スタッフブログ

回顧 ~ 4階 ~

2019.12.29. / Posted by otake

平成から令和へと元号が変わり

 

 

 

元年から2年へと年が変わろうとしています。

 

 

 

僕自身、「元号」や「年・年度の変わり目」をきっかけとし何かをするといった事があまり好きではありません。変わり目を迎えなければできない事ならば仕方ありませんが、別に変わり目をきっかけとしなくても良い事の方が多いからです。

 

 

 

「今からやればいいじゃん」的な事が。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

【入居者の皆様】

 

 

 

2019年度も、たくさんと出会いと別れがありました。

 

 

 

「いつかお別れする時がくるだろうから、今できる事を精一杯」と思い日々接してきましたが、頭の中で思っても行動に移せず…といった事も多く、お別れを迎えてから後悔するといった事も多々ありました。

 

 

 

「今やればいいじゃん」なんて偉そうな事を書きながらも、後悔をしては「次こそは」と思い、また後悔をする、といった悪循環に陥りがちな時期もありました。

が…少しずつ「即行動」の意識が高まってきたように感じています(自画自賛となってしまいましたが、きっとまだまだではあるのでしょうね)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

【職員のみんな】

 

 

 

職業人・専門職である以上、ゴールはありません。

 

 

 

対象である入居者のために、「立ち止まり・振り返り・歩みだす」の繰り返しが求められます。

 

 

 

今、職員一人ひとりの顔を思い浮かべながら書いているのですが、一年前と今とで比べると「同じ」職員は誰一人いません。みんな、何かしらの成長を遂げています。

 

 

 

みんなが自身の成長に気づくことができるよう、僕が関われていないといった事に申し訳なさと不甲斐なさを感じますが、みんながいてくれる事により僕が責任者で在り続ける事ができる、といった気持ちは強く感じています。

 

 

 

ただただ感謝。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【終わりに

 

 

 

2019年。個人的に最も衝撃を受けた事。

 

 

 

「君の膵臓を食べたい」との出会いです。

 

 

 

小説もあり、映画(実写・漫画)もあり。

 

 

 

浜辺美波が可愛いんだよなぁ…あ、いやいや(汗)

 

 

 

生きていくうえで、仕事をしていくうえでとても大切な事を学ばせてもらいました。

 

 

 

特に小説がおススメです(浜辺美波の可愛さを体感したい方は実写 笑)

 

 

 

お時間があればぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【終わりに

 

 

 

2019年、関係各所の皆様には大変お世話になりました。

 

 

 

2020年も変わらず、入居者・ご家族の皆様に「幸」「笑」「嬉」といったプラスのキーワードをお届けできるよう努めてまいります。

 

 

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロア責任者 毛呂征也



自宅と施設
正月あれこれ
回顧ブログ
回顧 ~ 5階 ~
回顧 ~ 4階 ~
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2019年 12月  >
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25262728
293031
 
 
 
 
2020年01月 [2]
2019年12月 [10]
2019年11月 [3]
2019年10月 [4]
2019年09月 [6]

PAGE TOP