうで、

 

 

停電時には、連続8時間の運転ができるそうです(燃料を補給すれば、さらに連続運転可能)。

 

 

 

 

 

 

 

さぁお次は、機械室を降りて「屋上庭園」に行ってみましょう。

 

 

ちなみに機械室から屋上庭園を見下ろすと・・・・・

 

 

 こんなカンジです。

 

 

もう一枚、行っときましょう。

 

 

 

 

 

こちらのテラスは、通称「スカイツリーテラス」。

 

 

通称のとおり、スカイツリーがよ~く見える庭園なんです。

 

 

こちらの庭園には、上部パーゴラやベンチ、テーブルなどが設置されていて、

 

 

すっごく過ごしやすい庭園になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋上テラスはもうひとつあります。

 

 

こちらのテラスの通称は「花火テラス」。

 

 

以前こちらのブログでフロア責任者の毛呂クンが紹介していましたが、

 

 

去る10月のある日、僕たちはこちらのテラスから足立の花火を観賞しました。

 

 

(そのブログはこちら ⇒ http://otakenosato.jp/blog/staff.php?itemid=53&catid=8

 

 

 

 

もうひとつの顔として、通称スカイツリーテラスと同様に、小林理事長が選定してくださった植栽が豊富で

 

 

四季折々の花などが楽しめるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、ここからは、この屋上テラスとつながっている

 

 

 

 

こちらの「渡り廊下」を通って

 

 

「おたけの郷」最上階、5階にあるパブリックスペースに足を運んでみましょう。

 

 

渡り廊下を抜けると、そこには・・・・・

 

 

 

 

 

 

ラウンジ」が広がっています。 

 

 

まだ、椅子やテーブル、テレビなどが設置されていないので、ちょいと淋しいカンジがしますが、

 

 

こちらのラウンジにはミニキッチンなどもあり、多目的利用が可能。

 

 

造りやデザインも「おたけの郷」は和を基調としたスペースが多いのですが、

 

 

このラウンジは都会的でシャープな雰囲気を漂わせています。

 

 

 

 

 

 

 

そんなラウンジには、展望風呂の入口が顔を覗かせているんですが、それがこちらの「おたけの湯」。

 

 

 脱衣室です

 

 

 ここからは

 

 

 浴室内を連続で。

 

 

 

 

 

 

 

 

脱衣室は畳敷きで、浴室内を含め、温泉をイメージした造りであり、デザイン。

 

 

もちろん、各ユニットには前回ご紹介した「個浴(風呂場)」があるのですが、屋上庭園越しの眺望を楽しみながら

 

 

温泉に来たような気分を楽しんでいただけたらという思いで、5階にはこの「おたけの湯」があります。

 

 

いずれは近隣の方々にも開放して・・・・・なんてことも職員のみんなで話しています。

 

 

あっ、ちなみにこの「おたけの湯」の中にある全ての手すりは、この「おたけの湯」にしか存在しません。

 

 

それと、浴槽の跨ぎというか、浴槽の縁に腰を下して、浴槽の縁を跨いで・・・・・なんていう

 

 

浴槽の出入りにも配慮した造りも施されているんですよ。

 

 

手すりのことも、その造りのことも、いずれ紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、おたけの湯を後にして、またまた渡り廊下を通って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別浴室」に行ってみましょう。

 

 

 

 

「おたけの郷」には、この特別浴室が施設全体で5ヶ所あります。

 

 

 

 

「おたけの郷」は5階建ですから、各階(フロア)に1ヶ所ずつあるってことなんです。

 

 

 

 

個浴(風呂場)が1ユニットに1ヶ所ずつ

 

 

特別浴室が1フロアに1ヶ所ずつ

 

 

なぜ、そうなのかは、本日より公開された「おたけの郷 造りへの考え」をご覧いただけると嬉しいです。

 

 

こちらをクリックしてみてください⇒ http://otakenosato.jp/kodawari.php

 

 

 

 

 

 

 

あと、系列会社である大起エンゼルヘルプの小林社長が

 

 

「機械浴室」ではなく「お風呂」だという考えや、「清潔感を感じる」お風呂に・・・・・という想いを大切にして、

 

 

浴室内のタイルやデザインにこだわってくれたんです。

 

 

なので、かなりステキなお風呂ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

最後はこちらの写真を。

 

 

 壁格納型消火器ボックス

 

