スタッフブログ

振り返ってみる…

2013.02.10. / Posted by staff

 

本日は2月10日です!

 

 

 

 

ご入居の決定された入居者の方やご家族にとっては…

 

 

「まだ2月10日か…」 という印象をお持ちの方もいるかもしれませんし、

 

「もう2月10日か…」 という印象をお持ちの方もいるかもしれません。

 

 

 

それぞれの人によって、それぞれの思いがあるという当たり前のことですが

 

慣れてしまうと、ついつい相手の気持ちを考えるということを忘れがちになってしまうものです。

 

 

そこで、今年に入ってからを簡単に写真で振り返ってみたいと思います。

 

 

 

1月8日には、ユニットリーダーの入職があり…

 

 

 

 

 

 

 

 

1月15日には、一般職の職員の入職があり…

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな研修が日々行われてきました…

 

 

 

 

 

人前で自己紹介をしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間作りをしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

頭を悩ませて、研修を考えたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

座学での研修や…

 

 

 

 

 

 

 

 

身体を動かして研修したり…

 

 

 

 

 

 

 

 

搬入された食器を片づけたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

医療機器を実際に使う練習をしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

入居説明会の打ち合わせをしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手洗いの実践をしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗濯をしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロアごとに研修を行なったり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おたけの郷の面接を受け…

 

入職をし…

 

ともに学び… ともに笑い… ともに苦しみ…

 

迎える今日… そして明日…

 

 

定期的に研修でも振り返りの時間は設けていますが

 

写真を見てみると鮮明に思い出される当時の様々な思いがあるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは支援専門職として、入居者の表面上の言葉だけではなく、

 

入居者の心に秘めた 『思い』 を汲み取ることがとても大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いまの自分はしっかり仲間の思いを感じ取れていますか?

 

 

友達ではなく、同じ思いで仕事をしていく仲間として、 仲間の思いを感じ取れていますか?

 

 

人前で話すこと、そして相手に自分の思いを伝えることの難しさを実体験した皆さんであれば、きっと感じられるはずですよね!?

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットリーダーが主となって進めてくれた自由裁量の研修で、自分はユニットリーダーに協力することができたでしょうか?

 

 

受け身の姿勢ではなく、自らユニットリーダーを支えることができたでしょうか?

 

 

ユニットリーダーが怒った理由を感じ取れているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

少しでも皆さんが実践に不安を残さないように、夜遅くまで残って研修を考え…

 

研修が終われば、 “うまく伝えられなかった” と、悩み苦しんでいる姿があることを私は知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、それぞれ立場のある人間の役割ではありますが、

 

そのすべては、今後入居される入居者の方が少しでも良いスタッフ、良い環境で生活していただくため…

 

今までの介護をより良くし、今できる最善の実践を追求していき 『世の中の介護を変える』 ためだと私は感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも同じ思いを共有している仲間ですよね!

 

 

それぞれのユニットリーダーによって個性がありますし、伝え方も違います。

 

抱えている仕事もこれからはさらに多くなっていきますから、

 

自分がそのユニットリーダーにどう協力し、どう支えていけるか…

 

それも今皆さんができることの一つかもしれません。

 

 

『学ぶ』 という受け身の姿勢から、おたけの郷をともに立ち上げるための一役を担う職員として、自らの研修に取り組む姿勢から意識していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

これまでのように、みんなで集まって研修をし、ともに悩み苦しむことができるのも、残りわずかしかありません。

 

この限られた時間は、今後の皆さんにとって間違いなく大きな役割を持つことになる大切な時間ですから、ぜひ有効に活用してくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実践における不安があれば、フロアを問わず、ぜひ声をかけてくださいね!

 

おたけの郷の考え方の再確認や、有志で集まっての技術勉強も楽しそうですよね!

 

不安解消のためには、実践すること、そして時間を費やすことも一つですから、お声掛けくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



物作りの日本…
迎春…
覚悟のリスタート…
心を動かそう…
チームの連動…
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
佐藤  和寿(フロア責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(施設長)
総合掲示板
羽深  満(フロア責任者)
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2013年 02月  >
 
 
 
 
 
12
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
 
 
2022年08月 [5]
2022年07月 [3]
2022年06月 [6]
2022年05月 [18]
2022年04月 [10]

PAGE TOP