スタッフブログ

おたけの郷 第1号!!

2012.10.29. / Posted by staff

さて、何の第1号かと

 

 

結果からいいますと…

 

 

 

 

やっとこさ産まれました

 

 

 

 

 

笹木の第1子でございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23日の深夜3時半に奥さんから電話があり

 

 

 

すぐに長野に向かい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれたのは24日の2時半ジャスト!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つくづく男の無力さを痛感しましたよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男に出来ることといえば…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しむ奥さんの背中をさすること…

 

 

 

 

あとは

 

 

 

 

赤ちゃんが産まれやすいように一緒に付き添って歩くこと…

 

 

 

 

 

奥さんの好きそうな飲み物を買いに行く程度…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張っている人を前に

 

 

 

 

 

 

「頑張れ」とは言えないですよね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助産師さんは

 

 

 

 

 

バイタルを測りに来るほか

 

 

 

 

 

ナースコールを呼びもしないのに

 

 

 

 

 

 

こまめに足を運んでくださり

 

 

 

 

 

 

必ず一言二言の的確な助言と励ましをくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

困っている私や

 

 

 

 

 

 

奥さんの不安や辛さを

 

 

 

 

 

 

専門職だからこそわかり

 

 

 

 

 

支えてくださっていたんだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助産師さんの

 

 

 

姿…

 

 

 

 

表情…

 

 

 

 

 

言葉…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一つひとつに

 

 

 

 

私たちはどれほど支えられたことか…

 

 

 

 

どれほどの安心が得られたことか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前ですけど…

 

 

 

赤ちゃんは話しません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんの精一杯のコミュニケーションは泣くこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その泣くタイミング…

 

 

 

 

泣く前後の状況…

 

 

 

 

泣き方…

 

 

 

 

等々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議なことに

 

 

 

 

親はなぜ泣くのかがわかるようになってくるんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ親は子どものことを

 

 

 

 

 

見守っているのでしょうね…

 

 

 

 

 

なんで泣くのだろうと考えているのでしょうね…

 

 

 

 

 

 

一所懸命感じようと努めているのでしょうね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけの努力を継続して行うからこそ

 

 

 

 

 

親には子どもを育てる責任感が

 

 

 

 

 

 

自然と身につくのだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥さんや私の両親のように…

 

 

 

 

今回出会った助産師さんのように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が安心して頼れる人に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もなりたいと思います!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日しか経ってないけど…

 

 

 

 

 

もう会いたいよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隆太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが…

 

この度

忙しい最中にも関わらず

温かいお心遣いをしてくださった職場の皆様

 

 

面会に来てくれた仲間たち

 

 

家族に心から感謝しています

 

 

必ずこの恩はお返しします!

 

 

 

 

おたけの郷に福が来ますように!

まねき隆太郎

 

 

 

 

 

そして奥さん

 

ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 


 

 

余談ですが…

 

 

 

私の知り合いには

赤ちゃんだけじゃなく 

金魚と会話ができる人がいたっけ(笑)

 

一所懸命になればなんでもできる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 



物作りの日本…
迎春…
覚悟のリスタート…
心を動かそう…
チームの連動…
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
佐藤  和寿(フロア責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(施設長)
総合掲示板
羽深  満(フロア責任者)
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2012年 10月  >
 
12
3
4
5
6
7
89
10
11
12
13
14
1516171819
20
21
222324
25
2627
28
293031
 
 
 
2022年08月 [5]
2022年07月 [3]
2022年06月 [6]
2022年05月 [18]
2022年04月 [10]

PAGE TOP