スタッフブログ

言葉…

2012.11.29. / Posted by staff

 

寒い日が続きますが

 

皆さん体調を崩さずにお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログにも

 

言葉について書かせてもらいましたが…

 (前回のブログはこちら → http://otakenosato.jp/blog/staff.php?blogid=3&archive=2012-11-23

 

 

もう少し

 

“言葉”について考えてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像をしてみてください

 

 

たとえば

 

眼の見えない人だったら…と……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聴覚や触覚、嗅覚…等々をフル活用しながら

 

その時々の状況や

 

相手の存在を感じるのだろうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも

 

『音』や『声』といった耳から入る情報には

 

特に敏感なのではないだろうかと

 

私は勝手に考えています

 

(もちろん、声が上から聞こえてくるなんてもってのほかですけど…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも…

 

 

眼が見えない人にとっては

 

それがその人の印象としてインプットされるであろうと

 

私は考えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき…

 

 

 

もしも…

 

 

耳から入ってくる声が

 

冷たい印象を与える声だったとしたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも…

 

 

耳から入ってくる言葉が

 

自分を責めるような言葉だったとしたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも…

 

 

耳から入ってくる音が

 

とても聞き取りづらい音程だったとしたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも…

 

 

耳から入ってくる口調が

 

とても早口でせっかちな口調だったとしたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と…

 

 

勝手に妄想をしてみると

 

私たちでも不快を感じるでしょうし

 

 

 

その人とは

 

話もしたくないと思うことでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの仕事は

 

入居者(利用者)とのコミュニケーションが

 

とても大切な仕事だと私は考えています

 

 (もちろん話せる話せないは関係ありません…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから

 

自分が発する

 

たった一言であったとしても…

 

 

 

専門職として

 

責任ある言葉を…

 

意味ある言葉を…

 

 

 

 

常に意識して遣うことが

 

大切なことだと私は考えているのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしなければ

 

第一印象から話したくない人に

 

頼みごとなんてするはずがありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人には

 

きっと…

 

当たりさわりのない言葉しか言わず…

 

 

 

関係性も

 

とても薄っぺらいものとなるのでしょう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに

 

丁寧な言葉を遣っていたとしても…

 

 

 

きつい口調の人っていますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに

 

親しみを込めて伝えようとしても…

 

 

 

不快を感じる言葉遣いの人っていますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなつもりじゃないのに…と

 

後悔したことは

 

きっと誰しもがあると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私なんか…

 

 

大切な人から

 

「あなたは言葉のボキャブラリーが貧困…」と

 

言われたことがあるくらいです……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか

 

言葉は意識しないと治りません

 

 

 

 

 

 

 

でも…

 

私自身

 

頑張って治す努力

 

頑張って伝えられる努力をしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって…

 

 

 

せっかく気持ちを伝えられる

 

一つの手段である言葉を

 

私たち人間は持っているんですから…

 

 

 

 

 

ましてや…

 

 

 

言葉を大切にする国

 

日本で生活をしているのですから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の思いを乗せて

 

感情を込めた

 

自分らしさを表現できる

 

 

 

 

“ことば”

 

 

 

 

そんな言葉を

 

丁寧に遣える人となりましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の自分を変えるのは

 

自分次第です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹木 良

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも…

 

 

 

眼の見える人で

 

冷たい言葉の主が

 

態度まで悪かったら…

 

 

 

 

 

想像を絶する恐ろしさがありますね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

P.S.

突然ですが問題です…

 

 

当施設には

 

あきらかに鼻声なのに

 

断固として

 

「風邪をひいていない」という人がいます

 

さて…

 

誰でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調管理…

しっかりやっていきましょう!!

 

答え…

酒井◯◯長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



物作りの日本…
迎春…
覚悟のリスタート…
心を動かそう…
チームの連動…
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
佐藤  和寿(フロア責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(施設長)
総合掲示板
羽深  満(フロア責任者)
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2012年 11月  >
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1112
13
14
15
16
17
181920
21
22
2324
25
26
27
28
29
30
 
2022年08月 [5]
2022年07月 [3]
2022年06月 [6]
2022年05月 [18]
2022年04月 [10]

PAGE TOP