スタッフブログ

これは何でしょう??

2012.12.12. / Posted by staff

 

今日、おたけの郷に一台の大きなトラックが来ました。

 

 

 

 

 

 

何を運んできたと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梱包を解いています。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコン?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!

 

 

おたけの郷の各ユニットに1台ずつ配置される

 

株式会社メトスさんの『個粋(こいき)』という浴槽なんです!

 

 

 

 

 

 

 

この『個粋』という浴槽のすごいところは

 

家庭にあるような一般浴槽としての利用はもちろんのこと

 

椅子昇降機を備えた機械浴槽(梱包を解いている写真が、その昇降機に当たる部分です!)でもあるのです!!

 

(おたけの郷には、各フロアに1台ずつ、寝たまま入浴のできる浴槽《特別浴室》もありますよ!)

 

 

 

 

 

 

この『個粋』は

 

出来る限り、入居者(利用者)の方の入りたい日に…

 

そして、入りたい時間に…

 

さらに、身体機能が低下し、どのような状態になっても安心して入浴できるように…という

 

入居者(利用者)の方の希望を叶えたい思いがあるからこそ

 

おたけの郷では、各ユニットに1台設置することとなったのです!!

 

 

 

 

 

 

おたけの郷では

 

決められた曜日に…

 

一週間に決められた回数だけ…

 

決められた時間に…

 

決められた時間内だけ…等々の 

 

 

 

『決められた入浴』という考え方は“おかしいよね?”という

 

 

 

おたけの郷の根本があるからなのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、法律で最低週2回は入浴することにはなっていますし

 

ある程度決まった時間の方が良いという人もいますし

 

医療処置等の関係で

 

ナースのいる時間帯(8時から20時)に入浴していただかなくてはならない方もいると思います。。

 

 

 

 

 

 

しかし、生活をしているわけですから

 

その日の気分や、その日の生活の流れ、その日の生活行為等によっても

 

“入りたい”と思うこともあるでしょうし、逆に“入りたくない”があって『当たり前』なのだと思うんです!

 

 

 

 

 

 

私たちおたけの郷が目指すべき入浴の支援には

 

もちろん、一番はそこで働く職員の力(ここでは、入浴の自在性への考え方)は必要不可欠なものですが

 

やはり、『個粋』のような浴槽(福祉機器や福祉用具)の力も必要不可欠なものだと思います。

 

 

…、

 

 

でも、その浴槽等の福祉機器や福祉用具のそれぞれの機能を

 

職員がしっかりと使いこなせなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいますから

 

職員さんには、その辺もバッチリ身につけてもらわないといけないですね!!

 

 

福祉機器や福祉用具を活かすも殺すも…、やはり、職員次第なんですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな『個粋』がこんな風に勢揃いするのも今日限りの風景…

 

 

 

 

 

 

 

 

この『個粋』に

 

どんな表情で入居者(利用者)の方が入浴されるのでしょう。。

 

 

 

 

 

 

 

将来を想像しながら

 

ニヤニヤとする笹木でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



物作りの日本…
迎春…
覚悟のリスタート…
心を動かそう…
チームの連動…
全表示
その他の記事
コノ人ガ居テコソ
佐藤  和寿(フロア責任者)
斎藤  篤志(フロア責任者)
橋本  郁弥(フロア責任者)
毛呂  征也(施設長)
総合掲示板
羽深  満(フロア責任者)
近藤  直樹(フロア責任者)
開設準備室
<  2012年 12月  >
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
678
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
2122
23
24
2526272829
30
31
 
 
 
 
 
2022年08月 [5]
2022年07月 [3]
2022年06月 [6]
2022年05月 [18]
2022年04月 [10]

PAGE TOP