 

 消火栓

 

 

 の火災報知器

 

 

工夫が施されています。

 

 

どんな工夫なのか、どうしてそんな工夫をしたのか・・・・・は、改めて紹介します。

 

 

ちなみに、他にもたくさんそんなところがあるんで、そちらも今後ということで。

 

 

 

 

 

 

 

と言うわけで、いかがでしたか

 

 

前編・後編となった工事進捗状況vol.6(建築主竣工検査)は。

 

 

また、vol.7でお会いしましょう・・・・・・・・・・といきたいところなんですが、

 

 

 

 

 

 

 

工事完了まで・・・・・・・・・・あと、2日

 

 

 

 

 

 

 

となりましたので、工事の "進捗" 状況のブログは今回で最後になります。

 

 

 

 

 

 

 

なので、次回からは、装いも新たに建物内をご紹介していきます。・・・・・きっと(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物竣工・引渡しは・・・・・・・・・・年が明けての2013(平成25)年1月8日

 

 

施設開設までは・・・・・・・・・・あと64日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅本 聡

 

Category : 開設準備室

第3回 フォローアップ

2012.12.25. / Posted by staff

12月22日(土)

 

 

第3回フォローアップが、系列グループである大起エンゼルヘルプの三河島研修室で行われました。

 

 

 

 

 

 今回のフォローアップは、今までのフォローアップの企画と少し毛色を変えた内容でした。

 

 

 

 

 

前回(第2回)フォローアップでユニットリーダーグループ、経験者グループ、未経験者グループなど

 

 

 

 

 

全6グループに分け、グループワークを行いました。テーマは、『期待している事や不安、疑問』です。

 

 

 

 

 

たくさんの意見が、各グループから出ました。

 

 

 

 

 

今回は、前回(第2回)のフォローアップで出たものの中から項目を1つ抽出し、

 

 

 

 

 

その項目についておたけの郷の理念を踏まえ、どう捉えていくのかという事を

 

 

 

 

 

フロア責任者、看護責任者が、『語る』というものでした。

 

 

 

 

 

それぞれが選んだ「テーマ」と「担当者」は・・・

 

 

 

 

 

 

※下記の記載文章は、前回(第2回)のフォローアップで参加者から出た意見をそのままの文章で記載しております。

 

 

1 「身体拘束、施錠がないとスピーチロックが多くなりませんか?」について・・・ フロア責任者 近藤 直樹

 

 

 

 

 

 

 

2 「ご飯は、誰が作るのか」について・・・ フロア責任者 吉川 ひで子

 

 

 

 

 

 

3 「安心して入れる施設」について・・・ フロア責任者 笹木 良

 

 

 

 

 

 

4 「決められたスケジュールの中で今まで仕事をしてきたが、どれくらい自由にできますか」について・・・ 看護責任者 大内 理恵

 

 

 

 

 

 

5 「包丁の安全対策はどうなっているか」について・・・ フロア責任者 毛呂 征也

 

 

 

 

 

 

この選んだテーマをもとにそれぞれが、語りました。

 

 

 

 

 

私の感想としては、

 

 

 

 

 

方向感(介護観)に、フロア責任者としてのズレがなかったという事。

 

 

 

 

 

それは、根本に皆、入居者に「生きて活きる姿を取り戻す」という事と

 

 

 

 

 

「有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう支援する」という事が

 

 

 

 

 

根本にある為、それぞれ実践の方法には違いがあっても、

 

 

 

 

 

すすむべき道やその先にあるものについては、

 

 

 

 

 

皆、「同じ風景を描いている」という事がこのフォローアップを通じて確認することが出来ました。

 

 

 

 

 

 

私自身、前進するキッカケになりそうです。

 

 

 

 

 

現在、フロア責任者・看護責任者が、お互いの「語り」についてや気づきを

 

 

 

 

 

 

個々のブログにてお伝えいたしますので、

 

 

 

 

 

ブログを是非確認してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、皆さんメリークリスマス。

 

 

 

 

近藤 直樹

Category : 開設準備室
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»
研修近況
職員 研修奮闘中!
施設が開設するということ
当日…、そして未来へ…
一つの門出… ~ 前夜…
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2019年 12月  >
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
2019年12月 [1]
2019年11月 [3]
2019年10月 [4]
2019年09月 [6]
2019年08月 [5]

PAGE TOP