スタッフブログ

第2回フォローアップを終えて…

2012.11.12. / Posted by staff

11月の9日に行われました

第2回フォローアップに参加された皆さん

お疲れ様でした!

 

また、フォローアップに来たくても来られなかった皆さん

ぜひ、次回にはご参加ください!

お待ちしております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回で2度目となったフォローアップですが

フロア責任者の毛呂の記載したブログにもありましたが

(こちら→http://otakenosato.jp/blog/staff.php?itemid=73) 

 

第1部では

施設内の見学や不安等へのグループワークを行い

 

第2部では

懇親会を行いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ時間をともに過ごす中で

私なりに感じたことを書いてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採用決定者の皆さんの中には

介護未経験の方もいますし

特別養護老人ホームで働いたことのない方もいます

 

いろんな意見や考え方があっていいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

私が1つ感じたことは

安易に答えを出してしまうこと(やり方)は

あまり良くないことではないかということです 

 

そんな場面を

いくつか目にしたように思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも一度は聞いたことのある言葉ではあると思いますが…

 

私は

考えること

結果はどうであれ

その考えるプロセスが大切だと考えているのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう私も

プライベートでは適当な人間ですし

介護を学ぶまでは

考えることすらしていなかったように思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ考えるようになったのかというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護というのは

要介護者の生活を支援することですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設で

入居者(利用者)の生活全般を

把握し

個々の入居者(利用者)に合わせた

支援ができるのは

介護者だと思うんです

(介護者でなくてはならないと思うんです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

その介護の専門職である私たちですから

 

 

 

 

 

入居者(利用者)への…

 

  発する言葉…

 

  声の大きさ…

 

  声の音程…

 

  話すスピード…

 

  表情… 

 

  向き合い方…

 

  介助のやり方…

 

 

         等々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私たちが入居者(利用者)に提供する

“全ての支援”に理由(意味)があるはずだと私は考えています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人のその時の

状態や状況に合わせ

 

その一つひとつを変えていけるからこその

専門職だと思いますし

変えていかなくてはならないのだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためには…

 

その人を知ることも大切ですし

“何かいつもと違うな…”に

気付けなくてはなりません

 

その様子に合わせて

適切な支援を

即座に考え

提供しなくてはならないと考えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安易な介護者の言動や行動は…

 

入居者(利用者)に対して

介護者が直接的に

傷つけてしまう危険がありますし

苦痛を与えてしまう危険が潜んでいるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち介護者は

入居者(利用者)の

生活・人生・命…を

預かっているのですから…

 

そのくらいのことを考えることは

当たり前のことですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採用が決まったばかりで

実際に入居者(利用者)がいるわけでも

実際に仕事をしているわけでもありませんが

 

今から意識をしていかなければ

簡単に思考できるようにはならないと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから

私たちが企画し

皆さんに来てもらっている

フォローアップですが

 

私たち準備室メンバーは

準備室メンバーなりに

こんなことを今回のフォローアップで

感じてもらいたい

考えてもらいたいと

考えて作っていますし

 

おたけの郷の採用決定者である皆さんには

フォローアップは

何かを与えてもらえるものとは思わず

 

自らが思考し

自らが成長できるよう

自らが努めていただきたいと

私は考えています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おたけの郷の目指す実践は

私たち準備室メンバーが一生懸命考えればできるものではなく

 

実際に実践をする皆さんが考え

実際に実践してもらえなければ

梅本副施設長がいう

“口だけ”になってしまうのです

 (そのための手助けはいくらでもしますから…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おたけの郷で勤めるという

責任…覚悟…

 

そして

おたけの郷の職員として

施設の考え方や方向性…

 

そんなものも

少しずつ意識していただけたら

うれしく思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章だらけのブログになってしまいましたが

たまには自分の思いも伝えていけたら良いなと考えています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

 

皆さんがフォローアップで来てくれる日

準備室メンバーはとても楽しみにしています

 

仲間が増えることに

心から喜びを感じています

 

 

 

本当に嬉しいんですよ…

 

 

 

 

一緒に頑張っていきましょうね!

 

 

 

 

 

 



物作りの日本…
迎春…
覚悟のリスタート…
心を動かそう…
チームの連動…
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
佐藤  和寿(フロア責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(施設長)
総合掲示板
羽深  満(フロア責任者)
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2012年 11月  >
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1112
13
14
15
16
17
181920
21
22
2324
25
26
27
28
29
30
 
2022年08月 [5]
2022年07月 [3]
2022年06月 [6]
2022年05月 [18]
2022年04月 [10]

PAGE TOP