スタッフブログ

物作りの日本…

2014.02.18. / Posted by staff

 

オリンピックで、日本人が活躍している姿は

やはり嬉しい気持ちになるものですね!

 

オリンピックは

“日本” という国で当たり前のように暮らしている私に

“日本人” を意識させてくれる良い機会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝のニュースでオリンピックを観た後、

出勤の電車の中でこのような言葉を見つけました。

 

 

“日本人の手に合った握り心地”

 

 

某メーカーの髭剃りのチラシですが

髭の剃り心地ならともかく、 “握り心地” まで意識する

日本人の物作りへの意識の強さ!

 

 

 

 

 

 

消費者からの要望に耳を傾け、

髭を剃るという用途だけではなく、

髭剃りを使う使い手のことまでを一生懸命に思い、考えたことと思います。

 

要望を聞き、相手を思い、その思いを形にして提供する…

 

介護と同じですね!

 

 

 

 

 

 

私たち介護者は意識できているでしょうか…

 

入居者の方が感じてくれる心地よさを…

 

 

 

 

 

どのような表情、振る舞いで…

 

どのような声の掛け方で…

 

どのような触れ方で…

 

 

 

 

 

入居者の方の言葉 (心の声) に耳を傾け

入居者の方のことを思い、考え、

入居者の方に支援という形で提供し、

入居者の方の生きる姿を追い求めていく!

 

 

 

 

 

 

“居心地!?”     “生き心地!?”

 

 

 

 

 

 

ご飯を食べて…  『うまかったな~』 って

風呂入って…   『気持ちよかったな~』 って

掃除して…    『頑張ったな~』 って

散歩して…    『気持ちいいな~』 って

 

 

 

 

そんな生きる心地よさを直接自分たちの温もりのある手で提供できるのが

“介護” って仕事なんですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れてはならないこと…

私たち介護者の対象は、限りある命を持つ “人”

最優先にすべきことは、常に “入居者の生活”

 

ここからは決してぶれてはいけない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“生活を創る職人”

 

 

 

 

私はこの仕事にプライドを持っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



物作りの日本…
迎春…
覚悟のリスタート…
心を動かそう…
チームの連動…
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2014年 02月  >
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
 
2020年09月 [3]
2020年08月 [3]
2020年07月 [2]
2020年06月 [4]
2020年05月 [4]

PAGE TOP