梅本ブログ

積み上げ

2012.07.04. / Posted by otake

こうだったのが・・・・・

【撮影/2011(平成23)年10月12日】

 

 

こうなり・・・・・

【撮影/2012(平成24)年3月13日】  1階躯体

 

 

 

そして、こうなり・・・・・

【撮影/2012(平成24)年3月27日】  2階躯体

 

 

さくら 咲く

【撮影/2012(平成24)年4月10日】

 

季節には、こうなり・・・・・

【撮影/2012(平成24)年4月10日】  3階躯体

 

 

さくらが散った頃には、こうなり・・・・・

【撮影/2012(平成24)年4月24日】  4階躯体

 

 

梅雨が始った頃には、こうなって・・・・・

【撮影/2012(平成24)年6月18日】  5階躯体

 

 

梅雨の晴れ間にはこうだったのが・・・・・

【撮影/2012(平成24)年6月26日】  地上躯体、間もなく完了

 

 

【撮影/2012(平成24)年7月2日】  こうなりました。

 

数え切れないほどの職人さんたち

竹中・株木建設共同企業体のみなさん

類設計室のみなさん

 

他にもたくさんの人(専門職=プロ)たちが、『おたけの郷(建物)を造り上げる』という共通項の目標(めざす姿)に向かって、ここまで積み上げてきてくれた。

 

 

 

僕たちの仕事も同じだ(で、なければいけない)。

 

 

支援の専門職(プロ)として、

 

入居者(利用者)の方たちに「どんな姿で生きてほしいか」という「めざす姿」をしっかりと描き、

 

その「めざす姿」を、その人(入居者・利用者の方たち)につながっている全ての専門職(プロ)の共通項として、

 

共通項としたら、各々が自分が担うパフォーマンス(仕事)を全力で行う。

 

 

 

そんな自分が担う、全力で行うパフォーマンス(仕事)で大切なのは、パフォーマンス(仕事)を地道に積み上げていくこと。

イベントではないから、そこに派手さや華やかさはない。本当に地道で地味だ。

でも、その日々の地道な積み上げがあるからこそ、入居者(利用者)の方たちに「めざす姿」を取り戻し、維持することができるのだ。

 

 

 

1年前に歩けていた○○さんが、1年後も歩いている。

 

その姿は、

「よくやったなぁ」  「頑張ったなぁ」

そう言っていい、支援の専門職(プロ)たちが、プロのパフォーマンス(仕事)を積み上げた「めざす姿成果)」であり、

僕たち支援専門職(プロ)のプロたる所以。・・・・・・・・・・じゃなきゃいけない。

 

 

そこをどこかに置き忘れ

「楽しく」

「笑って」

「癒して」

「穏やかに」

などなど

 

ばかりを追いかけ(そこにしか目が向いていない)、イベント・余暇活動・療法etcにばかり(それだけ)一生懸命では、支援の専門職(プロ)としての、プロたる所以を放棄してしまっている。・・・・・・・・・・ことにもなると。

 

 

たくさんの人(専門職=プロ)たちの積み上げによって、日々完成に近づいていくおたけの郷(建物)を見ていると、そう思うのだ。

 

 

梅本 聡



Category : 日誌
続 入居申込み・入居できる人はどんな人なんだ
入居申込み・入居できる人はどんな人なんだ
寝たきりの人はどうするんだ
自立度が高いからできるんだ
積み上げ
全表示
施設について
日誌
2012年 07月  >
1
2
34
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
2012年11月 [2]
2012年10月 [1]
2012年08月 [1]
2012年07月 [2]

PAGE TOP