スタッフブログ

写真に想いを託す

2020.09.22. / Posted by staff

ご無沙汰しております。 

 

 

 

3階 施設ケアマネジャー 兼 生活相談員の稲山です。

 

 

 

実にブログを書くのは2年半ぶりです。

 

 

 

今回はおたけの郷のケアマネジャーとしての醍醐味の一つをお話したいと思います。

 

 

 

ケアマネジャーの仕事は入居者の方の支援に限ったものではありません。

 

 

 

ケアマネジャーの大事な役割の一つとしてご家族支援があります。

 

 

 

そこで今回は私が担当させていただいているAさんとAさんのご主人の

 

 

 

お話を綴りたいと思います。

 

 

 

Aさんはアルツハイマー型認知症の状態にある方。

 

 

 

面会制限になるまで、ご主人は頻繁に面会に来られていました。

 

 

 

面会が制限されてから数日後、ご主人から電話があり

 

 

 

「会う事が出来ないので、妻は私の事を忘れてしまうんじゃないかと

 

 

 

思うと心配で心配で」との事。

 

 

 

「お父さんの事は忘れませんよ。大丈夫ですよ」とお伝えしましたが、

 

 

 

振り返ってみると、ご家族の心情としては至極当然の気持ちだったと思います。

 

 

 

何とか安心してもらう手段はないかと考え、

 

 

 

ご主人と相談し写真を送ってもらう事になりました。

 

 

 

届いた写真はお仕事をしていた頃や旅行先で撮ったもの、お孫さんと

 

 

 

一緒のもの、全てに当時の様子がメッセージとして書かれていました。

 

 

 

さっそくラミネート加工を施しAさんに届けました。

 

 

 

Aさんはうっすらと涙を浮かべ写真を見ていました。

 

 

 

Aさんはちゃんとお父さんの事を憶えていました。

 

 

 

お父さんと一緒に積み重ねた日々は決して忘れません。

 

 

 

その事を伝えるとお父さんはとても喜ばれていました。

 

 

 

こういった出来事もケアマネジャーの醍醐味と思います。

 

 

 

Aさんはお父さんと歩んだ日々を懐かしみ、早く会える事を願い

 

 

 

今日も写真を見ています。

 

 

 


止まない雨はない。

 

 

 

 

コロナ騒動が終息し、入居者様、ご家族様が気軽に面会できる日が

 

 

 

一日も早く来ます様に。

 

 

 

※現在、おたけの郷ではWeb面会を実施しております。ご不明点は

 

 

生活相談員までお願いします。

 

 

       施設ケアマネジャー 兼 生活相談員 稲山 孝一

 

 

 

 

 

 



Category : 総合掲示板
介助者自身も体を痛めないために & 雑誌に載りました
リモート面会にて(笑)
介護という仕事に足を踏みいれる きっかけ
〈かわちゃん、って呼んで〉
写真に想いを託す
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
名原   隆(施設長)
大内  理恵(看護責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(フロア責任者)
田畑  幸司(フロア責任者)
総合掲示板
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2020年 09月  >
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
2020年10月 [3]
2020年09月 [3]
2020年08月 [3]
2020年07月 [2]
2020年06月 [4]

PAGE TOP